magazine

犬種図鑑

2020.02.27

秋田犬ってこんなにでかい!日本犬きっての大型犬の魅力

日本犬の中でも体が大きく、存在感たっぷりのどでかい秋田犬。堂々とした風格ながらも日本犬ならではの愛らしい素朴さがあり、日本のみならず海外でも注目を集めています。そんな秋田犬の魅力や体の大きさ、必要なお手入れについてご紹介していきます。

#秋田犬

Author :新井 絵美子/動物ライター

この記事をシェアする

秋田犬の大きさ

秋田犬 でかい

秋田犬は唯一日本犬の中で大型犬に属しており、分厚いモフモフの被毛に覆われたどでかい体が特徴的です。体の大きさは、オスの方がやや大きい傾向にあります。


・オス:標準体高64~70cm、標準体重38~45kg
・メス:標準体高58~64cm、標準体重32~38kg

首や腰幅が広く、がっしりとしていながらも均整の取れた体格です。丸みを帯びた三角の立ち耳とつぶらな瞳も特徴で、たくましさと素朴さが感じられます。

体が大きいうえ力も強いので、大型犬の扱いに慣れており、体力に自信のある人に向いていると言えます。

秋田犬の魅力はここ!

秋田犬 でかい

秋田犬は、柴犬や北海道犬などをはじめとした日本犬と同様、国の天然記念物に指定されている犬種です。どのような魅力を持っているのか、さっそく見ていきましょう。

忠誠心が強く優しい性格

体がどでかい秋田犬は、一見怖そうに見えるかもしれませんが、実は忠誠心が厚く、家族を守ろうとする意識が強い優しい性格の持ち主です。信頼した相手には、むやみに吠えることはなく温厚です。また、愛情深く接してくれるので、深い絆を作ることができるでしょう。

ただし、このような面を見せるのは限られた親しい相手のみで、知らない人には適度な距離を置いて接し、警戒心から吠えることもあります。誰に対しても心を許すわけではない、そんな一途なところに惹かれる愛犬家は多くいます。

素直で知性に優れている

もともと秋田犬は、人間に寄り添い猟犬として活躍していたこともあることから、飼い主の指示に素直に従える性質を持っています。また、知性にも優れているので、教えたことはしっかりと覚えられます。

秋田犬に必要なお手入れ

秋田犬 でかい

ここでは、秋田犬に必要なお手入れについて解説していきます。

週2回程度のブラッシング

秋田犬の被毛は、皮膚を保護するための剛毛な上毛と、体温調節の機能を果たす柔らかい下毛が生えているダブルコート(2重構造)です。ダブルコートの犬種は、春と秋の換毛期に下毛が生え変わるので、大量の抜け毛が発生します。そのため換毛期においては、毎日ブラッシングをする必要があります。特に秋田犬は皮膚病になりやすいので、抜け毛を取り除いて被毛の通気性をよくしてあげることが大切です。

換毛期以外の時期でも、こまめにブラッシングをするに越したことはありませんが、最低でも週2回程度は行うようにしましょう。ブラッシングは、抜け毛を取り除く以外に、皮膚のマッサージの役割も果たしてくれるからです。また、体に異変がないか健康チェックもできるので、定期的なブラッシングは必須です。

月1回のシャンプー

月に1回シャンプーをして、被毛の汚れや溜まった皮脂を洗い流してきれいにしてあげる必要もあります。自宅でシャンプーをする場合は、必ず低刺激の犬専用シャンプーを使うようにしましょう。人間用のシャンプーは犬にとって刺激が強すぎ、皮膚のトラブルを起こす恐れがあるからです。

もしシャンプーを嫌がる場合は、トリミングサロンでやってもらうことをおすすめします。嫌がるところを無理にやろうとするとトラウマになり、シャンプーどころかお風呂場に行くことさえ嫌がることも少なくありません。定期的にシャンプーをして、被毛や皮膚を健やかに保ってあげてください。

適切にしつけをすればよきパートナーになってくれる秋田犬

秋田犬 でかい

秋田犬は飼い主にとても忠実で、深い愛情を示してくれる優しい性格です。しかしこのような性格は、子犬のうちからしつけをきちんと行うことで形成されます。猟犬や闘犬として用いられていた秋田犬は、気性が荒いと言われることがありますが、適切にしつけをすることでマイナス面の性質は抑えることができます。飼い主との絆を大切にする性格なので、信頼関係を築ければよきパートナーになってくれるでしょう。

◎ライタープロフィール
新井 絵美子 動物ライター

新井 絵美子/動物ライター

2017年よりフリーランスライターとして、犬や動物関連の記事を中心に執筆活動をおこなう。
過去に、マルチーズと一緒に暮らしていた経験をもとに、犬との生活の魅力や育て方のコツなどを、わかりやすくお伝えします。

  • 公開日:

    2020.02.20

  • 更新日:

    2020.02.27

この記事をシェアする