magazine

犬種図鑑

2020.01.23

愛らしい見た目のコーギーは運動量が豊富?歴史や性格、育て方まで

短足胴長の体型とプリプリのお尻がキュートなコーギーは、日本でも高い人気があります。今回は、2種類いるウェルシュコーギーカーディガンとウェルシュコーギーペンブロークの歴史や特徴、性格、育て方などコーギーを迎える上で必要な情報を紹介していきます。

#Lifestyle

Author :関 ゆりな/ドッグライター

この記事をシェアする

最初に知って起きたいコーギーのこと

コーギー

ウェルシュコーギーには、実は2種類の犬種があります。日本でポピュラーな方がペンブローク、古い歴史を持つカーディガンの2つです。今回は、簡単にこの2犬種の歴史と特徴について紹介していきます。

コーギーの歴史

ペンブロークもカーディガンもどちらも同じイギリス・ウェールズ州で誕生しましたが、誕生した背景は異なっています。
ウェルシュコーギーカーディガンは、紀元前1200年頃に中央アジアのケルト人によってイギリスに渡ってきた犬とされており、牧畜犬として活躍していたことが記録に残っています。とても古い歴史を持ちながら、世間に知られるようになったのは1925年頃です。

一方、ウェルシュコーギーペンブロークは、1107年頃にヘンリー1世が招いたチャネル諸島の職人によってウェールズ州に連れて来られた短足胴長のスウェーデンの犬とされています。
ペンブロークの初期は、牛追いをしていた牧畜犬でしたが、ヘンリー2世がペットとして飼い、王室で愛された頃から改良が進んで現在のペンブロークに近い形になりました。

コーギーの特徴

コーギーの標準的な体型や被毛タイプを知ることで、体型管理や日頃のお手入れの仕方など気をつけるポイントが分かります。

体型、体質

カーディガンは体高30cm、体重13.5~17kg、ペンブロークは体高約25~30cm、体重はオス10~12kg、メス9~11kgとされています。どちらも筋肉質で、逞しい体つきをしており、機敏で活発です。

毛色、被毛、抜け毛

カーディガンは、どんな毛色でも認められていますが、ボディや頭部にホワイトが多いことは好ましくないとされています。一方、ペンブロークはレッド、セーブル、フォーン、ブラッグ&タンのみになります。
被毛のタイプは、短毛のダブルコートです。オーバーコートとアンダーコートの二重構造になっており、アンダーコートが換毛期になるとごっそりと抜けるため、抜け毛が多い犬種です。
春と秋にある換毛期には毎日のブラッシングが必要ですが、それ以外の時期は週2~3回程度で大丈夫です。

コーギーの性格

コーギー

コーギーは自分よりも大きな牛追いをしていた牧畜犬だったため、とても活発で好奇心旺盛です。明るく陽気で、賢く人と作業することを好みます。どちらも攻撃性はなく、シャイな性格ではありません。
カーディガンは落ち着きがあり、ペンブロークはすばしっこさが優れている部分が違うと言えます。

コーギーの育て方

コーギー

コーギーは、中型犬に分類されますがマンションなどでも飼いやすい犬種です。ここでは、コーギーの育てるに辺り大切な環境面や運動量などについて紹介します。

環境

コーギーは、寒さよりも暑さが苦手で、特に日本の高温多湿の夏場は熱中症になる危険性もあるため、温度調節がしっかりとできる室内飼いが好ましいです。

短足胴長のコーギーは、気をつけたい病気に椎間板ヘルニアがあげられます。
床が滑りやすいと関節などへダメージを与えるため、活発なコーギーが走り回っても大丈夫なよう床にクッションマットやカーペットを敷きましょう。また、ベッドやソファーへの昇り降りなども腰へ負担になるため、スロープやステップを付けるなど生活のなかで予防できる環境をつくりましょう。

運動

コーギーは、かなりの運動量を必要とします。運動不足になると、ストレスによって攻撃的になったり無駄吠えが増えるなどの問題行動が見られることがあります。

室内で暮らしているだけでは、運動不足になるため散歩は1日2回、1回につき30分~60分を目安に行いましょう。ただ人間のペースで歩いているだけでは、体力を発散させることはできないため、早歩きやダッシュを取り入れるなどしましょう。
また、休日は一緒にアジリティやフライングディスクなどドッグスポーツを楽しむなどコミュニケーションを取りながら運動を楽しみましょう。

コーギーと過ごす幸せな時間

コーギー

コーギーは、飼い主に従順で明るく陽気な性格の持ち主で、毎日癒やしを与えてくれるよき家族の一員になってくれます。子犬の頃からしっかりとしつけをすれば、無駄吠えも少なく小さな子どもやお年寄り、他の犬とも仲良く暮らすことができます。
性格もよく、頭もいいコーギーですが、運動不足などのストレスが溜まると不健康なだけでなく、問題行動に発展しかねません。毎日一緒に体を動かしコミュニケーションをしっかりとって、ストレスフリーな生活が送れるようにしてあげましょう。

◎ライタープロフィール
関 ゆりな ドッグライター

関 ゆりな/ドッグライター

ビションフリーゼのココメロ(1歳)とのんびり暮らすフリーランスライター。ココメロの健康のため栄養満点の手作り食を作るべく、栄養学について勉強中。
長年犬を飼ってきた経験を元に、愛犬との生活がより充実できるような、愛犬家の皆様のためになる情報発信を目指します。

この記事をシェアする

知りたい情報を検索!