magazine

お手入れ

2020.02.12

プーリーは抜け毛が多い?上手な被毛のカット・お手入れ方法とは

縄状の毛が重なり合い、ドレッドヘアーのようなインパクトのある被毛が特徴的なプーリー。他の犬種とは大きく異なる個性的な被毛は、カットやシャンプーなど、どのようにお手入れをするのか、気になるところだと思います。そこで今回は、プーリーの被毛のタイプやお手入れ方法についてご紹介していきます。

#プーリー

Author :新井 絵美子/動物ライター

この記事をシェアする

プーリーの被毛の特徴・タイプとは?

プーリー カット

個性的なプーリーの被毛は、どのような特徴を持っているのか、ご紹介していきます。

コートのタイプ

プーリーは、コーテッドコートと呼ばれる縄状(コード状)の被毛です。子犬のときはカールした被毛で、プードルの子犬に似ていますが、2歳頃からコーテッドコートらしくなっていきます。毛は地面につきそうなほど長く、まるで動くモップのようなインパクトのあるルックスです。

被毛の構造

被毛の構造は縄状の長いオーバーコートと、柔らかなアンダーコートが生えたダブルコートです。毛量や毛質には個体差がありますが、いずれにしても毛の密度が高く、寒さに強い構造をしています。

代表的なカラー

代表的なカラーは、ブラックとパール・ホワイトです。ブラックは艶やかなブラックではなく、くすんだような色合いのブラックです。そのほかグレーやクリームなどもあります。

プーリーのお手入れはトリミングサロンが良い?

プーリー カット

プーリーのお手入れをトリミングサロンにお願いした場合のおすすめメニューや、頻度の目安について見ていきましょう。

おすすめのメニュー

プーリーの被毛は1年で約10cm伸びるので、定期的にトリミングをする必要があります。そのため、シャンプーとカットがセットになったメニューがおすすめです。

プーリーといえば、フルコートでモップのようなシルエットがトレードマークですが、実はそれ以外に、カットダウンスタイルやテディベアカットといったカットスタイルも楽しめます。

カットダウンスタイルは、四肢や顔周りはさっぱりと短くカットして、ボディだけ縄状の毛を残すスタイルです。テディカットベアカットは、モコモコとして全体的に丸みを帯びたスタイルで、プードルにそっくりな見た目になります。

頻度の目安

トリミングサロンにシャンプーとトリミングをお願いする頻度は、1~2ヶ月に1回ぐらいを目安にすると良いでしょう。シャンプーのしすぎは皮膚の乾燥を招き、皮膚トラブルを起こしやすくなるので、頻繁にお願いする必要はありません。

料金の目安

独特な性質をした被毛であることから、料金に関しては「要相談」としているトリミングサロンが多いです。また、そもそもプーリーを扱わないトリミングサロンもあるので、事前に確認した方がよいでしょう。

プーリーの被毛は家庭で上手にお手入れできる?

プーリー カット

ここでは、シャンプーやブラッシングなど、プーリーの被毛の家庭でのお手入れ方法についてご紹介します。

シャンプー

自宅でシャンプーをできないわけではありませんが、トリミングサロンにお願いすることをおすすめします。プーリーの場合、全身を洗うのも一苦労ですが、シャンプー液をしっかりと洗い流すために、すすぎを十分すぎるぐらいまでする必要があるので、労力はもちろん、使う水の量も非常にたくさんかかります。また、シャンプー後の乾かしもかなりの時間を要します。

もし自宅でシャンプーをする場合は、1日かけて行うぐらいの覚悟が必要です。

ブラッシング

プーリーの被毛はゴミやホコリがつきやすので、毎日ブラッシングをするようにしましょう。また、束になった被毛は定期的にほどいてあげる必要もあります。

プーリーの抜け毛や毛玉対策とは?

プーリー カット

プーリーを健康に育てるために、プーリーの抜け毛の量や毛玉対策についても、理解しておきましょう。

抜け毛対策はそれほど必要ない

ダブルコートの犬種には、アンダーコートが生え変わる換毛期があり、その時期になると大量の抜け毛が生じます。しかしプーリーの場合は、アンダーコートがオーバーコートに絡まる性質をしているので、ダブルコートの犬種の中では、珍しく抜け毛は少ない方です。そのため、ブラッシングをする程度で、特別に抜け毛対策をする必要はありません。

毛玉対策

動いたときに毛がよく擦れる耳の周りや脇の下、内股、尻尾の周辺は、どうしても毛玉ができやすい傾向にあります。もし毛玉になってしまったら、毛玉ほぐしカッターでほぐしてあげるようにしましょう。毛の絡みがひどい場合は、トリミングサロンにお願いする必要があります。

お手入れができるかを考えてプーリーを迎えてあげて

プーリー カット

プーリーはモップのような個性的な被毛が大きな魅力ですが、コーテッドコートのお手入れは、決して楽ではありません。そのため、プーリーが健康的な生活を送るためにも、定期的なお手入れをしっかりとやっていけそうか?をよく考えてから自宅に迎えてあげるようにしましょうね。

◎ライタープロフィール
新井 絵美子 動物ライター

新井 絵美子/動物ライター

2017年よりフリーランスライターとして、犬や動物関連の記事を中心に執筆活動をおこなう。
過去に、マルチーズと一緒に暮らしていた経験をもとに、犬との生活の魅力や育て方のコツなどを、わかりやすくお伝えします。

この記事をシェアする

知りたい情報を検索!