magazine

連載 / ブログ

2020.01.10

連載|シニアの愛チワワ|vol.8

君がそこにいる幸せ。君との楽しいお正月

年中行事のなかでも特別な行事のお正月。愛犬とお正月を迎えたのは、うれしいことに15回目です。
愛犬と今まで過ごしてきたお正月についついやってしまった事や、シニア犬と過ごすのんびりとしたお正月の様子などのお話です。

#シニアの愛チワワ

Author :只野 アキ/ドッグライター

この記事をシェアする

お正月にぴったりな防寒着

年末のある日、買い物をしていて立ち寄ったペットショップに、私の心を釘付けにする犬用の洋服が売っていました。それは、冬ならではの防寒着「赤いはんてん」でした。

愛犬が「赤いはんてん」を着た様子を想像して楽しくなる私。まわりのお客様や店員さんは「赤いはんてん」を手に取り、楽しそうにしている私を見て「あのひと、大丈夫かな?」と思ったことでしょう。
これはお正月用にぴったりだと思い、迷うことなく購入を決めました。

自宅に戻り愛犬に着せてみると、思った通りとてもかわいらしく、その姿を見て大満足をしました。「赤いはんてん」を着てこちらを見ている愛犬。そのかわいい姿に悶絶をする私でした。

デイリーに着られるものでないとわかっていても、お正月にぴったりな「赤いはんてん」。これでお正月の寒さ対策は万全です。

新年のご挨拶

新年を迎え、友人や知人、お世話になっている方々に、少しでも楽しい気分になってもらえたらと思い、スマートフォンの写真加工アプリを使って、愛犬の写真を加工し、SNSで公開をしたり、メールで直接送ったりします。
今は愛犬の体調のこともあり、なかなか外出ができないため、このような形で皆様にご挨拶をすることが多くなりました。

なぜパンダなのか?というのはさておき、写真を加工するアプリはいろいろあって、時間が経つのを忘れて夢中になり、加工を楽しんでしまいます。
「かわいいのができたよ」と愛犬に話しかける私。「いまは眠いので、そっとしておいてください」と愛犬から返事が返ってきそうです。

天気がいいお正月の昼下がりに、愛犬と過ごすのんびりとした時間は、いつもに増して特別な時が流れている気がします。

お正月明け恒例行事

自宅で飾っている鏡餅は、プラスチック鏡餅型のケースの中に切り餅が入っている、便利なタイプのものを使っています。
ある年の鏡開きの日、お餅を出し終わった鏡餅型のケースをみて、「何かに似ている」と思いました。

その形に不思議と親近感を覚え、なぜだろう?と考えながら、ふと近くにいた愛犬に目を落とすと。鏡餅のような、丸いフォルムの愛犬が座っていました。
「親近感の原因はこれか!」と思い、鏡餅型のケースに、目と耳を書いてみると「鏡餅型愛犬」ができあがりました。

うれしくなり写真を撮る私とはうらはらに、やる気のなさそうな顔をする愛犬。
鏡開きをした後に、お餅が入っていたケースに顔を書いて愛犬と写真を撮ることが、毎年お正月明けの恒例行事になりました。

2020年も楽しい年になりますように!

新しい年を愛犬と迎えられたことに感謝をしています。そして今年も愛犬と一緒に、穏やかな時間を過ごしていけたらと思っています。

皆様はどのようなお正月を愛犬と過ごされましたか?
2020年も皆様にとって素晴らしい年になりますよう、心からお祈り申し上げます。

◎ライタープロフィール
只野 アキ ドッグライター

只野 アキ/ドッグライター

犬の素晴らしさを皆様にお伝えし、犬を手放さない社会の実現を目指すドッグライターです。
家庭犬ドッグトレーナーとして、トレーニングやイベント運営を経験。愛犬の病気をきっかけにトレーナー業は休止し、現在はドッグライターとして活躍中。
趣味は犬とたわむれること。愛犬との生活が豊かになる情報や、皆様のこころがほんのりと温かくなるような記事をお届けします。

この記事をシェアする

知りたい情報を検索!