magazine

連載 / ブログ

2020.04.22

連載|3匹兄弟のドタバタ日常記|vol.9

へんてこ3兄弟・末っ子バブ「ふにぁ〜の意味」

ひかえめ長男6歳、オレ様次男5歳、末っ子バブ0歳と、保育園へ通う娘と息子、そして誰もが恐れる九州男児のパパと、マイペースなわたし。そんな我が家の末っ子バブの「ふにゃ~」について......。

#3匹兄弟のドタバタ日常記

Author :Rich/愛犬家

この記事をシェアする

突然の「ふにゃ~」

Rich/愛犬家

末っ子バブを迎えてから数日後のある日のこと。
突然「ふにゃ~」という声がした。猫?赤ちゃん?のなき声のような、変な声。

恐るおそるリビングを覗いてみると、声の発信元はまさかの…末っ子バブ!
ひかえめ長男やオレ様次男からは聞いたことのない声に、動揺するわたし。

「どこか痛いの?」焦って近づくと、ケロっとした顔で遊ぼうのお誘い。
「大丈夫そうだけど…いまの何だったんだろう?」とかなり気持ち悪いもやもやを抱えたまま、とりあえずお誘いに乗っかりおもちゃで遊ぶ。

しかし、さっきの声が気になって気になって遊びに全然集中できない......!

二度目の「ふにゃ~」

Rich/愛犬家

数日後「ふにゃ~」またあの声が!!

すかさず末っ子バブのもとへ行くと、どうやら耳を後ろ足でかきかきしながらの「ふにゃ~」だった。
その声はどんどん大きくなり「ふにゃ~ふにゃ~キャンキャン~ふにゃ~」とエスカレート!

もしかして耳が痛いのかな……。
心配になって、すぐに耳の中をチェック。しかし、耳垢がついている様子もなくとってもきれい。

「バブ~どうしたの~本当に心配なんだけど……。」そうして話しかけているうちに、またもやケロっとして遊ぼうのお誘い。
とりあえず、また気持ち悪いもやもやを抱えつつも、お誘いに乗っかりおもちゃで遊ぶ。が、心ここにあらず状態。

後日、爪切りでいつもの動物病院へ行ったとき、先生に相談してみたがやっぱり耳はきれいとのこと。
「変な声......うーん、なんでしょうねぇ~」とちょっと笑いながら先生も原因がわからない様子。

気になる...けど耳は大丈夫そうで一安心。

ここでも「ふにゃ~」

Rich/愛犬家

それから、耳をかきかきするときは必ず「ふにゃ~」と言うことがわかった。

しかし、それだけではなかった。

歯磨きをするのにまだ慣れていないバブは、嫌がって逃げようとするときにもこの「ふにゃ~」をいう。

しっぽやおしりが気になって、お手入れしたいのになかなか思うように届かなくて苦戦しているときにもこの「ふにゃ~」をいう。

ゲージの中で、気分良くゴロゴロしてるときに前足で顔をこすっているときにもこの「ふにゃ~」をいう。

お風呂上り、早く部屋中ダッシュしてお気に入りの毛布にからだをスリスリしたいのに、タオルで拭かれてるときにもこの「ふにゃ~」をいう。

ということは......。この「ふにゃ~」の正体はこうだ。

「やだ~やめてよ~」のとき。
「なんで、なんで届かないの~イライラするぅ~」のとき。
「さいっこう~きもち~」のとき。
「ママ、いいかげんにしてよ~もういいでしょ?」のとき。

......喜怒哀楽をすべて「ふにゃ~」で済ませているのか?笑
もしかしたら「ふにゃ~」の中でも、声の高さとか大きさとか、伸ばす長さとかで、いろいろ意味を使い分けているかもしれない!

ある番組で、お笑い芸人のひとが言っていたのをふと思い出した。
「うちで飼っているサルが、ある日突然大声で泣き始めて、すごく心配したんですよ、けど結局一回鳴いたらすぐにかまってくれたのを覚えてて、鳴くのがクセになってしまったんです」と。
無駄吠えの原理と同じようなことかもしれないが......。

例えば、バブは自分の気持ちが声になってしまうクセがもともとあった(それも変だけど)に加えて、それをするとママが飛んできてくれる。そのあと、遊ぼうといえば遊んでくれる!というパターンを覚えてしまったのではないか?

「ふにゃ~」のタイミングを見てると、どこか痛いわけではなさそうだから一安心だけど、今度はそのパターン化が心配になってきた。笑

バブ流の「ふにゃ~」

Rich/愛犬家

そんなこんなで、日々いろいろなタイミングでバブから「ふにゃ~」を聞くようになった。
はじめは心配で心配でたまらなかったけど、痛みではなさそうなので一安心。

まだ赤ちゃんだから言うのか、もっと大人になってからも言うのか。
これからもこの謎の「ふにゃ~」の観察、原因解明への道はつづく……。

◎ライタープロフィール
Rich 愛犬家

Rich/愛犬家

幼少期から犬、猫、その他小動物と共に暮らす。現在は仕事・子育ての両立をしながら、3匹の愛犬とドタバタな日々を送る。そう、それは毎日が『HAPPY』である。

  • 公開日:

    2020.01.27

  • 更新日:

    2020.04.22

この記事をシェアする