magazine

グッズ

2020.01.21

ドックドッグいぬくつ体験レビュー|初めての犬の靴、攻略できるか?!

最近、日本では大きな災害が連続して起こっています。その度に胸を痛め、自分たちの身に起こった時にどうするかを考えさせられます。 地震により、ガレキなどの中を避難する場合、愛犬たちにも靴が必要なのでは?と以前から考えてはいたのですが、我が家の愛犬たちがおとなしく靴をはいてくれるのだろうかという心配が先に立ち、なかなか用意できずにいました。 ですが今回、念願の犬用靴が手元に届いたので、初めてのくつ体験の詳細をレビューします!おもしろ動画満載なのでぜひご覧くださいね。

#Lifestyle

Author :Qt/家庭犬トレーナー、ドッグシッター、ペットロスケアアドバイザー

この記事をシェアする

初めてのいぬくつ、立ち姿はバレリーナのよう

ドックドッグ いぬくつ レビュー

待望のいぬくつが届いた翌日に、ウキウキしながら早速はかせてみました! 履いてくれるのは、我が家のビッグエンジェル、バーニーズマウンテンの「フォンデュ」(7歳)です。 彼女は、何をされても怒らずすべて受け入れてくれる大きな器の持ち主。今回のモデルにはピッタリです。 初めてのいぬくつ、さてどんな反応を見せてくれるのでしょうか?

あれ?意外といけそうと思ったら・・・

いぬくつをはかせてみたところ、特に嫌がることなく素直にはいてくれました。すごく似合ってます!なんだかバレリーナのトゥシューズのよう。
飼い主の心配をよそに、何のドラマもなくスムーズにレビューが進んでいくのかと思った矢先、やっぱりやってくれました。
フォンデュは期待を裏切りませんねー(笑)

上記の動画をご覧ください。
やっぱり歩けません!前脚に違和感があるようで、バッタンバッタンとクロールのように歩いています。
困ってるのわかってるけど、その姿がかわいくてどうしても笑っちゃう飼い主を許してください!

いぬくつ散歩のデビュー戦

ドックドッグ いぬくつ レビュー

いぬくつをはいてのお散歩デビューをいつにしようかと思っていたら、フォンデュの後ろ脚にちょっとした炎症があるのを発見!
これは、くつをはかせて足を守らなければ!

後ろ脚だけくつをはかせてお散歩

すべての脚にくつをはかせてのお散歩にはまだ不安があったので、まずは炎症のあった後ろ脚2足だけはかせて行くことにしました。
後ろ脚は、くつをはいてもそれほど気にならないようで、特に違和感なく軽やかに歩いてくれました。ホッと一安心。
この調子で前脚も気にせず歩いてくれるといいのだけど・・・。

途中で片方脱げちゃった!

ドックドッグ いぬくつ レビュー

くつを気にせず、普段通りに楽しくお散歩をしていたら、ある瞬間にスポンと抜けてくつが脱げてしまいました。
ベルトがゆるんでしまっていたようで、慌てて拾ってはかせ直しましたが、これは慣れるまで気を付けなければいけないなぁと思いました。
ベルトをきつめにクロスをさせて締めると脱げにくくなり、そのまま帰宅するまで脱げることなく歩けましたよ。

いざ本番!全部の脚にいぬくつをはいてお散歩

後ろ脚の炎症も治まり、コンディションも上々。天気もいいし、いつもよりもちょっと長めの散歩に出かけました。
ベルトが緩まないよう気をつけながらいぬくつをはかせ、さあ出発!

ですが、やっぱり歩けない!前と同じ状況です。前脚を高くあげ、ずいぶん大げさに歩いています。

なぜか速足になるフォンデュ

ほんの50mほど歩いたところで、どうやらくつに慣れてきた様子。良いペースで歩いています。
あら、やればできるコ!
ただ、ゆっくり歩く方が難しいらしく、常に速足で歩いています。私がついていくのがやっとという驚異のペース。
いつもは気になるニオイを嗅ぎながらゆったりと散歩をしていますが、今日はまっすぐ前だけ見て歩いています。
はたから見たら、ずいぶんとしつけの行き届いたおりこうな犬に見えるに違いありません(笑)。

いぬくつのメリット・デメリット

ドックドッグ いぬくつ レビュー

初めてのいぬくつを体験してみて、よかった事と困った事をそれぞれ挙げてみたいと思います。

いぬくつのメリット

いぬくつのメリットを飼い主目線でお伝えします。

愛犬の足を守ってくれる

まず、もともと私がいぬくつをはかせたいと思ったきっかけでもある「愛犬の足を守る」という意味では、とても有効だと思いました。
靴底は柔らかくも丈夫なゴム製なので、悪路でも足が傷つく心配がありません。

お散歩後のケアが楽

雨や雪の日にはかせるのもアリだなと思いました。どちらも外を歩かせる場合には、足がビショビショになってしまい帰った後のケアが大変ですが、くつをはかせれば足が濡れることもないので楽です。
濡れた部分はきちんと乾かさないと菌が繁殖し、炎症を起こす原因にもなってしまうので、そういう意味でもくつは有効だと感じました。

コミュニケーションのきっかけになる

普段から愛犬とのお散歩は、ほかのワンコさんたちや地域の方たちとのコミュニケーションの場でもあると思っているのですが、くつをはいてお散歩をした日は、なんと3人もの方に声をかけられました。
やはりくつをはいている犬は珍しいので、興味を持って声をかけてくださる方が多かったのが印象的です。そこからコミュニケーションが生まれ、犬友達も増えていけばうれしいですよね。これは、くつをはいて出かけてみて感じた大きなメリットと言えます。

いぬくつのデメリット

愛犬フォンデュはまだ慣れないこともあり、くつをはいてのお散歩はちょっと迷惑そう。
それ以外に私が感じたデメリットを正直にお伝えします。

愛犬とくつとの相性

一番心配なのは、くつと愛犬との相性なのではないでしょうか。
幸い、我が家の愛犬フォンデュはすぐに慣れてくれましたが、すべてのコがうまくいくとは限りません。せっかく購入したのに、愛犬がまったくはいてくれないと残念ながら新品のままムダになってしまいます。4足揃えようと思うと決して安い買い物ではないので、1か月間お試しサービスなどがあったら安心して購入できるのではないかなと思いました。

くつのはかせ方に慣れることが大切

あとは、飼い主のくつのはかせ方で愛犬の快適度が変わってしまうということです。
まだお互いにくつに慣れていないので、どこまでベルトを強く締めていいのかわからず、最初はどうしてもちょっとゆるめにしてしまいがち。でも、ゆるめにすると、歩いている途中でくつが脱げてきてしまい、愛犬も歩きにくくなってしまいます。最悪の場合、私のように途中で脱げてしまうこともあるので、しっかりと脱げないようにはかせる練習が必要かなと思いました。

いぬくつは、いざという時にすぐはけるよう日頃から慣らすことが大切

ドックドッグ いぬくつ レビュー

今までずっと気になっていたいぬくつですが、愛犬が何とかはいて歩けることが分かっただけでも私にとっては大きな収穫と言えます。
普段のお散歩で特にはかせる予定はありませんが、雪の日や足にケガをしている時などには是非はかせたいと思いました。
また最初に想定していた災害時にもすぐにはかせられるよう、非常持ち出し袋に入れておこうと思っています。その時に困らないよう、月に1度は「くつの日」を設定して、はかせる側もはく側も感覚を忘れないようにしておくことが大切だと思いました。

愛犬にくつを用意したいとお考えの方は、まずは後ろ足だけ試してみるという始め方もいいのではないかなと思います。また、いぬくつに限らず愛犬の「いざ」に備えて、できる準備は早めにしておく習慣をつけていこうと思いました。

◎ライタープロフィール
Qt 家庭犬トレーナー

Qt/家庭犬トレーナー、ドッグシッター、ペットロスケアアドバイザー

動物愛護の中間支援団体での活動を経て、より多くの人と動物の幸せな生活を支えるお手伝いができればと、家庭犬トレーナー1級やペットロスケアアドバイザーなど複数の資格を取得。
シニア期にさしかかった2匹の愛犬とのゆったりとした幸せな日々に感謝しながら、今日も仕事とライティングのWワークに励みます。

この記事をシェアする

知りたい情報を検索!