magazine

犬にまつわる雑学

2020.01.19

中国原産の犬の種類は?日本で有名な犬種・中国のペット事情に迫る

長い歴史を持つ中国ですが、中国原産の犬にも同様に古い歴史があります。現在、日本でも中国からやってきた犬たちをよく見かけますね。 今回は「中国原産の犬」のご紹介と、「中国のペット事情」についてもお話したいと思います。その国によって考え方は様々なようです。

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

日本でよく見かける中国原産の犬たち

まずは、中国原産の犬種をご紹介します。全体的に鼻が低めの犬種が多いようです。

チャウチャウ

犬 中国

チャウチャウは3000年以上前の紀元前から中国にいたと思われる、とても古い犬種です。
ライオンを思わせる顔回りの被毛と、愛嬌のある特徴的な顔が日本でも一時期話題になりました。愛嬌のある見ためですが、他の犬に対して自分から攻撃するようなことはなく、警戒心が強く獰猛な一面も持ち合わせています。

この記事もチェック!

ペキニーズ

犬 中国

日本でも人気のペキニーズも中国原産の犬種です。この犬種の歴史も古く2000年以上前から存在していたことが分かっています。
可愛らしい顔と明るい性格が人気です。運動量が少なくてよいため、年配の方にも飼いやすい犬になります。

この記事もチェック!

パグ

犬 中国

鼻ぺちゃで真っ黒の大きな目が特徴のパグも人気の犬種です。 ポテポテと歩く姿も可愛いですね。中国ではその昔、皇帝の愛玩犬として暮らしていた歴史を持っている犬なのです。

この記事もチェック!

シーズー

犬 中国

フワフワのキレイな被毛を持つシーズーは、日本だけでなくヨーロッパでも人気の犬種です。飼い主さんに従順で、大人しい性格のため無駄吠えなども少なく、初めて犬を飼う方にもおすすめできる犬です。

この記事もチェック!

色々話題になる中国産のペットフードは本当に安全?

犬 中国

自分が食べるもの・愛犬に与えるものは「中国産は買わない」という方が多いようですね。 中国産の食べ物の安全性には、疑問な点が多いのも事実です。

過去ドッグフードからメラミンが検出され、多くの犬の命が奪われた事件がありました。その原因は、中国産の小麦グルテンでした。 この小麦グルテンを原材料として使っていたメーカーには、日本でも有名なメーカーも入っており、世間を騒がせたニュースになりました。 メラミンとはプラスチックの原料となる化学物質のことです。もちろん食べ物ではありませんので、口に入ると体にとって有害となります。

中国の業者が、たんぱく質の基準値を上げて質の良いものに見せかけるため、意図的にメラミンを小麦粉に加えたということが分かり、その事件がさらに「中国産は買わない」という風潮を広めたように思います。

愛犬が食べるものは安心・安全なものを!

人よりも体の小さい犬は、体にとってよくない成分の影響を受けやすいものです。 商品パッケージの裏面には、製造国・原材料・添加物の表示が記載されていますので、 気になる方は、下記の点をチェックしてから購入するといいでしょう。

・信頼できる国で作られている
・合成添加物が入っていない
・原材料がはっきりしている

中国には犬を守る法律がない?

犬 中国

テレビやネットで見かけることもある、中国の犬事情。決して動物のことを考えられているとは言えません。

被毛をパンダやトラのようにカラーリングされた犬が日常的に売られており、中でも「パンダ犬」と言われた犬は中国で話題となり、飼いたいという方がたくさん集まったということもあり、大変驚きました。動物をアクセサリーのように捉えた結果、安価で毒性のある染料で染められた被毛を舐めた、たくさんの犬たちが命を落とす、ということにも繋がっています。

にもかかわらず、パンダ犬やトラ模様の犬を作る業者は後を絶ちません。この件に関して、世界中の愛護団体が中国に取り締まるように訴えかけていますが、それに対しての中国側の動きは全くないように見えます。虐待とも言えるこの行為を取り締まるための法律が早く中国にできることを願ってやみません。

動物を大切にする国を見習いたい

犬 中国

今回は「中国の犬事情」についてご紹介しました。世界では、動物の命をとても大切に扱う国がたくさんあります。ドイツ・カナダ・スウェーデン・オランダなどが動物先進国としては有名ですよね。中国でも1日も早く動物を保護する法律ができることを切に願っています。

  • 更新日:

    2020.01.19

この記事をシェアする