magazine

しつけ

2020.01.01

突然の災害が起きたとき、愛犬を守るために

【専門家監修】犬の必須しつけ3選をドッグトレーナーが解説!災害時に備えよう

私たちが住む日本は、地震などの自然災害が多い国です。災害があると人間は自ら考えて避難することができますが、状況が分からない犬たちは、もしかしたら怯えてその場から動けなくなってしまうかもしれません。今回は、いざというときに教えておくと災害時にも役立つ、愛犬のためのマストしつけ3選をご紹介します。

Author :南 健汰/ドッグライター(監修:みなみ愼子/名古屋ECO動物海洋専門学校非常勤講師)

この記事をシェアする

愛犬のしつけに入る前に|災害時に備えて必要なものを準備しよう

犬 しつけ

自然災害はいつ起きるか分かりません。
明日・明後日、さらに言えば、いまこの記事を読んでいる瞬間に避難をしなければならない自然災害が起きる可能性もあります。ここでは、そんなもしもの災害が起きたときに用意しておきたいものを簡単にご説明します。

ドッグフード・犬用の水

避難所ではどうしても人間の命が優先されてしまいます。食料の配給も、人間優先でドッグフードなどは後回しにされてしまうことが多くあります。そのため、突然の自然災害を想定し、ドッグフードや犬用の水を非常食として常に家に置いておくようにしましょう。

長期的な避難生活であれば、ドッグフードの配給がある場合もありますが、ない場合も想定して1~2週間分のドッグフードと水を用意しておきましょう。また、プラスチック製の犬用食器を用意しておくと便利です。

この記事もチェック!

犬の必須しつけ3選|災害時になってから困っては遅い

犬 しつけ

災害時は、突然のことで犬がパニックになってしまうことが多くあります。犬の心のケアをおこなうことも飼い主さんとしての努めですが、災害時に最低限覚えておいたほうが良いしつけがあります。ここからは、災害時に備えて身につけておくべき3つのしつけをご説明します。

1.呼んですぐ来るようにしておく

人間もそうですが、犬は興奮すると周りが見えなくなってしまいがちです。そこで犬を呼んですぐに自分のもとに来るようにしつけをしておくことで、犬がパニックになって走り出してしまったときにも呼び戻すことができます。

日頃から人や犬の多いドッグランなどで「来い」のしつけをしておくことで、避難所など人が多く騒がしい場所でもしっかりと自分のもとに来るようにしつけることができるでしょう。

2.ケージの中でトイレができるようにしておく

避難所での生活は、犬をケージに入れておくことが多くなります。そのため、日頃からケージに長時間いることに慣れておく必要があります。ケージに慣れていないと、吠え続けたりして周りに迷惑をかけてしまうだけでなく、犬自身大きなストレスを感じてしまいます。

また、ケージの中でトイレができるようになる必要もあります。外でしかトイレをしない犬であれば、避難所での生活は犬にとっても大変になることが考えられます。日頃からケージに慣れ、ケージ内でのトイレを覚えさせておくことで、避難所生活でのストレス対策にもなるでしょう。

3.他人に慣れさせておく

避難所では、様々な人が一緒に生活をします。もしかしたら愛犬を触ろうとしてくる人もいるかもしれません。

もし他人に触られることを嫌がる犬であれば、人を噛んで怪我をさせてしまう恐れがあります。 また触られることに慣れていない犬自身の精神的な負担にもなってしまうこともあります。 そのため、日頃から他人に慣れさせておくことで、人と犬がお互いにストレスなく生活できるように少しずつ慣れさせておくことをオススメします。

この記事もチェック!

愛犬のために日頃からしつけを!災害はいつ起きるか分からない

犬 しつけ

災害時に備えて愛犬に習得させておきたいしつけをご紹介しました。 これらのしつけは日常生活においても大切なものです。しつけは、今日明日で身につくものではなく毎日の積み重ねが大切です。災害時の避難所生活は、人にも犬にも精神的な負担がかかることが想定されます。日頃から少しずつしつけをし、もしもの時のために備えておきましょう。

◎ライタープロフィール
南健汰

南 健汰/ドッグライター

大自然溢れる北海道でドッグトレーナーとして犬を訓練した経験を活かし、2012年より執筆活動を開始。ボーダーコリー2頭、サモエド2頭、猫2頭と暮らしている。犬との生活で大切にしているのは、犬も自分も思い切り楽しむこと。訓練士協会A級ライセンス保持。

◎監修者プロフィール
みなみ 愼子

みなみ 愼子/名古屋ECO動物海洋専門学校非常勤講師 動物福祉・倫理学、ホリスティックケア・インストラクター

非常勤講師のほか、ペットマッサージやアロマテラピーの教室を開講しており、犬の保護施設でもペットマッサージのボランティア活動を実施中。一緒に暮らしている犬はロットワイラー、フレンチブルドッグ、MIX犬の3頭で、犬との伸びやかな暮らしを楽しみたいと思っています。

この記事をシェアする

知りたい情報を検索!