magazine

お手入れ

2020.01.12

犬は冬もカットをするべき?冬の時期のグルーミング方法を解説

冬の間にカットすると犬は寒くないのかな?犬のカットを定期的にしている人なら一度は感じたことのある疑問なのではないでしょうか?ここでは、冬の時期の犬のカットの必要性や、サマーカットの注意点を紹介していきます。さらに、冬の時期の犬のグルーミング方法を解説していきます。

Author :ルエス杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー

この記事をシェアする

冬でも愛犬のカットは必須なの?

犬 冬 カット

冬の間は、愛犬がなるべく暖かく快適に過ごすことができるように心がけなくてはいけません。毛を短くカットしてしまうと、犬が寒さを感じやすくなってしまいます。そのため、カットが必要な犬種の場合でも、短くカットしすぎないように注意をすることが非常に大切です。

定期的なカットが必要な犬種も

見た目を整えるために少しのカットを行う犬種がいますが、カットをしないと毛の管理をするのが大変な犬種もいます。例えば、プードルやドゥードゥルなどは毛が伸び続けてしまうため、カットをしないと、汚れがたまったり、ひどく絡まったりしてしまう場合があります。このような犬種は冬の間もこまめなカットを続けるようにしましょう。

雪遊びを楽しむ犬はカットするのがおすすめ

冬の間は犬と雪遊びをするのであれば、毛はカットするのがおすすめです。雪の中で遊んでいると雪が毛に固まり、体が雪で重くなってしまったり雪玉ができてしまったりします。雪遊びを楽しむのであれば、飾り毛を少しカットすることで毛に雪が付着するのを防ぎ、犬がより楽しく遊ぶようにしてあげることができます。

犬のサマーカットは冬になったらどうするのがよい?

犬 冬 カット

夏の暑さを乗り越えるために、サマーカットをする飼い主さんはたくさんいます。しかし、毛があまりにも短いと、犬が寒がったり、震えたり動かなくなってしまったりする場合があります。そのため、サマーカットをする場合は、冬までに毛が伸びるだけの時間が十分にあるかを考慮するようにしてくださいね。

ダブルコートの犬は夏でもサマーカットを避ける

サマーカットは冬の間はどんな犬種も避けるべきですが、夏の間もサマーカットをしないほうがいい犬種がいます。ダブルコートの犬種はサマーカットにすることで、毛質が変化し、毛が伸びても保温効果がない可能性があります。ダブルコートの犬種は一度でも毛を切ってしまうと、冬の毛までにも影響を与えてしまう場合があるので、避けるべきです。

サマーカットが冬までに生えない場合は?

サマーカットをし、冬までに毛が伸びてこない場合は、他の方法で愛犬が寒がらないように工夫する必要があります。家の中は暖房器具を活用して暖かくし、散歩に出かける場合は犬用のジャケットを使用するようにしてください。

冬期の犬のグルーミング|注意点とは?

犬 冬 カット

犬のグルーミングでは、カット以外にもしなければいけないことがたくさんあります。冬の間は寒く、ダブルコートの子は換毛期の抜け毛が落ち着くので、グルーミングが怠りがちになることがあります。しかし、しっかりとグルーミングをしないと、犬の毛質が代わってしまう原因になります。ここでは、冬の間の犬のグルーミングの注意点を紹介していきます。

犬のシャンプーは暖かいお湯で

夏はぬるま湯で犬をシャンプーしますが、冬の間は少し暖かめのお湯でシャンプーをするように心がけてください。また、冬はシャンプー後に毛が乾きにくくなるので、濡れたまま放置せずにしっかりとタオルやドライヤーで乾かすことが大切です。濡れたままだと、犬の体が冷える原因になってしまいます。

犬のこまめなブラッシングを忘れずに

冬の時期は抜け毛が少ないため、ブラッシングが怠りがちになってしまいます。しかし、ブラッシングは犬の毛の汚れを取り除き、絡まりにくくするために非常に大切です。冬の間も、日頃からの犬のブラッシングを忘れないようにしてくださいね。

冬は愛犬に合ったグルーミングを心がけよう

犬 冬 カット

ここでは、冬期の犬のカットやグルーミングについてご説明しました。最も大切なのは、愛犬のライフスタイルに合わせて、カットをするかしないかを決めるということです。また、カットをして犬が寒がるようであれば、犬用のジャケットを利用することもできるので、神経質になりすぎる必要はありません。愛犬にカットが必要かどうかをよく考え、決めるようにしてくださいね。

◎ライタープロフィール
ルエス杏鈴 犬訓練士

ルエス杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー

大好きなジャーマンシェパードとドタバタな日々。いろいろなことに愛犬と挑戦するのが大好きで、ディスクドッグ、アジリティ、警察犬の訓練など様々なトレーニングに携わった経験がある。
愛犬を迎えたことを機に犬の美しさや犬との生活の魅力を伝えるべく、ドッグフォトグラファーとしての活動開始。また、ドッグトレーニングや犬との生活を活かし、2019年4月頃より愛犬家のために記事の執筆を開始。
写真や記事の執筆を通して犬が犬として幸せに過ごせる世界づくりに携わるのが目標。

  • 更新日:

    2020.01.12

この記事をシェアする