magazine

  1. トップページ
  2. MAGAZINE
  3. 犬が体当たりしてくる理由とは?落ち着かせる方法も解説
犬の生態 / 気持ち

2020.01.10

犬が体当たりしてくる理由とは?落ち着かせる方法も解説

愛犬が、走りながら体当たりしてくるようなことはありませんか?この行為は感情表現の1つなのですが、体当たりする癖を直さないと、場合によっては他人に怪我をさせてしまう恐れがあります。この記事では、犬が体当たりしてくる理由とやめせさせる方法について解説します。

#Lifestyle

Author :docdog編集部

愛犬が飼い主に体当たりしてくる理由

犬 体当たり

愛犬が飼い主に体当たりしてくる理由としては、以下のようなことが挙げられます。

ワクワクして興奮しているとき

飼い主がリードを持ったり、おもちゃを愛犬に差し出したりすると、「これから散歩に行かれる!」「一緒に遊んでもらえる!」とワクワクした気持ちがいっぱいで興奮状態となり、体当たりをしてくることがあります。

嬉しいとき

帰宅したとき、愛犬が走り寄って体当たりをしてくることはありませんか?これは嬉しくてたまらない気持ちの表れです。「もう十分だよ」と思わず言いたいぐらい、何度も体当たりをしてくることも少なくありません。

何かを要求しているとき

ごはんが欲しい、散歩に行きたい、抱っこをして欲しいなど、何らかの要求があるときに飼い主に応じてもらいたくて、体当たりしてくることもあります。

愛犬の体当たりする癖をやめさせる方法

犬 体当たり

愛犬が体当たりするのを許していると、思わぬ事故に繋がることもあるので、やめさせる必要があります。ここでは、愛犬の体当たりする癖をやめさせる方法を解説します。

無視をして落ち着かせる

飼い主が帰宅したときに愛犬が体当たりしてくるのをやめさせるには、まず愛犬を落ち着かせることが肝心です。そのためには体当たりをしてきても無視するようにします。愛犬が体当たりしてきたときに「やめてー」などのリアクションをしてしまうと、構ってもらえていると勘違いしてしまうので逆効果です。そして落ち着いたら、たっぷりと褒めてあげましょう。

愛犬は構って欲しいがために体当たりをしています。そのため、「体当たりをしなくても構ってもらえるんだ」というのを認識させることがポイントです。

なお、愛犬をひとりで留守番させたときなどは、飼い主が帰って来ると寂しさから解放され会えて嬉しくて、より体当たりしてくることもあるかと思いますが、このようなときは我慢させていた分、ある程度許容して体当たりさせてあげることも大切です。

オスワリができるようにしておく

どんな状況でも「オスワリ」のコマンドを出せば、愛犬がそれに従えるようにしつけをしておきましょう。オスワリをさせて興奮ぎみになる愛犬を落ち着かせれば、体当たりするのを防げます。

散歩のとき、愛犬が他の人に突然体当たりをしてしまったら、怪我をさせてしまうかもしれません。特にその相手が小さなお子さんやお年寄りだったら、大怪我になりかねません。よって、オスワリをいつでもできるようにしておくことは必須です。

散歩時に愛犬が他の人に体当たりをしないようにするには?

犬 体当たり

散歩のときに、向こうから歩いて来る人に体当たりしないようにするには、リードを短く持ち、やって来る人とすれ違う前に愛犬にオスワリをさせて、アイコンタクトを取るようにしましょう。そして指示に従い、相手が通り過ぎるまで落ち着いていられたら褒めてあげましょう。相手とすれ違う前からこのようにして飼い主に集中させておけば、体当たりするのを回避できます。

愛犬が体当たりしてきたときは冷静に対処を!

犬 体当たり

愛犬が体当たりしてきたときは何もリアクションをせず、まず落ち着かせることが肝心です。「やめてー」「やだー」などと下手に騒いでしまうと構ってもらえていると勘違いしてしまうので注意が必要です。

また、愛犬が他人に体当たりして迷惑をかけてしまうことがないよう、オスワリのしつけもしっかりと行っておきましょう。

この記事をシェアする

知りたい情報を検索!