magazine

しつけ

2020.03.11

ジャックラッセルテリアのしつけは難しい?お悩み別解決方法を紹介

愛くるしい表情と、活発に遊ぶ姿が可愛らしいジャックラッセルテリア。アメリカ映画「マスク」に登場したり、某マダニ駆除薬のCMに起用されたこともあり日本でも人気があります。しかし、ジャックラッセルテリアの特徴をよく知らずに飼育してしまうと、しつけに手を焼いてしまうかもしれません。ここでは、ジャックラッセルテリアのしつけや問題行動、お悩み別解決方法についてご紹介します。

#ジャックラッセルテリア

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

ジャックラッセルテリアのしつけを行う前に

ジャックラッセルテリア しつけ

ジャックラッセルテリアのしつけを行う前に、性格や特徴について知っておきましょう。

ジャックラッセルテリアの特徴

イギリス生まれの小型犬、ジャックラッセルテリアは狩猟犬で、キツネの巣穴にもぐり込みキツネを追いたてる仕事を担っていました。そのため、動くものに即座に反応し、行動に移すことができます。身体能力が非常に高く引き締まった筋肉質な身体をもち、小さな身体からは想像できないほどエネルギッシュです。

ジャックラッセルテリアの性格

しつけを行う前に、性格を知っておくことはとても大切です。ジャックラッセルテリアは好奇心旺盛で狩猟欲求が強く、活発です。強いテリア気質を持ち頑固で負けず嫌いで、思い込んだら一直線で周りが見えなくなってしまうことがあります。ポジティブでよく遊び、家族に対して友好的ですが、他人の命令に従うことは少なく警戒心が強いので、良い番犬になります。

ジャックラッセルテリアの問題行動

ジャックラッセルテリア しつけ

犬にとっては本能に従った自然な行動であっても、飼い主さんにとって放っておけないような困った行動を問題行動と呼びます。ジャックラッセルテリアでは「無駄吠え」や「咬みつき」といった問題行動がよく見られます。

無駄吠え

猟犬として活躍していたジャックラッセルテリアは、獲物を捕らえたときにことをハンターに知らせるために吠えていたため、その鳴き声は大きく、吠えやすい犬種と言われています。飼い主さんの気を引きたいときや何か要求したいときに吠えますが、吠え続けることで騒音トラブルになってしまうことがあります。

咬みつき

もともと狩りを得意としていたジャックラッセルテリアは、本能的に散歩で遭遇した動物や虫などあらゆるものに興味を示します。きちんとしつけをしておかないと、そのまま咬みついてしまい事故につながることがあります。

ジャックラッセルテリアのお悩み別解決方法

ジャックラッセルテリア しつけ

ジャックラッセルテリアのお悩み別解決方法を2つご紹介します。

来客時に吠える

宅配業者や来客があり、インターホンが鳴ったり知らない人が家に来るとジャックラッセルテリアは警戒して吠え、特に自宅に上がる人に対しては、飼い主を守ろうと激しく吠えます。

吠えている間は話しかけず、鳴き止んだらすかさず褒める

ジャックラッセルテリアが吠えたときに抱き上げたり、「こらこら、静かに」などと話しかけてしまうと、犬は飼い主さんに褒めてもらえたと勘違いしてしまいます。吠えたときには手を叩くなど大きな音を立てて驚かせ、吠えることをやめたらすぐに褒め、鳴き止むと良いことがあると学習させましょう。

遊んでいると咬んでくる

活発で遊ぶことが大好きなジャックラッセルテリアは、遊んでいるうちに興奮して飼い主さんに咬みついてくることがあります。

咬ませることを癖にしない

遊びの最中に咬みついてきたら、遊びを中断しましょう。甘咬みで痛くないから、我慢できるからと咬むことを許してしまうと、咬み癖がついてしまいます。手を高く上げて咬めないようにしたり、無視をして飼い主さんは別の部屋に行くなど、咬むと遊んでもらえなくなることを学習させます。仔犬期は乳歯の生え変わりで口の中が痒くて噛みたい場合もあるので、ロープなど噛むおもちゃを与えることで欲求を満たしてあげることも大切です。

ジャックラッセルテリアを理解して愛情たっぷりにしつけを

ジャックラッセルテリア しつけ

賢くエネルギッシュなジャックラッセルテリアは、ほかの犬種以上と比較しても子犬の頃からきちんしたしつけが大切です。しつけが難しい犬種とも言われますが、信頼関係を構築してしつけが成功すれば、元気でおちゃめなパートナーとなり、飼い主さんの生活をより豊かなものにしてくれるでしょう。

  • 公開日:

    2019.12.31

  • 更新日:

    2020.03.11

この記事をシェアする