magazine

住まい / 生活

2020.01.20

犬と一緒に寝るのは良くないってホント?メリット・場所などの注意点とは

愛犬と一緒に夜にベッドに入って寝ることがありますか?最近の調査データによると、犬と猫の飼い主さんの半分ほどがペットと同じ部屋で、あるいは一緒のベッドで寝ていることが分かっています。犬と一緒に寝るのは基本的には好ましくないことと捉えられがちですが、実はたくさんのメリットがあるとも言われているんです。ここでは、愛犬と一緒に寝るメリットやデメリットに加え、愛犬と一緒に寝るときの注意点について詳しく解説していきます。

Author :ルエス 杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー

この記事をシェアする

犬と一緒に寝るメリットは?

犬 一緒に寝る

犬と一緒に寝るのは現代ではごく普通のこととなっています。しかし、実は犬と一緒に寝る習慣は昔からメリットの多いものだと信じていた人々もいます。オーストラリアのアボリジニーは、暖をとるために犬やディンゴと一緒に寝ていました。また、その犬たちが悪の魂から自分たちを守ってくれると信じていたのです。 ここでは犬と一緒に寝るメリットを紹介していきます。

犬は温かい

犬は温かいです。これは歴史上で犬と人が一緒に寝てきた最大の理由です。夏は少し暑苦しいと感じることがあるかもしれませんが、冬にこれは大きなメリットとなります。

安心感が得られる

犬は人間よりも睡眠が浅く、常に警戒している状態で、異変があればすぐに教えてくれます。そのため、人間は安心して寝ることができます。 また、安全面だけではなく、犬の存在自体が安心させてくれます。極度な心配症の人などは犬がいるだけで心の安らぎが得られることが研究でも発見されています。

幸せな気持ちになる

犬と寝ていると人も犬も幸せな気持ちになります。現代はストレスに悩む人が多く、日常の中の小さな幸せを大切にしなければいけません。犬の可愛い顔と冷たい鼻に目をさますのは最高の気分です。一日のスタートをポジティブで愛に溢れたものにしてくれます。

犬と一緒に寝るデメリットは?

犬 一緒に寝る

犬と一緒に寝るには残念ながら、いくつかのデメリットもあります。ここでは犬と一緒に寝る前に考慮すべきデメリットを紹介していきます。

睡眠の質に支障が出ているかも

人は1日に1度、長い睡眠をとります。しかし、犬は1日の睡眠時間を3つほどに分けて、睡眠をとります。そのため、犬は人が寝ている間に何度か目を覚まし、動き回ることがあります。これは人の睡眠の質に支障をもたらすことがあるということが研究で発見されており、注意が必要です。犬と一緒に寝る場合は、自分がしっかりと休息を取れているかを同時に見極めることが大切です。

犬アレルギー

犬と一緒に生活をしていてアレルギー反応が出ない人でも、犬と一緒に寝ることでアレルギー反応が出る場合があります。アレルギー反応が出た場合は医者に相談し、犬と寝るのをやめたほうがいいかどうかを判断するようにしてください。

病気が感染する危険性

犬と一緒に寝ることで病気が感染する危険性があります。犬から人にだけではなく、人から犬にも病気が感染することがあります。犬と人の間で病気が感染する可能性は極めて低いにもかかわらず、リスクを承知することが大切です。

ノミ・ダニ

犬のノミやダニ対策がしっかりとできていないと、人もノミ・ダニの被害にあう危険性があります。ノミ・ダニは命を危険に晒す病気の原因になりますので、そのための対策は犬と一緒に寝ていても、寝ていなくてもしっかりとするようにしてください。

犬と一緒に寝る時に注意すべき点

犬 一緒に寝る

犬と一緒に寝るにはたくさんのメリットやデメリットがあります。しかし、いくつかの点に注意しておけば、犬と寝るリスクをさらに低められます。

犬の体を清潔に保とう

犬のブラッシングやシャンプーをし、清潔に保つことは非常に大切です。犬の抜け毛を減らし、ベッドや部屋を清潔に保つのに役にたつだけでではなく、アレルギー反応の症状を緩和することにも繋がります。

人と犬の体調の変化に注意

人と犬の体調に注意し、異常があれば少しの間だけでも寝る場所を分けるのが大切です。こうすることで人と犬の健康を守り、病気の感染や睡眠不足を防止することができます。

寝かせる位置に配慮しよう

犬と一緒に寝る上では、睡眠中に思わぬ事故が起こることもあります。寝る際は人間の生活エリアに犬が足を踏み入れることになるため、テーブルの上やごみ箱をいたずらして誤飲をしてしまう危険性が高まります。また、小型犬の場合は、眠っている間に誤って押しつぶしてしまったり、ベッドから落ちてしまうなどによって怪我のリスクもあります。

例えば、高さのあるベッドではなく布団にしたり、同じ空間で寝る場合でも枕元に愛犬用のベッドを置くなどして安全面に配慮するようにしましょう。

愛犬とのハッピーライフを楽しもう

犬 一緒に寝る

犬と一緒に寝るのはもちろんメリット・デメリットはあります。しかし、いくつかの注意点を覚えておくと、リスクを大幅に減らすことができます。十分に注意した上で、愛犬との幸せな時間を過ごしてください。

◎ライタープロフィール
ルエス杏鈴 犬訓練士

ルエス杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー

大好きなジャーマンシェパードとドタバタな日々。いろいろなことに愛犬と挑戦するのが大好きで、ディスクドッグ、アジリティ、警察犬の訓練など様々なトレーニングに携わった経験がある。
愛犬を迎えたことを機に犬の美しさや犬との生活の魅力を伝えるべく、ドッグフォトグラファーとしての活動開始。また、ドッグトレーニングや犬との生活を活かし、2019年4月頃より愛犬家のために記事の執筆を開始。
写真や記事の執筆を通して犬が犬として幸せに過ごせる世界づくりに携わるのが目標。

  • 更新日:

    2020.01.20

この記事をシェアする