magazine

グッズ

2020.02.25

犬小屋ってどう選ぶべき?ドッグトレーナーが選ぶ、屋外用の犬小屋4選

最近では犬を室内で飼育するのが主流になってきましたが、どうしても屋外でしか犬を飼育できない人もたくさんいます。しかし犬の屋外生活は必ずしもかわいそうではなく、きちんと環境を整えてあげれば、犬も快適に過ごすことができます。そして愛犬が快適な屋外生活をする上で最も大切なのは「犬小屋」の環境といっても過言ではありません。ここでは愛犬が快適に暮らすための犬小屋選びのポイントに加え、おすすめの犬小屋を4つ紹介していきます。

#Goods

Author :ルエス 杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー

この記事をシェアする

犬小屋をさらに快適にするためのポイント

犬小屋

犬小屋を買う前に、今ある犬小屋をさらに快適にする方法がないかをぜひ考えてみてください。小さな工夫で、今ある犬小屋を最大限に活用し、さらに心地よくすることができます。ここでは、犬小屋をさらに快適にするためのポイントを紹介していきます。

柔らかい素材を準備する

硬い素材を好む犬もいますが、ほとんどの犬は柔らかい素材を犬小屋に入れると喜びます。特に冬の間はブランケットや座布団を入れることで、寝心地をよくすることができるだけではなく、犬がさらに暖かく犬小屋で過ごせるようにすることができます。

十分なスペースを確保する

犬は狭いスペースに入ると安心する習性がありますが、狭すぎると逆に心地が悪いです。犬が快適に寝られるためのスペースがあるかを考え、ない場合は十分なスペースを確保してあげることが大切です。

犬小屋は清潔に保つ

屋外で生活をしていると、犬小屋はどうしても汚れてしまうことがあります。定期的に犬小屋を掃除し、犬が快適な環境で過ごせるようにしてあげることが大切です。

犬小屋選びのポイントは?

犬小屋

犬小屋にはたくさんの種類があり、どのように選んだらいいのか困ってしまいますよね。ここでは犬小屋を選ぶためのポイントを紹介していきます。自分の犬に合った犬小屋がどのようなものなのかを考えながら読んでみてくださね。

住んでいる場所を考慮する

自分の住んでいる場所の気候に合わせて犬小屋を選ぶことが大切です。例えば、暑い時期が長い地域に住んでいるのであれば、犬が涼しく過ごせるような通気性のいい犬小屋を選ぶようにしてください。また、雨の多い地域に住んでいるのであれば、犬が雨をしのぐことができる犬小屋を選ばなければいけません。

犬の体に合ったサイズの犬小屋を

自分の犬のサイズに合わせて犬小屋を選ぶことで、犬がさらに快適な生活をすることができます。広すぎても犬は安心することができませんが、狭すぎてもいけません。足を伸ばせるだけのスペースがあることを確認するようにしてください。また、犬が直立して、犬小屋の屋根に頭が当たらない程度のサイズの犬小屋を選ぶようにしてください。

子犬の犬小屋は使い捨て

子犬のための犬小屋を探している場合は、成犬時に買い換えなければいけないことを頭に入れておくことが大切です。成犬時のサイズに合わせた犬小屋を選ぶ人がいますが、それはおすすめしません。なぜなら、多くの場合は子犬の甘噛みで成犬になるまでに犬小屋がボロボロになってしまうからです。子犬の犬小屋は一時的なものとして考え、成犬時にしっかりとした犬小屋を買うのがおすすめです。

おすすめの犬小屋4選

犬小屋

ここではおすすめの犬小屋を紹介していきます。自分の住んでいる場所や犬に合った犬小屋が見つけられるに間違いありません。

1.天然素材+屋根が防水仕様

「木製サークル犬小屋」天然木材を使用して作られて犬小屋です。屋根は防水仕様になっているので、雨の日も安心できるのが魅力です。さらに、ウッドデッキ部分があり、寝床とは別の場所に水やエサをおくことができ、清潔に保ちやすいのが特徴です。

Amazon商品ページはこちら


2.まるで家!大型犬から超大型犬までゆったりと

「アメリカINNOVATIONPET」非常に革命的なデザインが特徴的な犬小屋です。とても大きサイズであるため、超大型犬もゆったりと快適に過ごせるのが最大の魅力です。また、犬小屋に窓がついているので、通気性もよく、夏の間も犬が快適に過ごせる作りとなっています。

Amazon商品ページはこちら


3.屋根が半分オープン可。年中使いやすい犬小屋

「RIXIE/ナチュラドッグケンネル サドルルーフ」松の木を用いて作られた犬小屋です。RIXIEは世界的に高い人気を誇り、最高水準の犬小屋を作っています。床は地面から少し高い位置に作られており、地面からの湿気や寒さをしのげる作りとなっています。どんな季節にも耐えられる犬小屋を探している人におすすめの商品です。

Amazon商品ページはこちら


4.敷地内に置けるならいいかも!

「アルミ製 パネル式ドッグサークル」サークルのような犬小屋です。非常に広くて丈夫なので、長い間使えるのが最大の魅力です。また、頑丈なロックもあるため、脱走癖がある犬にも向いています。しかし、屋根がついていないので、雨の日や飛越には注意が必要です。屋根付きの敷地内における場所がある方にはいいかもしれませんね。

Amazon商品ページはこちら


良い犬小屋で愛犬との生活をさらに快適に

犬小屋

犬小屋は犬の家であり、生活の質を決めるといっても過言ではありません。犬小屋を選ぶ際には犬が快適に過ごせるかどうかを一番に考え、心地よい犬小屋を選んであげるようにしてください。そして、犬小屋を買った後にもメンテナンスをし、犬が最高の生活を送れるように努力をしてくださいね。

◎ライタープロフィール
ルエス杏鈴 犬訓練士

ルエス 杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー

大好きなジャーマンシェパードとドタバタな日々。いろいろなことに愛犬と挑戦するのが大好きで、ディスクドッグ、アジリティ、警察犬の訓練など様々なトレーニングに携わった経験がある。
愛犬を迎えたことを機に犬の美しさや犬との生活の魅力を伝えるべく、ドッグフォトグラファーとしての活動開始。また、ドッグトレーニングや犬との生活を活かし、2019年4月頃より愛犬家のために記事の執筆を開始。
写真や記事の執筆を通して犬が犬として幸せに過ごせる世界づくりに携わるのが目標。

この記事をシェアする

知りたい情報を検索!