magazine

犬種図鑑

2020.03.11

マルプーってどんな犬?大人気のミックス犬の特徴・性格・上手な育て方

最近ミックス犬を見かけることが多くなりました。両親犬の魅力を受け継いだミックス犬の人気は高まる一方です。
今回はミックス犬の中でも特に人気の高いマルプーについて、その特徴や性格、育て方などについて詳しくご紹介していきます。

#マルプー / #ミックス犬

Author :安田 ハル/ドッグライター

この記事をシェアする

マルプーはこんな犬!特徴や性格について

マルプー

マルプーは、マルチーズとトイプードル(純血種同士)の間に生まれたミックス犬です。
飼いたい小型犬ランキングで常に上位の犬種、マルチーズとトイプードルのDNAを引き継いだマルプーは、その愛らしい外見からも大人気のミックス犬なのです。

マルチーズはこんな犬

マルチーズはイタリア原産の小型犬です。
体重は約2~3キロで、真っ白な被毛が特徴になります。
甘えん坊で温厚な性格のマルチーズは、小さな子供がいるご家庭にもおすすめの犬種です。

トイプードルはこんな犬

トイプードルはフランス原産の小型犬です。
体重は約2~5キロで、クルクルとカールした被毛が特徴になります。
明るくてフレンドリー、頭の良さは犬の中でもトップクラスですので、覚えが早くしつけがしやすいのがトイプードルの特徴です。

どちらに似ても魅力がいっぱいの癒し系マルプー

マルプーは「温厚で優しい」「甘えん坊」「明るくて元気」など両親のよい所をたくさん受け継いで生まれてきます。
また、マルチーズもトイプードルも抜け毛が少ない犬種のため、マルプーも抜け毛が少なくお手入れが楽なのが特徴です。
被毛は、マルチーズに似てストレート、トイプードルに似てクルクル、両方の特徴を合わせたふんわりと緩いウェーブなどになります。

マルプーの上手な育て方

マルプー

マルプーは甘えん坊な性格の子が多いため、ひとりでの留守番が苦手です。長い留守番にならないようにしてあげてくださいね。
また、可愛くて甘え上手なため、ついつい甘やかしてしまうことも。ダメなことはダメ!としっかり教えることも必要です。

マルプーは毎日散歩が必要?

小型犬ですので多くの運動量は必要ありませんが、1日に1~2回15分程度の散歩に連れて行ってあげましょう。
筋肉を維持することは、犬の健康にも大きく関係してきます。シニア期になってもしっかり歩ける筋肉を維持することが大切です。

マルプーの被毛のお手入れは?

マルチーズもトイプードルも抜け毛の少ない犬種ですが、被毛が伸びるともつれやすく、毛玉の原因になります。毎日のブラッシングできれいな被毛を保ちましょう。
また、マルチーズの真っ白な被毛を受け継いだ子は、涙やけにも注意が必要です。放っておくと目の周りの被毛が変色してしまうため、毎日優しく拭いてあげてくださいね。

マルプーの平均寿命とかかりやすい病気

マルプー

マルプーが特にかかりやすい病気というのはありませんが、小型犬に多い関節の炎症やヘルニアには注意が必要です。高い所から飛び降りたり、頻繁に階段を上り下りするような運動は、小型犬の身体に大きな負担をかけます。
それが原因で股関節に炎症を起こしたり、ヘルニアになることもありますので注意が必要です。

マルプーの平均寿命はどれくらい?

マルプーの平均寿命は、他の小型犬と同様に13~15年くらいと言われています。
毎日の適度な運動と、栄養バランスのとれたドッグフードは犬の寿命にも大きく関係するものです。ドッグフードの種類はたくさんありますが、安心して与えることのできる、品質のよいものを選ぶようにしましょう。

マルプーと楽しい毎日を過ごすために

マルプー

今回はミックス犬の「マルプー」についてご紹介しました。その可愛さに飼い主さんもメロメロになること間違いなしです。
甘えん坊のマルプーは飼い主さんと一緒にいることが大好きです。飼い主さんの時間が許す限り、そばにいて、たくさん遊んで甘えさせてあげてくださいね。

◎ライタープロフィール
安田ハル ドッグライター

安田 ハル/ドッグライター

愛犬のトイプードルと暮らす楽しい毎日。
家族に寄り添って生きてくれている、健気で愛おしいこの子のために「何かできることはないだろうか」これがドッグライターを始めたきっかけでした。
幼い頃から、小型犬・中型犬・大型犬と様々な犬種と暮らした経験を活かし、愛犬家の皆さんに役立つ情報や、楽しく共感していただける記事を発信していければと思っています。
さらに知識を深めるために、動物に関する看護学・栄養学などの資格取得を目指して勉強中です。

  • 公開日:

    2020.02.07

  • 更新日:

    2020.03.11

この記事をシェアする