magazine

しつけ

2020.01.04

犬のフセ苦手を克服するには?教えるべき理由としつけ方法

犬を家族に迎え入れたら、まず愛犬に教えるしつけのひとつである「フセ」がなかなかできず、苦戦している飼い主さんも少なくないようです。しかし「フセ」は犬が人間社会で行きていく中で必要なしつけのため、回避することはできません。そこで今回は、フセを犬に教えるべき理由と、フセが苦手な理由、フセを克服する方法について紹介します。

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

フセが苦手でも愛犬にフセを教えるべき理由

犬 フセ苦手 克服

犬に教える基本的な動作のひとつである「フセ」。なぜ教えるべきなのか理由を知っているでしょうか?フセは犬へのメリットも大きく、人間社会でお利口にストレス無く過ごすために重要なしつけになります。

トラブルを予防する

フセをすることで、トラブルや問題行動の予防に繋がります。オスワリの状態から立ち上がる時は、ワンアクションでさっと立てますが、お腹が床についた状態のフセではそうはいきません。立ち上がって動き出すまでに、時間がかかるために、フセは突発的な動きを未然に防いで抑制することができるのです。

落ち着かせる

犬にとってフセはオスワリよりも楽な姿勢です。体を休めることができる姿勢なので、気持ちも落ち着き、リラックスすることができます。また、興奮状態にある犬にフセをさせることで、心を落ち着かせて、コントロールできます。

ドッグカフェや公園など公共の場所で、少し長い時間落ち着いて待ってもらうには、オスワリよりもフセをさせていたほうが、犬への負担も少なく済ませることができます。

愛犬がフセが苦手な理由とは?

犬 フセ苦手 克服

オスワリやオテ・マテなどをスムーズに覚えた犬であってもフセをすることが苦手な犬は意外と多くいます。なぜなのでしょうか?

フセは服従を表す

私たち人間にとって「フセ」という動作は、ただお腹を床や地面につける動作に見えます。

しかし、犬にとっては姿勢を低くしなければならないフセは、服従心を示すボディーランゲージに該当します。まだ、飼い主さんを信頼して良いのか、従うべき相手なのかを見極めている途中であれば、なかなかそのポーズはしてくれません。

しつけでフセをしっかりと覚えさせることは、愛犬との主従関係を築く上でとても重要になるため、時間をかけて信頼できる相手だと理解させるようにしましょう。

病気の可能性も

左右対称に後ろ脚をしっかりと畳むことができず、横に流れて崩れたフセになっている場合、関節痛などの痛みを感じている可能性があります。

愛犬がきちんとフセができなかったり、フセをすることを嫌がる素ぶりが見られた場合には、関節に痛みを抱えている場合がありますので、その点も注意して見るようにしましょう。また、関節に痛みを抱えている場合は、フセだけでなくオスワリもできないことが多く見られます。俗に言う“女の子座り”のような座り方しかできない場合は、病院で診てもらうことも検討しましょう。

フセが苦手な犬のフセ克服方法

犬 フセ苦手 克服

フセを教える場合には、まずオスワリを完璧にマスターしてから教えるようにしましょう。基本的なフセのしつけ方と上手く行かないときのやり方について紹介します。

基本的なフセのしつけ方法

1.リードを持ち、向かい合ってオスワリをさせる。
2.おやつの匂いをかがせて、おやつを持った手を低い位置に動かし、頭が下がるよう誘導する。
3.フセの姿勢になったらおやつをあげて褒める。
4.できるようになったら伏せる瞬間に「フセ」と声をかける。

上記の工程を覚えられるまで繰り返し教えましょう。

なかなかフセをしてくれない場合

なかなかフセができないからといって、犬の前足を持ち、無理やりフセをさせるのはNGです。犬が自分からフセができるよう上手く誘導することが成功のコツです。繰り返しやっても出来ない場合は、やり方を少し変えてみましょう。

片膝を立てて、脚の下からおやつを見せ、脚の下を犬がくぐらせるような形に誘導します。こうすることで体を低くしないと、通ることができないので自然と愛犬がフセの体制を取ることができます。

フセの練習は安心できる空間で行う

フセは、体を低くするため、愛犬にとってはすぐには身動きがとれない動作です。そのため、犬が落ち着いて安心できる空間でトレーニングを行うようにしましょう。

また、トレーニング中に何度も身震いしはじめたら、犬が飽きてしまったサインです。集中力が切れてしまっている状態なので、無理にトレーニングを続けずにしばらく休憩させてあげるようにしましょう。

フセは覚えるのに時間がかかることもある

犬 フセ苦手 克服

苦手なフセを克服するのはなかなか難しく時間がかかるかもしれません。犬は飼い主さんの苛立ちや焦りを敏感に感じ取るので、焦らず急がせずに少しずつ覚えてもらうようにしましょう。

この記事をシェアする

知りたい情報を検索!