magazine

  1. トップページ
  2. MAGAZINE
  3. 愛犬の里親探しの方法|愛犬の幸せを引き継いでもらうために
犬を迎える

2019.12.13

愛犬の里親探しの方法|愛犬の幸せを引き継いでもらうために

心から愛する愛犬と、やむを得ない理由でお別れしなくてはいけなくなったらどうしますか?
最後まで愛犬のお世話をしたいと強く願っていても、飼い主さんが病気や怪我などの理由で、どうしても愛犬のお世話ができなくなってしまうこともあります。
そんな時には里親さんを探さなければなりません。
今回は、愛犬のために信頼できる里親さんを探すにはどうしたらいいのか、その方法を詳しくご紹介していきます。

Author :docdog編集部

犬の里親探しのシステム

犬 里親探し

まずは、里親探しのシステムからご説明したいと思います。
里親さんを見つけるためには、大きく分けて3つの選択肢があります。

保健所に相談する

地方自治体で犬の管理を担当するのは、ほとんど場合は保健所です。道で迷子になっている犬たちは、まず保健所にやって来ます。
愛犬の里親さんを探す際にも、保健所が力になってくれることもありますが、自己都合(病気、入院などを含む)で愛犬を手放す場合には、必ずしも保健所で引き取ってくれるわけではないので注意が必要です。まずは保健所に相談してみるというのは有効ではありますが、絶対ではないということを念頭に置いておきましょう。
ただ、里親募集の貼り紙などは貼らせてくれる所が多いので、チラシを作って多くの人の目に留まるような掲示から始めてみるのも第一歩としては有効だと言えるでしょう。

近くの動物愛護団体に相談する

市内や県内の動物愛護団体へ相談するのも、愛犬の里親さんを探す1つの方法です。
団体によって引き取りの条件などが違うので一概には言えませんが、やむを得ない理由で愛犬のお世話ができなくなった時には里親さんを探すお手伝いをしてくれます。
里親さんが見つかるまで一時預かりさんが付くようなシステムを設けている団体もあるので、ご自身の状況や愛犬の特徴、性格などを詳しく説明し、信頼できる里親さんを見つけるお手伝いをお願いしてみましょう。

インターネットサービスを利用する

インターネット上のサービスを利用して、里親さんを見つけるという方法もあります。
里親サイトとしては「ペットのおうち」などが有名です。ご自身の愛犬を登録すると、誰でもその情報にアクセスできるようになり、その情報を見て里親希望の方が応募してくれるのを待ちます。里親さん候補が見つかったら、インターネットを通じて当人同士が個別にやり取りをし、その方にお願いするかどうかを決めていきます。
引き渡しは原則は本人が行いますが、第三者の立ち合いも可能で「譲渡スポット」と呼ばれる、ドッグカフェや愛護団体などの施設を利用しての引き渡しも可能です。

愛犬の里親探しにはサービスを併用しよう

犬 里親探し

愛犬の里親さんを見つける際には、上記のどれか1つを選ぶのではなく、いくつかのサービスを併用して探していくことをおすすめします。
どの探し方にも多少のメリット・デメリットはあるので、それを補完するためにも1つに絞るのではなく、愛犬の今後の幸せのためにも広く探していくのが良いのではないでしょうか。

また、資産に余裕のある方は「ペット信託」という選択肢もあります。司法書士や行政書士事務所などで法的に有効な文書を作成し、愛犬や財産を託す方への条件などを設定しておけば、愛犬の今後をお願いしたい人を指定してお任せすることができます。遺言書とは違い、信託は生前でも発効できるのが特徴で、飼い主さんが入院してしまった場合などにも安心です。

愛犬の里親探しに困らないよう早めの準備をしておこう

犬 里親探し

今まで毎日一緒に過ごしてきた大切な愛犬を、望んで手放す飼い主さんなんていませんよね。でも、愛犬の一生の幸せを考えるなら、まずは「いざ」という時に困らない用意をしておくことが大切です。

身近な方に愛犬をお願いできるような普段からの関係作りや、かかりつけの動物病院を決めておくなど、最悪の事態が起こった時にも困らないようにしておきましょう。余力のある方は、お近くのボランティア団体でお手伝いなどをして、地域の方たちとのつながりを作っておくことも大切です。
「いざ」は突然やってきます。愛犬のためにできる事は早めに準備しておいて、その時に後悔のないような選択ができる環境を整えておきましょう。

この記事をシェアする

知りたい情報を検索!