magazine

住まい / 生活

2020.01.09

犬のブリーダーとは?ブリーダーから犬を迎えるメリットとその迎え方

数年前までは、犬を迎えるとなったら一般的にはペットショップに行くのが定番でした。しかし最近では、ブリーダーから直接犬を迎える人や、保護犬を迎え入れる人が増えてきたように思います。今回は、ブリーダーを通じて犬を迎えるのことにフォーカスして、ブリーダーとはどんな人たちのことで、そのブリーダーから犬を迎えるメリットが何なのかについてご紹介します。

#Lifestyle / #犬にまつわる仕事/資格

Author :ルエス杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー

この記事をシェアする

そもそも犬のブリーダーとは

ブリーダー

英語の「breed(ブリード)」には、「繁殖させる」「新品種を作り出す」「品種を改良する」といった意味があり、それに従事する人たちのことを総じて「breeder(ブリーダー)」と呼びます。犬のブリーダーとは、つまり犬の繁殖や改良に従事する人を指します。

犬のブリーダーは犬の交配や出産に関わり、生まれてきた子犬をこの世界に迎え入れ、家庭に送り出すことが仕事です。強い責任感を持ちながら、犬種についての深い知識を使って、それぞれの犬種を向上させることを目標に慎重な繁殖を行います。

また犬種だけではなく血統についても研究を重ね、短所があると見ればそれを補い合う子同士を掛け合わせ、さらに健康で良質な犬を生み出す努力をします。遺伝子検査やその他の検査はもちろん、ドッグショーやドッグスポーツにも積極的に参加します。

良質なブリーダーたちは、犬を繁殖させて売るだけではありません。犬の生涯を通して飼育者の相談役となり、万が一何らかの理由で飼い主が飼育できなくなった場合などには、新しい飼い主を見つけるのをサポートすることもあります。

悪質なブリーダーもたくさんいる

非常に残念ながら、世界にはお金儲けを目的に犬を繁殖し、子犬を売っているブリーダーもたくさんいるのが事実です。このようなブリーダーは、犬たちのことや健康状態を考慮せずに繁殖を繰り返します。犬の飼育状態は悪く、健康にも害が及んでいることも。

このような悪質なブリーダー以外にも、無責任にペットを繁殖するブリーダーもいます。家族からすれば可愛い愛犬ですが、必ずしも繁殖に適した子であるとは限りません。犬の血統や繁殖について十分な知識がないまま、犬を繁殖させるのは非常に危険です。

犬をブリーダーから迎えるメリット

ブリーダー

良質なブリーダーから犬を迎えるには、たくさんのメリットがあります。ここでは、そのメリットについて詳しく解説していきます。

親犬や他の子と会うことができる

ブリーダーを探している際には、親犬や他の犬たちにも会わせてもらうように頼んでみてください。より多くの子と会えば、どのような環境でその子たちが生まれてきたのかや、ブリーダーとの関係も多少見えてきます。

父犬がブリーダーのもとにいない場合がありますが、母犬は必ずいるでしょう。親犬と直接会うことで、その子が成長した時にどのような外見と性格を持つようになるかを、ある程度想像することができます。また、その母犬の健康状態を確認することもできます。

犬の生涯を通してよき相談役になってくれる

良質なブリーダーは子犬を迎えた後も飼育に関する質問に答え、相談に応じてくれます。自分の犬の犬種や血統に関する専門知識を持つ人に相談をすることで、自分の犬に合ったアドバイスを得ることができます。また、困ったことがあれば頼りになるので、安心です。

犬をブリーダーから迎えるには

ブリーダー

ブリーダーから犬を迎えるのを検討している場合は、まず良質なブリーダーを探すところから始めてください。責任感を持って犬種の向上を考え、明確な目標を持って従事しているブリーダーを探しましょう。さらに、きちんと健康管理をして、遺伝子検査やそのほかの健康検査をクリアした子を親犬としているかも重要なポイントです。

ブリーダーを見つけたら連絡を取りましょう。出産予定などを教えてくれます。しかし、慎重なブリーダーは誰にでも簡単に子犬を譲りません。子犬を探している人が、きちんとその子を迎えられる飼い主かどうかを見極めようとするはずです。面会では質問に正直に答え、信頼関係を築くことが大切です。子犬を迎える前には、できる限り疑問なども解消しておき、ブリーダーとよく相談することで、さらにスムーズに子犬を迎えることができます。

信用できるブリーダーを選ぶことが重要

ブリーダー

ブリーダーから犬を迎えるにはたくさんのメリットがあります。しかし、良質なブリーダーでなければそのメリットは当てはまりません。ブリーダーから子犬を迎えるのを検討している場合は慎重に探し、信頼できるブリーダーを探すようにしてくださいね。

◎ライタープロフィール
ルエス杏鈴 犬訓練士

ルエス杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー

大好きなジャーマンシェパードとドタバタな日々。いろいろなことに愛犬と挑戦するのが大好きで、ディスクドッグ、アジリティ、警察犬の訓練など様々なトレーニングに携わった経験がある。
愛犬を迎えたことを機に犬の美しさや犬との生活の魅力を伝えるべく、ドッグフォトグラファーとしての活動開始。また、ドッグトレーニングや犬との生活を活かし、2019年4月頃より愛犬家のために記事の執筆を開始。
写真や記事の執筆を通して犬が犬として幸せに過ごせる世界づくりに携わるのが目標。

この記事をシェアする

知りたい情報を検索!