magazine

犬にまつわる雑学

2019.12.13

犬将軍「徳川綱吉」は名君だったかも?綱吉がもたらした影響とは

犬将軍と呼ばれた江戸幕府の5代将軍「徳川綱吉」。徳川綱吉と言えば「犬を愛した将軍」というイメージがあるのではないでしょうか。綱吉は生類憐れみの令を発令し、人々の生活を苦しめたとして知られていますが、実はよい影響ももたらしており、その業績は再評価されています。
今回は、犬将軍と呼ばれるようになった由来や、生類憐みの令とはどのようなものだったのかなどについてご紹介します。

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

犬将軍の名前の由来

犬将軍と呼ばれていたのは、江戸幕府の5代将軍である徳川綱吉です。綱吉といえば、殺生を禁止する「生類憐みの令」を発令し、行き過ぎた動物愛護により庶民を困惑させ苦しめた将軍として知られています。人間よりも犬たちを大切にしたという綱吉の犬への偏愛ぶりから「犬将軍」というあだ名が付けられました。

実際のところ、綱吉は東北で大飢饉が起きているという状況のとき、江戸城から約8km離れた中野に約30万坪(東京ドーム20個分)もの広大なお囲い(犬を養育するための施設)を建て、10万頭以上におよぶ犬を保護して養育していました。多くの人々が飢饉で苦しんでいるというのに、犬1頭につき、この時代には贅沢品であった白米3合、味噌、干しイワシを与えいたと言われています。

犬の保護を何よりも優先したことから、「犬将軍」と揶揄されるようになったのです。

犬将軍綱吉が発令した生類憐れみの令とは

徳川綱吉が発令した生類憐れみの令とは、生命を慈しみ憐れむ気持ちを持ってほしいという趣旨のもと、動物をはじめ傷病人や捨て子を保護することを目的としたさまざまな法令の総称です。

生類憐れみの令が最初に発令されたのは1685年で、当時江戸の町では飼い犬の放し飼いが当たり前なうえ野良犬も多く、町にはたくさんの犬が野放しで生活していました。そのため犬が増えすぎて問題となっており、悲しいことに犬を虐待する人なども現れました。

このような問題を解決しモラルを向上しようと、生類憐れみの令が発令されました。発令当初、犬の保護に関する犬愛護令はごく常識的な内容でしたが、法令を守らない人も数多くいたため、どんどん細かな規則が増え厳しくなっていったと言われています。また、犬だけでなく鳥や魚類、虫類の殺生も禁止されていくようになりました。

生類憐れみの令は悪法ではなかった?

生類憐れみの令の内容には、むやみに犬を殺生してはいけない、犬が迷子になったら徹底的に探し出さなければならない、野良犬が近寄ってきたら飼わなければならないなど、様々な決まり事がありました。法令を守らない者は有罪となり、場合によっては切腹も命じられたなどとも言われています。

この生類憐れみの令は、6代将軍の徳川家宣の代になって撤廃されましたが、「意味もなく動物を痛めつけるのは悪いことだ」という意識はそのまま残っていきました。当時は、悲しいことに動物の命が軽く扱われており、犬や馬などは平然と捨てられていた時代です。悪法と言われた生類憐れみの令ですが、この法令がきっかけとなり、人々の倫理観が変化していったとも言えます。

犬将軍綱吉は日本の犬食文化をやめさせた

犬将軍

現在、日本では犬を食べる習慣はありません。しかし綱吉の時代、日本をはじめとしたアジアには、犬食文化がありました。しかし、生類憐れみの令により犬の殺生は禁止されるようになったことで、必然的に犬食文化は衰退していきました。生類憐れみの令は、日本の食文化にも変化をもたらしたと言えるでしょう。

見直されつつある犬将軍と呼ばれた綱吉

犬将軍

犬将軍と呼ばれた綱吉は、悪政を重ね人々を苦しめた将軍として知られています。しかし、生類憐れみの令がきっかけとなって、動物愛護の意識やモラルが向上し、犬食文化を駆逐したという意味で大きな貢献も果たしました。そんな綱吉は、実は名君だったのではないかと再評価する声も上がっています。

この記事をシェアする