magazine

住まい / 生活

2019.12.07

愛犬がこたつに入りたがるけど大丈夫?注意すべきことを解説

体をポカポカと温めてくれるこたつは、寒い冬に欠かせないですよね。そんなこたつは人間だけでなく犬や猫も入りたがり、こたつの中でずっと寝てしまうといったことも珍しくありません。しかし犬や猫をこたつに入れる際には、気をつけないと健康を損ねることがあります。注意点を知っておくようにしましょう。

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

冬に愛犬をこたつに入れても大丈夫?

犬 冬 こたつ

犬は寒さに強いというイメージがあるかもしれませんが、被毛の構造によっては寒さに弱い犬種もいます。また、寒冷地の出身で被毛が密集している犬種でも、寒さには比較的強いものの、冬はやはり寒いと感じています。そのため、こたつが大好きという犬は意外にも多くいます。

ただし、こたつで温まる愛犬をそのままにしていると、思わぬトラブルになりかねないため注意が必要です。

低温やけどをする可能性がある

犬が長い時間こたつの中で寝てしまうと、低温やけどをする可能性があるので注意が必要です。低温やけどは、体温よりもやや温度が高いものに長い時間触れ続けると起こります。

製品にもよりますが一般的に「弱」で温度設定をしても、こたつの中の温度は40度前後と言われています。犬の平均体温は38度くらいなので、全身をすっぽりこたつに入れたまま長い時間過ごしてしまうと、低温やけどをするリスクがあるということです。

脱水症状にも注意

ポカポカと暖かいこたつに入ると出たくなくなることがありますが、これはこたつ好きの犬も同様です。こたつの中でずっと寝ていると、低温やけどだけでなく脱水症状になることもあります。

愛犬をこたつに入れる際に気をつけることは?

犬 冬 こたつ

低温やけどや脱水症状にならないよう、愛犬をこたつに入れる際は以下のことに気をつけましょう。

こたつの中が温まりすぎないように温度調節する

愛犬がこたつに入っているときは、必ず温度を「弱」に設定しましょう。なお、温度設定を低くしても、やはりこたつの中の温度はそれなりに高いため、どこか1箇所こたつ布団を軽くめくるなどして、外から空気が入るようにしておくことも肝心です。
加えて、途中で電源を切ってこたつの中の温度を下げるなどもするようにしましょう。

全身をこたつに入れないようにする

愛犬の全身がこたつの中に入っていると、体が温まりすぎてしまうので、上半身は出すようにしましょう。下半身だけこたつに入っている状態でも、寒さから体は十分に守れるので大丈夫です。

ペット用のこたつを使用するのもおすすめ

愛犬がこたつ好きでも人間用のこたつに入れるのが心配な場合は、ペット用のこたつを使用するとよいでしょう。ペット用のこたつは人間用のこたつよりも、温度設定が低くなっています。また、コードに保護カバーがついているものもあり、噛んで感電しないようになっているので安心です。

ペット用のこたつはいくつか種類がありますが、中でもおすすめなのはドギーマンの「ペットの夢こたつ」です。室温20度で使用した際にこたつの中の温度が31度になるように設定されており、人間用のこたつのような熱さがないので安心です。また、天板を通してこたつの上も暖かくなるので、こたつの中だけでなくこたつの上でも体を温められます。

Amazon商品ページはこちら

寒い冬はこたつで愛犬と快適に!

犬 冬 こたつ

寒い冬は犬もこたつに入りたがりますが、長い時間こたつに入れたままにすると、低温やけどや脱水症状を起こすことがあるので注意が必要です。必ず温度設定を「弱」にし、上半身が出るようにしましょう。また、人間用のこたつだと心配な場合は、ペット用のこたつを使うことをおすすめします。安全かつ快適に愛犬が過ごせるように配慮してあげてくださいね。

この記事をシェアする