magazine

連載 / ブログ

2020.04.22

連載|シニアの愛チワワ|vol.7

君がそこにいる幸せ。サンダーシャツとは?

愛犬がまだ若い頃のお話です。怖がりの気質を持っている愛犬は雷や雨の音をとても怖がりました。
恐怖心や不安感がとても強い愛犬に、恐怖心や不安感を軽減する効果があるとテリントンTタッチの講義で知ったサンダーシャツ。さっそくサンダーシャツの効果を試してみました。

#シニアの愛チワワ

Author :只野 アキ/ドッグライター

この記事をシェアする

怖がりの愛犬

ある日、ゲリラ雷雨があり激しい雷と大雨が降りました。そのとき、私は外で仕事をしており、愛犬は自宅で留守番をしていました。

自宅に戻るといつもいる場所に愛犬がいません。家の中を探すと、愛犬は洗面所の隅っこでがたがたと震えていました。雷や大雨がとても怖かったのでしょう。ずっと洗面所のすみっこで、ひとりで震えていたのだと思うと切なくなり悲しくなりました。

ですが当時私は外で仕事をすることが多かったため、愛犬を留守番させなくてはならず、なんとかしたくてもしてあげられませんでした。そのような恐怖体験をした後は体調を崩すことも多く、突然の悪天候は、恐怖心の強い愛犬を留守番させるときの悩みのひとつでした。

サンダーシャツとは?

サンダーシャツを知ったきっかけは、トレーニングに取り入れようと思って参加をしていたテリントンTタッチの講座でした。

テリントンTタッチは、簡単にいうと「犬の様々な問題を犬のからだにアプローチすることで、問題解決の手伝いをする」ものです。
アプローチ方法はマッサージに似ているものもあれば、包帯のようなものを犬に巻く「ボディラップ」などあります。そのなかのひとつがサンダーシャツでした。

サンダーシャツは恐怖心の強い犬や、不安症の犬などに効果があるといわれている洋服です。犬のからだにフィットした作りのサンダーシャツは、犬が抱しめられているようなしめつけ感が得られ、そのしめつけ感で、犬が感じる不安や恐怖を緩和させる効果があるといわれています。

サンダーシャツを着せてみました

遠くで雷が鳴っている日、愛犬にサンダーシャツ着せて散歩をしてみました。

かすかに聞こえる程度の雷でも、いつもは玄関から出たがらない愛犬でしたが、サンダーシャツを着た愛犬はいつも通り、元気よく歩き始めました。効果は犬によって違うと思いますが、愛犬には効果があったようです。

雷が激しくなりはじめた日に、またサンダーシャツを愛犬に着せてみました。そのときは恐怖心が勝ってしまったようで、サンダーシャツを着ながら震えていました。

サンダーシャツは薬ではないので、徐々に恐怖心を緩和させる段階が必要なのかもしれません。ですが、サンダーシャツを着せるようになってから少しずつ、恐怖心が緩和されていったような気がします。

老犬になった今の君

それからも、サンダーシャツは大活躍をしました。
愛犬が老犬になり、以前よりも恐怖に対して敏感ではなくなりました。雷が鳴っても、大雨が降っても「あれ?」という顔をするくらいで、若い頃のように震えません。

若い頃に怖い思いをたくさんしたため、老化という現象で、恐怖が感じにくくなる贈り物を受け取ったのでしょう。

ゲリラ雷雨がきてもぐっすりと眠っている愛犬。愛犬を守ってくれたサンダーシャツを知れて、今でもよかったと思っています。

◎ライタープロフィール
只野 アキ ドッグライター

只野 アキ/ドッグライター

犬の素晴らしさを皆様にお伝えし、犬を手放さない社会の実現を目指すドッグライターです。
家庭犬ドッグトレーナーとして、トレーニングやイベント運営を経験。愛犬の病気をきっかけにトレーナー業は休止し、現在はドッグライターとして活躍中。
趣味は犬とたわむれること。愛犬との生活が豊かになる情報や、皆様のこころがほんのりと温かくなるような記事をお届けします。

  • 公開日:

    2020.01.03

  • 更新日:

    2020.04.22

この記事をシェアする