magazine

住まい / 生活

2019.12.12

ペットロスを乗り越えてほしい|かける言葉や気を付けること

犬を飼っていると、必ずいつかは直面するペットロス。犬は人よりも寿命が短く、多くの場合飼い主よりも先に亡くなってしまいます。
ここでは、ペットロストは何か、ペットロスの人にかける言葉やペットロスからの立ち直り方について解説していきます。

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

ペットロスって?

ペットロス

ペットロスを直訳すると、「ペットを失う」という意味になります。愛犬を失うと誰もが悲しみを経験しますが、中には失った痛みや悲しみを乗り越えられない人がたくさんいます。
ペットロスは精神的にも身体的にも大きな負担になり、様々な症状を発症することがあります。ペットロスが原因で、身体や精神に症状を発症することを、ペットロス症候群といいます。

ペットロス症候群とは?

ペットロス症候群で苦しんでいる人は、突然、大きな悲しみに襲われることがあります。また、食欲がなくなったり、夜に眠れなくなったりすることがあります。なかには胃痛など身体の痛みを感じる人もいます。ペットロス症候群は深刻化するとうつ病などに発展することもあり、適切に向き合う必要があります。

ペットロス症候群は、ほとんどの場合時間の流れとともにと回復に向かいますが、症状が1ヶ月以上も続く場合は病院で相談することをおすすめします。

ペットロスの人にかける言葉

ペットロス

ペットを飼っていない人や、失ったことのない人は、ペットロスで苦しんでいる人にかける言葉が分からないかもしれません。ここでは、ペットロスで苦しんでいる人にかける言葉を紹介していきます。また、どのような態度で向き合うべきかを解説していきます。

かける言葉よりも話を聞くことが大切

ペットロスで苦しんでいる人には、励ましの言葉をかけるよりも、話を聞くことが大切です。ペットロスで苦しんでいる人の話をよく聞き、受け止めてあげるようにしてください。ペットロスで苦しんでいる人にとって最大の助けになるのは、常に支えてくれる人がいるということです。こまめに調子を尋ねて、助けが必要な時には手を差し伸べてあげるようにしてくださいね。

ペットの思い出を尊重する

ペットロスで悩んでいる人が周りにいる場合、ペットの思い出を尊重する方法を提案してあげることがおすすめです。ペットのお葬式やアルバム作りなど、ペットとの楽しい思い出を大切にするための方法はたくさんあります。

かけないほうがいい言葉は?

ペットロスの感じ方は人それぞれ違います。そのため、人のペットロスと自分のペットロスを比較しないことが大切です。「私のペットがなくなった時は…」「私もその気持ちがよくわかる…」という言葉は慰めになる気がしますが、実際にはそうではない場合が多いです。

ペットロスで苦しんでいる人に「ただの犬だから…」や「人じゃないのにどうしてそんなに悲しいの?」という言葉は絶対にかけないようにしてください。ペットロスで苦しんでいる人にとってはペットは家族の一員で、かけがいのない存在です。このような言葉は助けにならないだけではなく、不快感や怒りをもたらすことがあります。

ペットロスからの立ち直り方

ペットロス

ペットロスとの向き合い方や、かかる時間は人それぞれです。しかし、ペットがもういないことを認め、ペットがいない生活に少しづつ慣れていくことが非常に大切です。ペットを失った痛みや悲しみが完全になくなることはありませんが、その痛みや苦しみとうまく生きていく方法を見つけることができます。

心の準備が出来次第、ペットの写真やビデオなど、様々な思い出を振り返ることがおすすめです。ペットとの思い出を振り返るのも苦しいかもしれませんが、思い出を振り返ることで楽しい記憶を甦らすことができます。

ペットロスと向き合っていこう

ペットロス

ペットロスは非常に悲しい経験です。その上に、ペットを失った悲しみを理解できなかったり、ペットの大切さを軽視する人がいると余計に辛いです。しかし、時間が傷を癒してくれることを覚えておいてください、また、周りにペットロスで苦しむ人がいる方は、ペットの楽しくて幸せな思い出を大切に、話をよく聞いて、本人が自分のペースで向き合っていけるよう静かに支えてあげてくださいね。

  • 更新日:

    2019.12.12

この記事をシェアする