magazine

犬にまつわる雑学

2020.03.14

ことわざ「犬も歩けば棒に当たる」の2つの意味とは?類義語もチェック

日本には、動物をたとえに用いたことわざ・言葉は、さまざまな種類がありますが、「猿も木から落ちる」や「河童の川流れ」などが有名ですよね。そして「犬も歩けば棒に当たる」も古くからよく使われることわざの1つです。「犬」という言葉が入っている、このことわざ。犬好きならことわざの正しい意味を理解しておきたいところではないでしょうか?そこで今回は、番外編として「犬も歩けば棒に当たる」のことわざの2つの意味や由来を解説していきたいと思います。

#犬にまつわることわざ

Author :明石 則実/動物ライター

この記事をシェアする

「犬も歩けば棒に当たる」の2つの意味とは?

犬も歩けば棒に当たる

ことわざは本来の意味がありつつも、時代によって徐々にその意味合いが変化していくものがあります。「犬も歩けば棒に当たる」もそういったことわざの1つとなります。

元々はかなりネガティブな意味だった?

“犬が歩いている時にボ~っとしていて道端の棒にぶつかってしまった”。こんなイメージで「犬も歩けば棒に当たる」を「歩いたり走ったりが得意な犬ですら気を抜くと何かにぶつかることがある」という意味だと解釈している方も多いのではないでしょうか?

・・・実は違うんです。私も勘違いしていたうちの1人ですが、 「当たる」というのは、古くは「叩かれる」という意味がありました。現在ほど犬たちが大切にされていなかった江戸時代に(非常に残念な話ではあるのですが)犬がうろついていて邪魔だから、付いてくる犬を追い払いたい、などといった理由で犬が棒で叩かれることがあったそうです。

そして、その様子を表現して「犬も歩けば棒に当たる」のことわざは『でしゃばったり、余計な行動をしていると災難が降りかかってくるぞ。』という戒めのことわざになりました。

やがて少しポジティブな意味に変化した

やがて「当たる」という言葉の意味の変化と共に、「犬も歩けば棒に当たる」ということわざの意味も少しずつポジティブなものに変わっていきました。「当たる」は、宝くじや懸賞に当たるといった幸運を意味する言葉として使われるようになり、プラスの意味で捉えられるようになったのです。

そして、ことわざ自体も「何もせずにいるよりは、積極的に行動を起こすことで幸運を呼び込もう」と意味に変化していきました。

「犬も歩けば棒に当たる」の由来とは?

犬も歩けば棒に当たる

「犬も歩けば棒に当たる」のことわざの由来とはどういったものなのでしょうか?その歴史を探ってみたいと思います。

江戸時代の古典「かるた」から生まれたことわざ

江戸時代も後期になると、庶民たちの遊びとして「かるた」が流行しました。まず上方(現在の大阪・京都)で「いろはかるた」が発祥し、次いで江戸で「江戸いろはかるた」が誕生しました。

現在のような「あいうえお」ではなく、当時は「いろはにほへと…」といった順に並んでいたため、「い」から始まることわざとして「犬も歩けば棒に当たる」と用いられていたのです。

今ほど犬が大事にされていなかった江戸時代

江戸時代といえば「生類憐みの令」で犬は大事にされていたんじゃないの?と思う方もいらっしゃるかも知れません。江戸幕府5代将軍徳川綱吉の時代には、日本初の動物愛護法とも言われる生類憐みの令が出され、犬をはじめとして様々な動物が保護されました。

しかし「江戸いろはかるた」が成立したのは綱吉の時代から100年以上も後のことです。その頃にはそんな法令もどこへやら・・・。仕事や家事の邪魔になったり、ついてくる野良犬を追い払うために棒を使っていたのです。今では考えられないことですが、当時の江戸にはたくさんの野良犬たちがウロウロしていたそうです。

「犬も歩けば棒に当たる」の類義語・対義語とは?

犬も歩けば棒に当たる

「犬も歩けば棒に当たる」の類義語や対義語にはどのようなものがあるのでしょう?少しご紹介していきますね。

類義語

「歩く足には泥がつく」
※何かをしようとすると、それに伴って煩わしいことが付いて回るということ。

「藪をつついて蛇を出す」
※いわゆる「藪へび」ということですね。必要のないことをしたために災難に遭うということです。

「思い立ったが吉日」
※何かをしようと思った時に、日や時を選ばずに思い切って行動に移すということ。

対義語

「犬も歩けば棒に当たる」ということわざは、ポジティブ・ネガティブの両方の意味を持つ言葉です。 類義語はあるにしても、対義語の場合は存在しないと言っても良いでしょう。そころへんが日本語の難しいところですよね。

奥深い。日本のことわざの世界

犬も歩けば棒に当たる

日本語には敬語があったり、その使い方は世界の言語と比較しても難しいと言われていますが、歴史を探ってみると何だかおもしろい側面もあります。英単語であれば異なる意味を持つ場合もありますが、同じことわざや文章で異なる2つの意味を持ち、状況に応じて使い分けられるなんて日本語だけではないでしょうか?「犬を歩けば棒に当たる」ぜひポジティブな意味で使ってみてくださいね。

◎ライタープロフィール
明石則実 動物ライター

明石 則実/動物ライター

フリーライターとして動物関連や歴史系記事の執筆を多数おこなう。柴犬と暮らす傍ら、趣味の旅行や城めぐりで愛犬と駆け回る週末。
愛犬家の皆さんにとって、お悩みを解決したり、有益な情報を発信することを心掛けています。

  • 公開日:

    2020.01.31

  • 更新日:

    2020.03.14

この記事をシェアする