magazine

犬の生態 / 気持ち

2020.02.05

犬が体を丸める仕草をするのはなぜ?考えられる理由や気にすべきこと

愛犬が丸くなって寝る仕草はとても可愛らしく、飼い主さんは見ていて幸せな気持ちになりますよね。体を丸めているときは、リラックスしていることもあれば、実は体に何らかの不調を感じている場合もあります。ここでは、犬が体を丸める仕草をするときに考えられる理由や注意点について解説します。

Author :江野 友紀/認定動物看護士

この記事をシェアする

犬が寝るときに体を丸める仕草をしていたら

体臭が少ない 犬の種類

犬の祖先には、穴を掘ってその中で丸まって寝る習性があるため、寝るときに丸まった姿勢でいることは一般的です。しかし中には、次のような特異な理由で体を丸めていることもあります。

寒さを感じている

犬が寒いと感じている時、保温のために丸まって寝ます。丸まることで冷たい空気に触れる面積を少なくし、体温を保とうとしているのです。丸まって体を震わせているようであれば非常に寒さを感じています。
長時間寒い状態が続くと低体温症を引き起こす可能性もあるので、エアコンや毛布、ヒートマットなどを使用し保温したり、屋外飼育であれば玄関に入れてあげるなどして暖をとらせてあげましょう。

不安感を抱いている

犬は緊張したり、不安を感じていると体を丸めて寝ることがあります。丸まることで急所であるお腹を守っていると考えられています。もし寒くないのに丸まっていたり、いつもは横に寝るような姿勢で寝ている犬が丸まって寝ていたら、何らか理由により不安を感じたり警戒している可能性があります。

犬が立った状態で体を丸める仕草をしていたら

体臭が少ない 犬の種類

立ち止まっているときや歩行時に、不自然に背中を丸めていたり違和感のある歩き方をしていたら、体に異常があるのかもしれません。

椎間板ヘルニア

椎間板とは、犬の背骨の間にあるゼリー状の組織であり、クッションのような役割を果たしています。椎間板の外側は繊維輪、内側は髄核という組織で構造されています。何らかの理由で椎間板が逸脱し、脊髄を圧迫している状態を椎間板ヘルニアと言いま.す。

椎間板ヘルニアの原因や症状

激しい運動をして脊髄に強い力が加わったり、老化現象によるものなどが原因となって椎間板ヘルニアを発症します。ダックスフンドやコーギー、ビークルなどは好発犬種といわれています。
椎間板ヘルニアになると背中を丸めてじっと動かなくなる、抱っこするとキャンと鳴く、段差を避ける、後足に力が入らずふらつくなどの症状が見られ、重症化すると完全に四肢が麻痺したり排泄が困難になることもあるため、なるべく早く診察を受けましょう。

腹痛

犬はお腹に痛みを感じていると動きたがらなくなり、無意識に腹部を保護しようと背中を丸めてじっとしていることがあります。また、落ち着きがなくそわそわしたり、抱き上げたときに鳴き声を上げることもあります。

犬が腹痛を感じているときに考えられる原因

腹痛の原因は大きく2つに分けられ、内臓の異常と外傷によるものがあります。
下痢や嘔吐を伴っている場合は胃腸、肝臓などの消化器系や、泌尿器系の異常がなどが考えられます。高所からの転落後などに起きる腹痛では、腹腔内の臓器の損傷や腹膜炎などが考えられます。
事故などによる腹部臓器の損傷や腸閉塞、胃腸の捻転は緊急性が高く、手遅れになると危険です。早急に診察を受けるようにしましょう。

犬の体を丸める仕草には、病気が隠れていることも

体臭が少ない 犬の種類

犬が体を丸める仕草はあまり珍しいものではなく、それほど気にならないかもしれません。しかし、中には体の不調を感じたりして体を丸めていることもあります。よく見ると小刻みに震えていたり、触れられることを避けるような様子があるかもしれないので、日頃から犬を良く観察し、気になる様子があれば動物病院に相談しましょう。

◎ライタープロフィール
江野友紀 認定動物看護士

江野友紀/認定動物看護士

地域密着型の動物病院にて、動物看護士として14年ほど勤務。看護業務の合間にトリミングもしています。
ドッググルーミングスペシャリスト、コンパニオンドッグトレーナーの資格を保有。
普段の仕事では、飼い主様の様々な疑問や悩みを解消できるよう、親身な対応を心掛けています。
ライターの仕事を通して、犬と人が幸せでより良い生活を送るためのお手伝いさせていただきたいです。

  • 公開日:

    2020.01.10

  • 更新日:

    2020.02.05

この記事をシェアする