magazine

お手入れ

2020.03.11

パピヨンにカットは必要?毛のタイプ・カットの必要性・お手入れ方法とは

パピヨンは、優雅な被毛が魅力の小型犬です。耳から流れるように生えているいる飾り毛は、蝶々を連想させる妖艶さです。
美しく長い被毛を持つパピヨンですが、お手入れはどの程度するのがよいのでしょうか?また、パピヨンの毛はカットする必要があるのでしょうか?ここではパピヨンの毛のタイプからお手入れ方法、カットの必要性について解説します。

#パピヨン

Author :ルエス 杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー

この記事をシェアする

パピヨンの被毛の特徴

パピヨン カット

パピヨンは被毛が多く、長いのが特徴です。一本一本の毛は細く、シルキーで直毛がスタンダードとされています。

また、アンダーコートを持たないシングルコートですので、比較的抜け毛が少なく換毛期に目立った抜け毛がありません。胸や耳の飾り毛は長く多いですが、足回りは毛が短いのが特徴です。

換毛期の抜け毛が少ないとは言えど、美しく長い飾り毛を保つために定期的なブラッシングは必須です。

パピヨンの毛色

パピヨンはベースが白色で、茶色や黒のパッチがついている子が最も主流です。

一方で、黒や茶色以外の全ての色が認められているので、非常にカラフルな犬種です。頭部は白色が少なく、犬種標準では頭の大半を白が占めているのは好ましくないとされています。

また、色素が濃いほうが好まれる傾向にあり、唇や鼻は黒い場合が多いです。

パピヨンのカットの必要性

パピヨン カット

パピヨンは被毛が長く多いのが特徴ですが、定期的に被毛をカットする必要はありません。サマーカットなど、体の被毛を短くカットしてしまうと、また生えてくるのに1年以上の時間がかかったり、毛質が変わってしまうことがあります。

そのため、パピヨンのカットを検討している場合は、目的をよく考えるようにしてくださいね。

パピヨンの足回りは短くカット

パピヨンの足回りの毛は基本的にはあまり長く伸びません。しかし、肉球の間などの毛が長く伸びてしまう場合があります。

肉球の間の毛が長くのびてしまうと、滑りやすくなり、怪我の原因にもなってしまいます。また、関節に負担がかかってしまいます。

そのため、足の周りの毛は伸びすぎないよう、こまめにカットするのがおすすめです。

毛が絡まった時はカットがベスト?

パピヨンの毛は絡まりにくいのが特徴ですが、絡まってしまった場合はカットしなければいけないことがあります。ブラシなどで解けそうでない場合は、絡まった部分をカットして皮膚に負担が加わらないようにしてあげてください。

パピヨンの日常のお手入れ方法

パピヨン カット

パピヨンは長毛犬種で須賀、毛のお手入れは非常に楽なのが特徴です。パピヨンの毛は絡まりにくく、サラサラとしています。しかし、ちょっとしたお手入れでパピヨンの被毛の美しさをさらに引き出すことができます。

週に数回のブラッシング

パピヨンはシングルコートで、抜け毛が少ないため、換毛期も毛が大量に抜けるわけではありません。そのため、ダブルコートの犬種ほど頻繁にブラッシングする必要はありません。しかし、週に数回ブラッシングをすることで、さらに抜け毛を減らすことができます。また、毛が絡まってしまうのを防ぐことができます。

シャンプーで被毛を清潔に保つ

定期的なシャンプーで、被毛を清潔に保つのは非常に大切です。パピヨンの毛を清潔に保たないと、量が減ってしまったり、毛質が悪くなってしまいます。シャンプーを定期的にすることで、体臭も減らすことができます。

爪切りや耳掃除

爪切りや耳掃除は、被毛には直接的には関係ありませんが、パピヨンの大切なお手入れの一つです。爪が長く伸びてしまうと、足に無駄な負担がかかってしまいます。また、こまめな耳掃除は耳の病気の予防にもなります。

パピヨンの被毛をさらに美しく

パピヨン カット

パピヨンの毛は頻繁にカットしなくても美しく保つことができます。定期的なブラッシングやシャンプーを心がけ、日頃から毛を清潔に保てば、パピヨンの美しい被毛の魅力を最大限に引き出すことができるに間違いありません。しかし、足回りの毛は短くカットしておくと事故の防止にもなるので、注意してあげてくださいね。

(※参考文献)AKC犬種標準、米国動物愛護協会、roadsendpapillons

◎ライタープロフィール
ルエス杏鈴 犬訓練士

ルエス杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー

大好きなジャーマンシェパードとドタバタな日々。いろいろなことに愛犬と挑戦するのが大好きで、ディスクドッグ、アジリティ、警察犬の訓練など様々なトレーニングに携わった経験がある。
愛犬を迎えたことを機に犬の美しさや犬との生活の魅力を伝えるべく、ドッグフォトグラファーとしての活動開始。また、ドッグトレーニングや犬との生活を活かし、2019年4月頃より愛犬家のために記事の執筆を開始。
写真や記事の執筆を通して犬が犬として幸せに過ごせる世界づくりに携わるのが目標。

  • 公開日:

    2020.02.05

  • 更新日:

    2020.03.11

この記事をシェアする