magazine

犬の生態 / 気持ち

2020.01.09

犬がテレビを見る理由|映像や音声はどれぐらい認識しているの?

愛犬が夢中になってテレビを見ていることはありませんか?じっと見つめていることもあれば、テレビに向かって吠えたり、テレビの後ろ側を覗き込んだりなど、さまざまな反応を示しますよね。今回は犬がテレビを見る理由や、どれぐらいテレビの映像や音声を認識しているのかなどをご紹介します。

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

犬はテレビの映像や音声を認識しているの?

犬 テレビ 見る理由

テレビに興味を示す子は多いですが、テレビの映像や音声は人間と同じように認識しているのでしょうか。

テレビの映像の見え方

犬も私たち人間と同様、テレビに映っている動物や風景などを見て、それが何であるかは認識できます。しかしテレビに映っている状況を判断することは難しく、「テレビの中だけで起こっていること」と認識できない犬も少なくありません。



そのためテレビに映っている犬を見て、目の前に犬がいると勘違いをして吠えてしまったりすることがあります。

また、人間の色覚は、あらゆる色を認識できる3色型色覚なのに対し、犬は2色型色覚なため黄色と青色のみを認識しています。つまり色の見え方は、人間と大きく異なっています。

テレビの音の聞こえ方

テレビからの音は、犬も現実の世界と同じように認識しています。そのためテレビで聞いた音に対しては、現実の世界で聞く音と同じような反応を示します。

犬がテレビを見る理由

犬 テレビ 見る理由

テレビで流れる映像に対する興味や、見たときの反応はその子によって差がありますが、犬がテレビを見る理由は、以下のように考えられています。

テレビに映る動いているものに興味がある

テレビに対する興味は、犬種の特質が影響していると考えられています。例えば視覚を活かして猟犬として活躍していた犬種は、テレビに映る動くものに対して興味を示し、目で追ってしまうところがあります。

また、猟犬であっても嗅覚を活かして獲物を捕獲していた犬種は、画面からはニオイが発せられないため、画面に映る動くものにさほど興味を持ちません。

ただし好奇心が強いなど、その犬のもともと持っている性格による部分もあるので、犬種の特質だけが関係しているわけではありません。

他の犬や動物の鳴き声が気になる

テレビから聞こえる他の犬や動物の鳴き声が気になり、テレビを見ていることもあります。ただしその反応は性格によってさまざまです。

例えば縄張り意識が強い犬であれば、テレビの犬の鳴き声に対して、自分も吠えたりすることもあります。また、聞き慣れない動物の鳴き声にただただ興味津々で、テレビの前に陣取りじっと見ているといった犬もいます。

愛犬の留守番にも役立つテレビ

犬 テレビ 見る理由

愛犬がテレビを見ることが好きであれば、留守番をさせるときにテレビをつけたままにしてあげると、退屈しのぎになるのでおすすめです。また、家でひとりぼっちの寂しさを紛らわすのにも役立ちます。

なお、音量は抑えぎみにしておいて大丈夫です。犬の聴覚は人間よりも4倍遠くの音まで感知できるほか、多方向からの音を聞き取る能力も優れているため、「テレビの音が聞こえづらいかも?」と心配する必要はありません。

テレビに示す反応は犬の性格によってさまざま

犬 テレビ 見る理由

私たちはテレビを「娯楽」として見ますが、犬の場合は単に画面の中の動くものや音に反応して見ています。

テレビに対する興味の度合いは、犬によって差がありますが、視覚を活かして活躍していた猟犬の犬種の場合は、テレビに映るものを目で追いかけてじっと見ていることもあります。その一方で、あまりテレビに興味を示さない犬もおり、犬とテレビの関連性はなんとも興味深いところです。

愛犬がどんなテレビの映像に反応を示すのか、観察してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

知りたい情報を検索!