magazine

横たわっている犬
健康管理 / 病気

2021.04.09

【獣医師監修】犬の耳が赤い原因とは?あわせて確認したい症状・ケアのコツを解説

犬の耳をひっくり返した時に、耳の内側が赤くなっていたら耳の病気では?と心配になりませんか?健康な犬の耳は、白〜薄いピンク色で、耳垢やニオイもありません。病的なものだけでなく興奮などでも耳は赤くなりますが、犬の耳が赤く、気にするそぶりを見せる時は、なんらかの原因で耳に炎症が起きている可能性が高まります。今回は、犬の耳が赤い時に確認したい症状、可能性のある病気から耳ケアのコツまでをまとめて解説します。

監修:葛野 莉奈/獣医師、かどのペットクリニック 院長(文:ドックドッグ編集部)

犬の耳が赤い場合に考えられる原因とは?

耳の中が赤い犬の耳

犬は、耳のトラブルが起きやすい動物です。特に、垂れ耳の犬種や脂漏体質の犬種、耳の毛が多い犬種は耳の中が蒸れやすい傾向にあります。健康な犬の耳介の色は白~薄いピンクで、耳垢は白~赤茶色っぽく、匂いはなく乾いた状態です。犬の耳が赤いくかゆそうな行動をとる時は、なんらかのトラブルが起きている時と考えられます。まずは、犬の耳が赤い時に考えられる原因について探ってみましょう。

赤い原因1.脂分泌の過多によるマラセチア菌の増殖

皮脂を栄養源として増殖する酵母菌の一種であるマラセチア菌は、皮膚に刺激を与え耳が赤く炎症を起こす外耳炎を発症します。特に、アトピーや食物アレルギーのある犬また耳垢の多い犬、垂れ耳の犬種、耳の中に被毛が多く生えている犬種に発症しやすいとされています。

赤い原因2.細菌性外耳炎

耳の中の免疫バランスが崩れたり、梅雨やたれ耳で通気が悪いなど細菌の繁殖しやすい環境ができてしまうことにより、皮膚に常在しているような細菌が増殖して悪さをすることから起こる外耳炎です。初期に発見できると軽度で済む可能性が高く、初期であれば点耳薬の投与で比較的早く治ることが多いです。

赤い原因3.アトピーやアレルギーによる炎症

近年増えている犬のアトピー性皮膚炎やアレルギー性皮膚炎。アトピーやアレルギーが原因の外耳炎の場合、慢性化してしまうことが多くあります。

犬の耳が赤いときに併発していたら注意したい症状

耳がピーンと立ったコーギー

犬の耳が赤く炎症を起こしている状態を総称して外耳炎と呼びます。犬は外耳炎を発症すると、耳が赤く炎症を起こす以外にもさまざまな症状やまたかゆみによる行動がみられます。次のような症状や行動が見られたら、耳の病気を発症していると考えられます。

耳の病気を発症している可能性がある状態

耳に病気を抱えている場合は、耳が赤く炎症を起こすと同時に、さまざまな症状を発症します。代表的な症状として、耳垢が多くなる、耳垢の色が黒や茶色になる、耳を触るとベタベタする、耳の匂いがきつくなるなどがあります。また、病気の種類によっては耳の一部が腫れる、耳が聞こえないなどの症状が現れることがあります。

耳が赤い時はかゆみを感じているかも

犬は耳が赤く炎症を起こすと同時に、耳のかゆみを感じることが多くあります。足でしきりに頭や首など耳の近くを掻く、頭をブルブルと振る、耳を触ろうとすると嫌がるなどの行動が見られたら、耳のかゆみも起きていると考えましょう。また、耳の状態が悪化している時には、耳を触ろうとすると噛み付こうとする、唸ると言った攻撃性のある行動をとることもあります。

犬の耳が赤い症状があるときに考えられる病気とは?

動物病院で診察を受ける犬

犬の耳が赤い症状があり、上記のような症状が見られたら耳の病気を発症している可能性があるため、なるべく早く動物病院へ連れて行き、獣医師に診察してもらいましょう。

考えられる病気1.耳ダニ感染症~激しく耳を痒がる~

犬の耳が赤く炎症を起こしている以外に、激しく痒がるときはミミヒゼンダニに感染している可能性がも考えられます。ミミヒゼンダニは、犬の耳に繁殖する小さなダニで、感染している犬や猫との接触によって感染します。ドッグランや散歩などで発症している動物と接触することでも感染する可能性があるため注意が必要です。

考えられる病気2.アトピー性皮膚炎~全身の痒みも併発~

犬のアトピー性皮膚炎は免疫の調整が不安定で自分の日常に接するものにすら反応してしまい、炎症を起こす疾患です。アトピー性皮膚炎を発症すると、耳だけではなく全身に赤みやかゆみの症状が現れます。

考えられる病気3.マラセチア真菌性外耳炎~ベタベタした耳垢がたくさん出る~

マラセチアは全身に発症する皮膚炎です。マラセチア菌は、犬の皮膚に常在する真酵母菌ですが、マラセチアのえさとなる脂の分泌が過剰になると、マラセチアは増殖し炎症やかゆみを発症します。マラセチアを発症すると、耳が赤くなるほかに、耳のかゆみと黒?茶色のベタベタした耳垢がたくさん出ることが特徴です。

愛犬に耳が赤い症状が見られたら取るべき対処法とは?

コットンに洗浄液を垂らしている様子

犬にとって、耳のかゆみは大きなストレスとなります。また、耳の病気は一度発症してしまうと繰り返すことが多く、全身に広がる可能性もあります。耳が赤いことに気がついたら、なるべく早いうちに獣医師に診てもらうことが大切ですが、まずはこまめな耳ケアをして耳トラブルを発症させないようにしましょう。

こまめな耳ケアで耳の状態を把握しよう

耳トラブルを予防するためには、日常の耳チェックが欠かせません。垂れ耳の犬の場合は、耳をめくって皮膚の色やにおいを確認しましょう。健康な状態の耳を覚えておくことで、耳に異常があるとすぐに気がつくことができます。

また、定期的にイヤーローションなどで汚れを拭き取るケアをしてあげることも大切です。犬の皮膚は、人間の皮膚の1/3程度の厚みしかないため、耳ケアの際にゴシゴシこすったりせず優しく拭き取ることがコツです。

綿棒を使用しての耳ケアは、耳道を傷つけてしまったり、耳垢を耳奥に押し込んでしまう可能性があるため家庭では行わないようにしましょう。奥に汚れがあると感じた場合は無理をせずにトリミングサロンや動物病院などプロにお任せしてくださいね。

耳が赤いときはかかりつけの動物病院へ!

飼い主に抱っこされる具合が悪そうな犬

犬の耳が赤い場合は、耳トラブルが発症している可能性が高いため、すぐに動物病院で診てもらいましょう耳の痒みは犬の身体に大きな負担を与えます。早期の外耳炎であれば、短期間の投薬によって改善することができますが、重症または、慢性化してしまうと完治までにとても長い時間が必要となり日常のこまめな耳ケアで正常な状態の犬の耳を把握しておけば、早期発見・早期治療につながります。

  • 公開日:

    2020.01.16

  • 更新日:

    2021.04.09

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 葛野 莉奈
  • 獣医師、かどのペットクリニック 院長
  • 麻布大学卒。2015年より神奈川県内にてかどのペットクリニックを開業。ながたの皮膚科塾を卒業し、普段の診療でも皮膚科には力を入れております。 私生活では犬8頭と猫2匹と生活しているので、一飼い主として、そして獣医師として飼い主さんと動物たちとの生活がよりよくなることに少しでも貢献できると嬉しいです。