magazine

犬種図鑑

2020.03.11

キャバプーはどんな犬?両親犬や気になる性格、飼い方をご紹介

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルとトイ・プードルを両親に持つ、キャバプー。両親の温和な性格を受け継ぎ、米国ではセラピー犬としても活躍しています。
今回は、そんなキャバプーの基本的な情報から、特徴や性格、飼い方までをご紹介をします。

#キャバプー / #ミックス犬

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

キャバプーはどんな犬?両親犬のご紹介

キャバプー

キャバプーのようなミックス犬は、血統書がある純血種同士の親犬から産まれた犬を指します。キャバプーの両親犬は、「キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル」と「トイ・プードル」なので、それぞれの名前をとって「キャバプー」と呼ばれています。
まずは、両親犬がどんな子たちなのか見ていきましょう。

キャバプーの両親犬のご紹介

キャバリアとトイプードルは、日本でとても人気の高い犬種です。それぞれの犬種の特徴やサイズ、性格などをご紹介していきましょう。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの基本情報

キャバリアはイギリス原産の小型犬です。体高は約31~33センチ・体重は5~8キロで、一般的に小型犬として知られているトイプードルやチワワ、マルチーズと比べると、少し大きめな体つきをしています。

性格は穏やかで明るく、飼い主さん以外の人や犬にも大変友好的です。おおらかな性格のため、小さな子どもさんがいるご家庭でも、安心して迎えることができる犬種です。

トイ・プードルの基本情報

日本で人気ナンバーワンの犬種トイプードルは、フランス原産の小型犬です。体高は約23~28センチ、体重は2~4キロ程度になります。トイプードルの中でも特に小さなティーカッププードルは、体高23センチ以下、体重2キロ以下となります。

性格は明るく、とてもフレンドリーで、頭の良さは全犬種の中でトップクラスと言われています。小さな体つきですが、元気に走ったり遊んだりすることが大好きな犬種です。

キャバプーの性格や外見の特徴は?

キャバプー

キャバリアの特徴は大きな瞳と大きな垂れ耳、トイプードルはクルクル巻き毛とつぶらな瞳。ミックス犬は純血種と違い、どちらの親犬の特徴が強く出るかで、容姿が少しずつ異なります。産まれた時はお父さん犬に似ていたとしても、成長と共にお母さん犬の特徴が出てくるということもあるようです。

キャバプーの被毛の特徴は、トイプードルに似たふんわりカーリーな子が多いようです。被毛のカラーは、キャバリアに似るとブラック&タン・ルビー・ブレンハイム・トワイライトカラー、トイプードルに似るとアプリコット・クリーム・ブラウンなどの薄めのカラーが出ることが多いようです。

キャバプーの性格は?

フレンドリーで明るい性格を受け継いだキャバプーは、両親犬のどちらに似ても非常に飼いやすいのが特徴です。飼い主さんとのスキンシップを好み、いつもかまってほしい甘えん坊な一面もあります。

他の犬に対しても友好的なので、多頭飼いにも向いていますよ。両親ともに魅力的な犬なので、どちらに似ても可愛いのは間違いないですね。

キャバプーの気になる「しつけ」と「被毛のお手入れ」

キャバプー

実際にキャバプーを家に迎えるときに気になるのは、しつけとお手入れに関することですよね。それぞれについてご紹介します。

キャバプーはしつけが入りやすい

キャバプーは頭が良く、しつけがしやすい犬種です。基本的なおすわりやマテ、またトイレトレーニング程度なら簡単に覚えてくれるはずです。遊びを取り入れながら、短時間で繰り返して教えるのがポイントです。

小型犬ですので、多くの運動量は必要ありませんが、1日1~2回、15~30分程度の散歩が理想的です。また、機敏に走ることもできる犬種ですので、時々ドッグランに連れて行ってたくさん走らせてあげるのもいいですね。

キャバプーは定期的なトリミングが必要

キャバプーの被毛のお手入れは、定期的なトリミングが必要になります。1~2ヵ月に1回、トリミングサロンで伸びた被毛を可愛くカットしてもらいましょう。自宅でのお手入れは、被毛を美しく保つために丁寧なブラッシングが必要です。

魅力いっぱいのキャバプー

キャバプー

今回はミックス犬の「キャバプー」についてご紹介しました。可愛くて賢く性格も良い、多くの魅力を持つキャバプー。これから犬を迎えたいと考えている方は、是非検討してみてはいかがでしょうか。

  • 公開日:

    2020.01.26

  • 更新日:

    2020.03.11

この記事をシェアする