magazine

健康管理 / 病気

2020.02.24

ジャーマンシェパードの寿命は?適正体重や運動量、かかりやすい病気を紹介

「ジャーマンシェパードの寿命は何年くらいなのだろう?」ジャーマンシェパードに興味がある人なら一度は抱いたことがある疑問なのではないでしょうか。またすでにジャーマンシェパードと暮らしている方の場合は、改めて彼らの平均寿命を知ることで今ある時間の貴重さに改めて気付かせれます。ここでは、ジャーマンシェパードの平均寿命や適正体重、適切な運動量について解説していきます。

#Healthcare / #ジャーマンシェパードドッグ

Author :ルエス 杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー

この記事をシェアする

ジャーマンシェパードの寿命は?

ジャーマンシェパード 寿命

ジャーマンシェパードの平均寿命は7~10年です。ジャーマンシェパードは完全に成犬になるまでに2~4年かかり、成犬までの道のりは非常にゆっくりです。

しかし、平均寿命のほうは大型犬中でも短いのが残念です。平均寿命が短いのは、病気になって早死にしてしまう子がたくさんいるからなのではないかと考えられています。

ジャーマンシェパードの寿命と健康|適正体重は?

ジャーマンシェパード 寿命

ジャーマンシェパードの雌の適正体重は23~30kg、雄は30~40kgです。オスのサイズは雌のサイズを上周り、とても大きくなる傾向があります。

適正体重の見極め方は?

ジャーマンシェパードが適正体重であるかどうかは肋骨を確認することで知ることができます。健康な標準体重であれば、肋骨の上に筋肉が程よくあり、簡単に触ることができます。しかし、筋肉がなく、骨が浮き出ている様子であれば、それは痩せすぎの可能性があります。また、脂肪が肋骨の上にあり、肋骨を簡単に感じることができないのであれば、それは太り過ぎです。

ジャーマンシェパードの体重管理のコツは?

ジャーマンシェパードは太りやすい子がたくさんいますが、少しの工夫をするだけで、適正体重に保つことができますよ。ここでは、ジャーマンシェパードの体重管理のコツを紹介していきます。

食事管理をしっかりしよう

ジャーマンシェパードの食事管理は非常に大切です。年齢に合ったフードを選び、推薦給与量を守って与えるようにしましょう。また、去勢手術や避妊手術をしたジャーマンシェパードは太りやすい傾向があるので、カロリーが低い食事を選ぶようにしてください。

運動量を徐々に増やす

適度に運動量を増やすことで、ジャーマンシェパードの筋肉をつけ、さらに健康的な身体にすることができます。しかし、運動量を急に増やしてしまうと体に負担がかかるので、徐々に増やすように心がけましょう。

ジャーマンシェパードの寿命と健康|がかかりやすい病気はあるの?

ジャーマンシェパード 寿命

ジャーマンシェパードは病気が多い犬種です。そのため、予防に取り組み、病気のサインを見逃さないようにしっかりと観察することが大切です。ここでは、ジャーマンシェパードがかかりやすい病気について詳しく解説していきます。

股関節形成不全

股関節形成不全は股関節の骨が十分に発達しない病気です。多くの場合は遺伝的要因で引き起こされますが、社会的要因で引き起こされることもあります。股関節形成不全の犬は生後4~6ヶ月頃に歩き方に異常が発生します。そのままにしておくと歩くのを嫌がるなどの運動障害が引き起こされます。股関節形成不全の症状を発見したら、すぐに動物病院へ連れていくようにしましょう。

悪性リンパ腫

悪性リンパ腫は血液のがんです。進行するのが非常に速く、診察にかかる頃にはもう手遅れである場合も少なくありません。悪性リンパ腫になるとリンパ節が腫れ、咳や下痢の症状などが発症します。早期発見が非常に肝心なので、犬の体に異変を感じたらすぐに獣医に相談するようにしましょう。

胃捻転・胃拡張

胃捻転は犬の胃がひっくり返り、お腹にガスが溜まってしまう病気です。そのため、お腹が大きく膨らみ、苦しそうにパンティングするなどの症状が見られます。胃捻転は緊急処置をしないと死に至る恐ろしい病気なので、早期発見が非常に重要です。胃捻転は早食いや大食いが引き起こすと考えられていますが、現在でもはっきりとした原因はわかりません。

ジャーマンシェパードの寿命と健康|必要な運動量は?

ジャーマンシェパード 寿命

ジャーマンシェパードは運動量が多い犬種です。身体と精神を健康に保つには日頃の運動が欠かせません。60分の散歩を1日2回は連れていくようにし、確実に運動をさせるようにしましょう。

ジャーマンシェパードにおすすめの運動は?

犬の運動と聞くと散歩を思い浮かべる人が多いかもしれません。しかし、散歩以外にもジャーマンシェパードと楽しめる運動はたくさんあります。スイミングやランニングなど、様々な運動を取り入れ、刺激的な時間を過ごしましょう。また、ドッグスポーツにチャレンジするのもおすすめです。

年齢に合った運動を心がけよう

ジャーマンシェパードと体を動かす際には、それが年齢に合った運動かを考えるようにしましょう。子犬は体が十分に成長していないので、激しい運動は身体に悪影響を及ぼす可能性があります。また、老犬になると体力がなくなってしまう場合があるので、様子を見ながら運動量を調整することが大切です。

ジャーマンシェパードとの時間を大切に

ジャーマンシェパード 寿命

ここでは、ジャーマンシェパードの寿命や健康管理について解説していきました。ジャーマンシェパードの体重管理や病気の対策に取り組み、できる限り長い時間を一緒に過ごせるようにすることは大切です。しかし、全力で飼育に取り組んでもジャーマンシェパードとの時間は限られており、必ずお別れの日がやっています。その日に後悔しないために、ジャーマンシェパードと今ある時間を最大限に楽しむようにしましょう。

◎ライタープロフィール
ルエス杏鈴 犬訓練士

ルエス杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー

大好きなジャーマンシェパードとドタバタな日々。いろいろなことに愛犬と挑戦するのが大好きで、ディスクドッグ、アジリティ、警察犬の訓練など様々なトレーニングに携わった経験がある。
愛犬を迎えたことを機に犬の美しさや犬との生活の魅力を伝えるべく、ドッグフォトグラファーとしての活動開始。また、ドッグトレーニングや犬との生活を活かし、2019年4月頃より愛犬家のために記事の執筆を開始。
写真や記事の執筆を通して犬が犬として幸せに過ごせる世界づくりに携わるのが目標。

この記事をシェアする

知りたい情報を検索!