magazine

犬種図鑑

2020.03.12

アラスカンマラミュートの性格は?上手なしつけ方や育て方とは

オオカミのような見た目のアラスカンマラミュートは、一見シベリアンハスキーと見分けが付かなそうですが、実は、大きさも違うまったく別の犬種なんです。日本では飼育頭数も少ないため、なかなか出会うことができない珍しい犬種でもあるんですよ。今回は、アラスカンマラミュートの性格についてご紹介します。

#アラスカンマラミュート

Author :KANAKO/トリマー

この記事をシェアする

アラスカンマラミュートの性格

アラスカンマラミュート 性格

アラスカンマラミュートは、犬種名にもあるようにアラスカ北西部にある海岸地方で、マラーミュート族と共に生活していました。寒さの厳しい地域で、そり引きや狩猟などで活躍していた歴史があります。

友好的な愛情深い犬種

怖そうな見た目ですが、穏やかで友好的な性格です。人に対して従順で愛情深く懐っこいため、小さい子供がいる家庭にも向いています。集団でそり引きをしていたこともあり、他の犬ともうまく付き合うことができます。

自主性が強く頑固な一面も

アラスカンマラミュートは狩猟犬の歴史もあることから自主性が強く、他の動物に対し攻撃的になりやすいところもあります。また頑固なところもあるので、子犬のときからしっかりと社会性を身に着けてさせてあげることが大切です。

運動不足によるストレスで攻撃的になる可能性も

長時間に渡りそり引きをしていたこともあり、アラスカンマラミュートは運動量も多くタフな犬種です。運動不足によるストレスで、攻撃的になる可能性もありますので、毎日の散歩の中でも、早歩きや小走りなどの運動を取り入れ、楽しく運動できる時間を作ってあげましょう。

アラスカンマラミュートのしつけのコツ

アラスカンマラミュート 性格

基本的に温厚な性格のアラスカンマラミュートですが、しつけをしなくていいわけではありません。しつけをするには、どんなところに気を付けたらいいのか見ていきましょう。

子犬の頃から社会性を身に着ける

アラスカンマラミュートは集団行動にも適応できる犬種ではありますが、見慣れない人や動物に対しては攻撃的になってしまうこともあります。子犬だからと甘やかさず、小さい頃から様々な経験をさせてあげ社会性を身に着けておきましょう。

力も強く、運動量も多い

体力に自信のあるアラスカンマラミュートは、1日2回、最低でも60分ずつの散歩をしてあげましょう。散歩の他にも、ドッグランなどで思いっきり走らせる時間を作るのもおすすめです。また、力も強いのでリードをひっぱられ、飼い主が転倒しケガをしてしまう危険もありますので、しっかりとコントロールできるよう、しけることが必要です。

主従関係をしっかりと築く

アラスカンマラミュートをしつけるためには、主従関係を築くことはとても大切です。飼い主がリーダーシップをとることで、指示に従い、行動を制御することができます。子犬のときから、甘やかさず、しっかりとしつけていきましょう。

アラスカンマラミュートの性格が垣間見れる投稿

アラスカンマラミュート 性格

実際にアラスカンマラミュートを飼っている人の、生活を見ていきましょう。

小型犬との仲良くなれる

穏やかな性格のアラスカンマラミュートは、小型犬とも仲良くすることができます。

安心しきった顔はとってもかわいい

オオカミのような見た目のアラスカンマラミュートも、安心できる場所ではこんな表情を見せてくれるんですね。

寒さには強いけど暑さには弱い

そり引きをしていた歴史のあるアラスカンマラミュートは寒さには強いですが、夏の暑さには弱いため水浴びなどで涼しくさせてあげましょう。

アラスカンマラミュートの性格は心優しい

アラスカンマラミュート 性格

アラスカンマラミュートは見た目は強面ですが、おおらかで人懐っこい性格をしています。大きい体で甘えてこられると、つい甘やかしてしまいますが、しつけはしっかりと行うことが必要です。運動量も多い犬種ですので、休みの日には思いっきり走らせ、思いっきり遊んであげることで、より良い関係を築くことができます。

◎ライタープロフィール
KANAKO トリマー

KANAKO/トリマー

ミニチュアダックスフンド8頭と暮らし、犬にまみれた幸せいっぱいの生活を送っています。
普段は犬の服をハンドメイドで作ったり、トリマーとしての経験を活かしカットを楽しんだりしています。

  • 公開日:

    2020.02.10

  • 更新日:

    2020.03.12

この記事をシェアする