magazine

お手入れ

2020.01.03

犬の冬毛はいつから生え変わる?まずは冬毛と夏毛の基本的な違いを知ろう

犬って換毛期があるけど、冬毛と夏毛は何が違うの?うちの犬は冬毛が生えてこないけど、大丈夫なの?このような疑問を持っている飼い主さんは意外と多くいらっしゃいますよね。ここでは、犬の冬毛に関する疑問に答えていきます。夏毛と冬毛の違いに加え、犬の冬毛が生え変わる時期について詳しく解説していきます。さらに、犬の冬毛が生え変わる時期の抜け毛の処理方法についても合わせて解説していきますので、ぜひ愛犬のケアに役立ててくださいね。

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

犬の冬毛と夏毛の違いは?

犬 冬毛

犬の毛は冬も夏もあまり変わらないように見えるかもしれません。しかし、実は寒い冬や暑い夏をより快適に過ごせるように、夏毛と冬毛には大きな違いがいくつかあります。

犬の冬毛の特徴

犬の冬毛は長く、密集して生えてくるのが特徴です。冬毛は犬が冬の間も暖かく過ごせるためのものなので、保温効果があります。冬毛は夏毛よりも多く、太いので、犬の見た目は夏よりも冬の方がふわふわとした印象を受けます。

犬の夏毛の特徴

犬の夏毛は冬毛よりも細くて短いのが特徴です。また、冬毛ほど密集して生えてくることはありません。夏毛は、犬が夏の間も涼しく過ごせるように直射日光を避けたりするのに役に立ちます。そのため、毛が多くて暑そうに見えても、絶対に犬の夏毛を剃らないようにしてくださいね。

犬の冬毛が生え変わる時期は?

犬 冬毛

犬の冬毛が生え変わる時期は、住んでいる地域や環境の気温に影響されます。そのため、冬毛が生え変わるはっきりと決まった時期はありません。しかし、基本的には季節の変わり目に、冬毛が生え変わる換毛期があります。夏の終わり頃に夏毛が抜け、秋から冬にかけて冬毛が生えてきます。また、暖かくなってきた春には冬毛が抜けるので、大量の抜け毛が発生します。

冬毛が生えてこない犬もいるの?

愛犬に冬毛が生えてこないと寒そうで、心配ですよね。犬の冬毛が生えてこない理由は、主に2つあります。

シングルコートの犬種

換毛期があり、冬毛と呼ばれる毛が生え揃うのは上毛と下毛があるダブルコートの犬種だけとなります。シングルコートの犬種は毛が1種類しかないので、冬の間に特別な冬毛が生えてくることはありません。防寒対策をしっかりしてあげてくださいね。

環境要因で冬毛が生えてこない場合

最近では日中も室内で過ごす犬が多くを占めるようになり、冬の間も暖房がよく効いた心地のいい部屋で過ごすことが多くなっています。このように暖かい室内で過ごすことで、体を冬毛で暖かく保つ必要が無くなります。そのため、冬毛が生えてこなくなることがあります。

冬毛が生えてこなくなること自体は健康に悪いわけではありませんが、冬毛がないコが外出する場合には、寒く体調を崩してしまう原因になりますので、必ず防寒をするように心がけてあげてください。また、冬毛がないことで換毛期がなくなってくると、毛が一年中抜けることがあるので、抜け毛の処理が大変かもしれませんが、愛すべき犬との暮らしならでは、とも言えます。

犬の冬毛が抜ける時期はどうすればいいの?

犬 冬毛

犬の冬毛が抜ける換毛期には抜け毛が劇的に増えます。抜け毛を放置しておくと、犬の抜け毛が服や家具に付着するだけではなく、犬の毛が絡まる原因にもなります。また、毛を定期的にケアしてあげないことで、暑さを感じやすくなってしまこともあります。そのため、冬毛が抜ける時期には、抜け毛を適切に対処しなければいけません。ここでは、冬毛が抜ける時期にどのように抜け毛に対処していけばいいのかを解説していきます。

犬をしっかりとブラッシングするのが基本

犬の冬毛に対処する最も基本的な方法は、ブラッシングをするということです。犬をしっかりとブラッシングすることで、冬毛を取り除き、抜けて部屋に落ちるのを防ぐことができます。それと同時に、ブラッシングは犬の血行をよくする働きがあるので、換毛期じゃない時期も日頃のブラッシングを心がけることが大切です。

便利グッズを利用して部屋の抜け毛処理を

最近では犬の抜け毛に対処するグッズがたくさんあります。自分の家具に合った便利グッズを選び、こまめな掃除を行うことを心がけてくださいね。

犬の冬毛の悩みを解決しよう

犬 冬毛

犬の冬毛は犬が快適に冬を越すために大切です。だからと言って、室内犬の冬毛が生えてこないからといって、過剰に心配する必要はありません。犬の毛に合わせた防寒やお手入れを心がけて、愛犬と快適な1年を過ごせるように心がけてくださいね。

この記事をシェアする

知りたい情報を検索!