magazine

お手入れ

2020.03.11

ポメラニアンの柴犬カットとは?魅力や特徴と、カットの注意点をおさらい

ポメラニアンが、柴犬の姿に大変身を成し遂げる柴犬カット。今では大人気のスタイルで、柴犬カットのポメラニアンはSNSで注目を集めています。
しかし、柴犬カットはそもそもどのようなスタイルなのでしょうか?ここでは柴犬カットの特徴や魅力に加え、柴犬カットをする際の注意点なども紹介していきます。

#ポメラニアン

Author :ルエス杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー

この記事をシェアする

ポメラニアンの柴犬カットとは?

ポメラニアン 柴犬カット

「柴犬カット」とはポメラニアンの体の毛を短くカットし、柴犬のようなショートコートの姿に仕上げていくスタイルのことです。

柴犬カットは毛を短く整えるためサマーカットとしても人気で、夏の時期に見かけることが多くなります。最近ではSNS上で有名なポメラニアンの俊介くんなどの影響でさらに人気が高まり、ポメラニアンの定番のカットスタイルとなっています。

柴犬カットをしているポメラニアンを「シバラニアン」と呼ぶ人もおり、ポメラニアンを飼っている人なら一度は柴犬カットを見たことがあると言っても過言ではありません。

ポメラニアンの柴犬カットの特徴

ポメラニアン 柴犬カット

柴犬カットの特徴は、全体的に丸く切って仕上げられているということです。

また、柴犬カットは基本的に6mmほどの長さまで切るのが基本なので、ポメラニアンのナチュラルな毛の長さよりも短い毛の仕上がりになるのが特徴です。

柴犬カットはポメラニアンの可愛さを残しつつ、柴犬の凛々しさを表現するので、非常に独特な仕上がりになります。

ポメラニアンと柴犬は、同じ犬種グループ

ポメラニアンと柴犬を見比べて、どこか似ている共通点があるように見えませんか?

実は、ポメラニアンも柴犬も、JKC(ジャパンケネルクラブ)の分類のうち同じ犬種グループ「スピッツ・原始的な犬」に分類されるのです。「スピッツ・原始的な犬」には、日本犬を含むスピッツ(尖ったの意味)が分類されており、その共通点に耳や口元が尖って三角形に見える点が挙げられます。

柴犬カットをしたポメラニアンが、柴犬の子犬のように見えるのは、同じ系統の顔立ちをしているからかもしれないですね。

ポメラニアンの柴犬カットの魅力

ポメラニアン 柴犬カット

ポメラニアンの柴犬カットはたくさんの人を魅了し、今ではポメラニアン飼い主に大人気のカットスタイルになっています。ここではポメラニアンの柴犬カットの魅力について詳しく解説していきます。

柴犬のようなまんまるとした姿

ポメラニアンの柴犬カットの魅力はまんまるとした可愛い姿です。柴犬カットにすると柴犬にそっくりになり、一味違うポメラニアンの可愛さを楽しむことができます。

毛が短いとお手入れも簡単

ポメラニアンは毛が密集しており、とても長いので、ブラッシングやシャンプーなどが大変です。

さらに換毛期にはアンダーコートが大量に抜け、抜け毛の処理も大変になります。しかし、ポメラニアンの毛を6mmの短さまでカットする柴犬カットにすれば、大変なお手入れも簡単になります。

毛が短いと汚れも取り除きやすくなり、もつれも出来にくくなります。

ポメラニアンの柴犬カットの危険性とは?

ポメラニアン 柴犬カット

ポメラニアンの柴犬カットには魅力がたくさんありますが、注意点もいくつかあります。

ポメラニアンはダブルコート持つ犬種です。そのため、毛を短く切ったり剃ったりしてしまうと、体温調整が正常に出来なくなってしまう場合があります。冬の寒さを敏感に感じるようになるだけではなく、夏の暑さからもみが守られなくなってしまう恐れがあります。

さらに、ポメラニアンのようにダブルコートの犬種は毛が伸び続けないため、短くカットしてしまうと元どおりに伸びなくなってしまうことがあります。また、皮膚を守るオーバーコートを短くカットすると皮膚が刺激を受け、炎症や日焼けなどの原因になってしまいます。

柴犬カットはよく考えてから

ポメラニアン 柴犬カット

柴犬カットのポメラニアンはユニークで可愛い姿をしており、どこへ行っても人目を引きます。また、毛が短くなることでお手入れも簡単になり、魅力がたくさんあります。

しかし、柴犬カットのメリットは全て飼い主の都合のものであるということを覚えておいてください。柴犬カットをすることでポメラニアンの毛にダメージを与えてしまう危険性もあります。ポメラニアンを柴犬カットにする場合はよく考えてからにしてくださいね。

◎ライタープロフィール
ルエス杏鈴 犬訓練士

ルエス杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー

大好きなジャーマンシェパードとドタバタな日々。いろいろなことに愛犬と挑戦するのが大好きで、ディスクドッグ、アジリティ、警察犬の訓練など様々なトレーニングに携わった経験がある。
愛犬を迎えたことを機に犬の美しさや犬との生活の魅力を伝えるべく、ドッグフォトグラファーとしての活動開始。また、ドッグトレーニングや犬との生活を活かし、2019年4月頃より愛犬家のために記事の執筆を開始。
写真や記事の執筆を通して犬が犬として幸せに過ごせる世界づくりに携わるのが目標。

  • 公開日:

    2020.02.10

  • 更新日:

    2020.03.11

この記事をシェアする