magazine

犬を迎える

2020.03.11

ラブラドゥードルの子犬のことが知りたい!性格・体格・シャンプーや散歩を始める時期

プードルとラブラドールレトリバーのハイブリッド犬種であるラブラドゥードルは、世界中でたくさんの人の心を掴みました。現在でもラブラドゥードルの人気は増す一方です。そのため、日本でもラブラドゥードルを見かけることは増え、身近な存在になってきましました。
ラブラドゥードルのユニークな姿や優しい性格に魅了され、自分もラブラドゥードルの子犬を迎えたいと考えている人もいるのではないでしょうか?ここではラブラドゥードルを迎える前に知っておきたい3つのことを紹介していきます。

#ミックス犬 / #ラブラドゥードル

Author :ルエス 杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー

この記事をシェアする

ラブラドゥードルの魅力とは?

ラブラドゥードル 子犬

ラブラドゥードルにはたくさんの魅力があります。しかし、ラブラドゥードルが自分のライフスタイルに合っていないと、その魅力もデメリットになってしまうことがあります。そのため、ラブラドゥードルの特質をよく理解し、それらが自分のライフスタイルに合っているかどうかをきちんと見極める必要があります。ここではラブラドゥードルの魅力を紹介していくので、本当に自分に合った犬種かどうかを考えてみてくださいね。

ラブラドゥードルの特徴的な被毛

ラブラドゥードルはプードルと同じタイプの被毛で、抜け毛が少ないのが魅力です。しかし、抜け毛は少ないものの、毛は長いので、お手入れには時間がかかるかもしれません。定期的なカットに加え、日頃からブラッシングをするように心がける必要があります。

ラブラドゥードルの性格と高い知能

ラブラドゥードルは非常に優しい性格をしています。そのため、家庭犬として世界中で高い人気を持っています。しかし、攻撃性は少ないので、番犬としては向いていない個体が多いです。さらに、高い知能を持っているので、子犬の頃からきちんとしつけをする必要があります。きちんとしつけをしないとその高い知能を悪さをするのに使ってしまうかもしれません。

ラブラドゥードルの体格・大きさは?

ラブラドゥードル 子犬

ラブラドゥードルにはミニチュア、ミディアム、スタンダードの3つのサイズバリエーションがあります。それぞれ小型犬、中型犬、大型犬のサイズで、自分のライフスタイルに合ったサイズのラブラドゥードルを選ぶことができます。どのサイズのラブラドゥードルも筋肉質で、重めの印象を与えます。どのサイズのラブラドゥードルを迎えるかを決めるに当たって、考慮すべき点がいくつかあります。

小さい頃からしつけを始める

どのサイズのラブラドゥードルを選ぶにしろ、子犬の頃からしつけを始めることはとても大切です。しかし、スタンダードサイズのラブラドゥードルは特に力が強く、大きくなってからしつけをするのは非常に困難です。そのため、早い段階からリーダーウォークを教え、ラブラドゥードルを導いてあげられる飼い主が向いています。

体のサイズで餌の量や成長スピードも違う

体のサイズによって餌の量や成長スピードは異なります。ミニチュアのラブラドゥードルはスタンダードのラブラドゥードルよりも成長のスピードが速く、6ヶ月頃までには成犬とほぼ同じサイズにまで成長します。しかし、スタンダードは1歳になるくらいまで成長を続け、ゆっくりと成犬に近づいていきます。

ラブラドゥードルの散歩・シャンプーを始める時は?

ラブラドゥードル 子犬

ラブラドゥードルは運動が大好きで、散歩は毎日行う必要があります。また、長くて美しい毛を持つラブラドゥードルは定期的にシャンプーを行わなければいけません。しかし、散歩やシャンプーをいつ頃から始めて良いか疑問に思っている人もいるかもしれません。ここでは散歩・シャンプーを始める時期について解説していきます。

散歩を始める時期は?

散歩はワクチンを終えた後に始めるようにしてください。ワクチンを済ませていない子犬を散歩に連れていくことで感染症などのリスクを高めてしまいます。散歩にいくタイミングはかかりつけの獣医師とよく相談し、子犬の安全を第一に考えるようにしてください。

子犬の頃は運動量に注意

子犬の頃は、過度な運動をさせないように注意をするようにしてください。子犬の頃に激しい運動をさせすぎると、関節などに負担をかけてしまい、成長の妨げになったしまう場合があります。また、最悪の場合は、形成不全など関節の病気や不具合も引き起こしてしまうかもしれません。

シャンプーを始める時期は?

シャンプーはいつ頃でも初めて大丈夫です。ラブラドゥードルの毛は長いので、清潔に保つために定期的にシャンプーをする必要があるかもしれません。しかし、その際は刺激の少ないシャンプーを選び、ラブラドゥードルの被毛と皮膚への負担を最低限に抑えるように心がけてください。

ラブラドゥードルは自分に合っている?

ラブラドゥードル 子犬

ラブラドゥードルはとても楽しい犬種です。しかし、きちんとラブラドゥードルに合った環境を備え、ラブラドゥードルに合った育て方をしないと、ラブラドゥードルの魅力を最大限に発揮することはできません。ラブラドゥードルを迎える前に、本当に自分に合った犬種かどうかを考えてみてくださいね。そして、ぜひ、ラブラドゥードル と楽しい生活を楽しんでくださいね。

日本オーストラリアンラブラドゥードル協会、dogtime、Australian Labradoodle Association

◎ライタープロフィール
ルエス杏鈴 犬訓練士

ルエス杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー

大好きなジャーマンシェパードとドタバタな日々。いろいろなことに愛犬と挑戦するのが大好きで、ディスクドッグ、アジリティ、警察犬の訓練など様々なトレーニングに携わった経験がある。
愛犬を迎えたことを機に犬の美しさや犬との生活の魅力を伝えるべく、ドッグフォトグラファーとしての活動開始。また、ドッグトレーニングや犬との生活を活かし、2019年4月頃より愛犬家のために記事の執筆を開始。
写真や記事の執筆を通して犬が犬として幸せに過ごせる世界づくりに携わるのが目標。

  • 公開日:

    2020.01.27

  • 更新日:

    2020.03.11

この記事をシェアする