magazine

しつけ

2020.03.12

イタリアングレーハウンドの性格は?向いているしつけ方法・遊び方まとめ

スタイリッシュな体型が魅力的な小型犬・イタリアングレーハウンド。外見だけでなく、穏やかな性格で日本の住宅環境でも育てやすいとして人気の高い犬種です。そこで今回は、イタリアングレーハウンドの歴史などから性格の傾向を紐解き、向いているしつけの方法や遊び方、飼育環境などをご紹介します。

#イタリアングレーハウンド

Author :関 ゆりな/ドッグライター

この記事をシェアする

イタリアングレーハウンドの性格を紐解く犬種の歴史

イタリアングレーハウンド 性格

優雅で気品のあるスタイリッシュさが人気のイタリアングレーハウンド。その歴史は古く、古代ギリシャやエジプト時代まで遡ります。ハウンドが小型化され、紀元前5世紀頃にはローマの上流階級のペットとして、その後イタリアの王室や貴族、イギリスの上流階級など富裕層を中心に愛されてきました。そんなイタリアングレーハウンドの歴史から、得意なことと苦手なことなどこの犬種の特徴について紹介します。

イタリアングレーハウンドの活躍の歴史

イタリアングレーハウンドは、元々JKCの「トイ・グループ」に分類していましたが、現在では「視覚ハウンド」に属しています。

最も古いサイト・ハウンドの小型版で愛玩犬として犬種改良された最初の犬種と言われています。先祖犬と言われるグレーハウンドは優れた狩猟能力を持つ狩猟犬として活躍していましたが、イタリアングレーハウンドは小型化されたことにより、狩猟犬としての能力よりも美術品ような美しさでステータスの象徴とされていました。

得意なこと

イタリアングレーハウンドは、穏やかで無駄吠えが少ない犬種とされています。 視覚を使って獲物を探し、俊足を使い獲物を捕まえていた狩猟犬の血が入っているためです。狩りの最中に吠えてしまえば獲物が逃げてしまうために、無駄吠えをしないよう固定化されているのです。

そのため、要求吠えや寂しさから吠えるということがほとんどない犬種で、マンションやアパートでの飼育にベストな犬種と言えるでしょう。

苦手なこと

イタリアングレーハウンドは、寒さと暑さが苦手です。名前にはイタリアが入っていますが、エジプトを原産とする犬種であり、シングルコートの短毛のため寒さは特に苦手です。

17世紀にイギリスで上流階級の人気を集めましたが、イギリスの寒い気候には合わないために一般家庭には広まりを見せなかったというイタリアングレーハウンドの寒がりな部分が歴史にも現れています。 日本の厳しい寒さと高温多湿の暑さには弱いので、空調で室温を管理したり、洋服を着せるなどの対策が必要です。

イタリアングレーハウンドの性格から紐解く上手なしつけ方法

イタリアングレーハウンド 性格

イタリアングレーハウンドは、落ち着きがあり賢く順応性が高いため、比較的しつけのしやすい犬種です。そのため、「オスワリ」や「フセ」などのコマンドはすぐに覚えます。攻撃性もないため、他の犬や人とも仲良くすることができるでしょう。

しかし、他の犬種と同様に中途半端なしつけを行ってはいけません。家族で一貫したしつけを行い、叱るタイミングや言葉などを統一させます。繊細な性格のため、叱ってしつけるよりも褒めて伸ばすことを心がけましょう。

イタリアングレーハウンドの性格から紐解く向いている遊び方

イタリアングレーハウンド 性格

ボール遊びは狩猟本能を刺激すると共に、豊富なスタミナを発散させる最適な遊びと言えます。ただ、広さの足りない室内だとスピードが出過ぎて、けがをする心配もあるため芝生の引かれた広い公園やドッグランなど思いっきり走れる環境で行うことをおすすめします。

また、イタリアングレーハウンドは、賢いので頭を使う宝探しなどのゲームも好みます。猛暑の日や寒い日などは、室内で遊んであげましょう。

イタリアングレーハウンドはタイムレースがおすすめ

イタリアングレーハウンドは、足が早くジャンプも得意な犬種のためドッグスポーツも楽しむことができます。

例えば、イタリアングレーハウンドの武器であるスピードを存分に発揮できる50m走をさせてタイムを測る競技「ドッグタイムレース」はおすすめのドッグスポーツです。 ジャンプも得意なので、怪我に気をつければアジリティやディスクドッグも可能でしょう。

イタリアングレーハウンドに適した環境づくり

イタリアングレーハウンド 性格

イタリアングレーハウンドは、とても華奢な足をしており、骨も細いために骨折が起きやすい犬種です。体重が軽く素早く動き回ったり、ジャンプすることが多いため、安全に過ごせる環境を整えてあげる必要があります。

滑って転倒したり、足をドアやケージに挟んでしまうなどの事故が起こらないよう飼い主が注意してあげましょう。ケージは格子状の物を避けたり、床には滑らないようカーペットやクッションフロアを敷いてあげるようにして事故を未然に防げる環境を目指しましょう。

また、先ほども紹介したように寒さ・暑さに弱く、乾燥にも弱いため室温と湿度管理は年中通してしっかりと行いましょう。

性格が穏やかで育てやすい犬種|イタリアングレーハウンド

イタリアングレーハウンド 性格

イタリアングレーハウンドは、コンパクトな体型ながら運動能力が高い犬種です。足が細いため怪我が起こりやすく、日頃から注意が必要ですが走ることが大好きなので、定期的にドッグランや広い公園で思いっきり走らせてあげると愛犬も喜ぶことでしょう。ぜひ、愛犬との運動やコミュニケーションを楽しみながら、穏やかで愛情深いイタリアングレーハウンドと充実した日々を送ってくださいね。

◎ライタープロフィール
関 ゆりな ドッグライター

関 ゆりな/ドッグライター

ビションフリーゼのココメロ(1歳)とのんびり暮らすフリーランスライター。ココメロの健康のため栄養満点の手作り食を作るべく、栄養学について勉強中。
長年犬を飼ってきた経験を元に、愛犬との生活がより充実できるような、愛犬家の皆様のためになる情報発信を目指します。

  • 公開日:

    2020.02.27

  • 更新日:

    2020.03.12

この記事をシェアする