magazine

住まい / 生活

2019.12.17

屋外での犬の寒さ対策はどうすべき?屋外でのおすすめの寒さ対策を紹介

冬の寒さが厳しくなる中、犬の寒さ対策について本格的に考えている人も多いのではないでしょうか?犬が快適に冬を越すには、適切な寒さ対策にしっかりと取り組むことが非常に大切です。特に屋外での寒さは厳しく、寒すぎると楽しい時間が台無しになってしまいますよね。ここでは、屋外で飼育されている犬や、屋外での散歩中の寒さ対策を紹介していきます。

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

どんな犬でも屋外・野外の寒さ対策は必要?

犬 屋外 寒さ対策

まずはじめに考えたいのが、自分の犬に寒さ対策が必要かどうかということです。犬は全身が毛で覆われているため、冬の間でも寒さ対策が必要ないと考える人がたくさんいます。しかし、必ずしもそうとは限りません。ここでは、自分の犬に寒さ対策が必要かどうかを見極める方法を解説していきます。

寒さに弱い犬種と強い犬種を理解する

現在では400以上もの犬種がいますが、その中には寒さに強い犬種もいれば、寒さに弱い犬種もいます。自分の犬種が寒さに強い犬種かどうかを知ることで、より適切な環境を整えやすくなります。小型犬や毛の短い犬種は寒さに弱い傾向があるので、注意が必要です。

犬の様子をこまめに確認するようにしよう

犬が寒がっているかどうかを見極めるのに一番の目印は、犬の様子です。犬が縮こまって寝ていたり、震えていたりしているのであれば、寒がっている可能性が高いです。犬種がなんであれ、寒さ対策に取り組むようにしましょう。

屋外・野外で飼育されている犬の寒さ対策

犬 屋外 寒さ対策

屋外で飼育されている犬の寒さ対策には真剣に取り組まなくてはいけません。1月や2月は特に寒く、寒さに強い犬でも寒さ対策が必要です。犬が毎日の生活を快適に過ごせるように、犬が過ごしやすい環境を整えるようにしてくださいね。

犬小屋を暖かくしよう

屋外で飼育されている犬のためには必ず犬小屋を準備するようにしてください。また、少しの工夫をすることで犬がさらに快適に犬小屋の中で過ごせるようにすることができます。ここでは、犬小屋をさらに暖かくするためのポイントを解説していきます。

ブランケットやベッドなどを入れると効果的

ブランケットやベッドを入れることで犬小屋をさらに暖かくすることができます。また、可能なのであれば、ブランケットをまるめ、その真ん中で犬が眠れるようにすることがおすすめです。こうすることで、普段はあらゆる角度から熱が放出するのに対して、上からしか熱が放出できなくなるので、さらに効率的に熱を保つことができます。

雨風がしのげる作りにしよう

犬小屋の中には雨や風が入らないようにすることが大切です。屋根を丈夫にしたり、カバーをするなど、犬が安心して犬小屋の中で過ごせるようにしてくださいね。

犬の寝床は地面から少し高いところが最適

犬小屋を地面から少し高いところに設置することで、犬小屋の中の保温性をさらに高めることができます。簀子(すのこ)などを利用して、犬小屋を地面から離して設置するようにしてください。

犬を屋外・野外で運動させるときの寒さ対策は?

犬 屋外 寒さ対策

室内と屋外のどちらで飼育しているにしろ、ほとんどの犬は冬も散歩にいかなければいけません。冬の寒さは厳しく、短時間の散歩でも犬が寒がってしまうかもしれません。そのため、犬に散歩やスポーツなど運動をさせるときにもしっかりと寒さ対策をすることが大切です。

犬の散歩時間を調整しよう

夏の間は暑さを凌いで夜や早朝に散歩をする人が多くなります。しかし、冬はそれとは逆に、昼間に行くのがおすすめです。昼間は気温が最も高く、朝や夜ほど温度が低くありません。また、あまりにも寒い日は散歩の時間を短くし、犬の負担にならないように心がけることが大切です。

寒さ対策の犬グッズを活用しよう

最近では犬の寒さ対策グッズがたくさん販売されています。犬の寒さ対策に本格的に取り組みたい人は、犬の寒さ対策グッズの購入をおすすめします。犬用のジャケットや靴を活用することで、犬がさらに快適に運動を楽しむことができます。

屋外・野外も寒さ対策!快適な冬を犬と楽しもう

犬 屋外 寒さ対策

ここでは、犬の寒さ対策について詳しく解説していきました。大切な犬だからこそ、寒い冬の季節も快適に過ごして欲しいですよね。愛犬に合った寒さ対策に取り組み、犬が寒がらなくてもいいようにしてくださいね。

この記事をシェアする

知りたい情報を検索!