magazine

お出かけ / 遊び

2019.12.30

犬と雪遊びを楽しもう!遊ぶときの注意点やおすすめアイテムをご紹介

人も犬も、寒い季節は引きこもりがちになり、ついつい愛犬との散歩の距離も短くなってしまいませんか?でも、雪が積もったときはぜひ犬を連れて外に出かけてみましょう。冬の寒さが苦手な犬もいますが、犬の多くはふわふわの雪で遊ぶことが大好きです。ここでは、犬との雪遊びの楽しみ方や注意点、おすすめのアイテムについてご紹介します。

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

犬との雪遊びの楽しみ方

犬 雪遊び

雪が積もったら、犬を連れて外に出てみましょう。いきなり雪の上に降ろすとびっくりしてしまうことがあるので、まずは雪を見せて臭いを嗅がせたりして安心させてあげましょう。犬との雪遊びの楽しみ方を3つご紹介します。

追いかけっこ

初めて雪遊びをする場合、まず雪の楽しさを知ってもらうために雪上を歩き、慣れてきたら走ったり、追いかけっこして遊びましょう。走ることで犬は運動不足の解消ができ、ストレス発散にもなります。飼い主さんは犬に引っ張られて転倒しないよう気をつけましょう。

雪玉遊び

ボール代わりに、雪を軽く握った雪玉を投げて遊んで遊んでみましょう。犬は口でキャッチしたときの雪が崩れる感覚や冷たさが面白いようです。ボールのように固くないので怪我の心配も少ないでしょう。

そりすべり

犬が嫌がらなければ、上級者向けの遊び方としてそりすべりもおすすめです。乗ることを教えるために、ドッグフードの粒やおやつをそりの上に置き、慣れたらそりを少しずつ動かしてみましょう。初めは平面で遊び、犬の様子を見ながら徐々に傾斜のある場所も滑らせてみましょう。

犬の雪遊びの注意点

犬 雪遊び

つい夢中になってしまう雪遊びですが、安全に遊ぶためには気をつけたい注意点があります。

肉球のしもやけや怪我

犬の肉球は、長時間雪に触れることでしもやけや凍傷になるという注意点があります。また、雪の下にあるガラスなどを踏んで怪我をしてしまうこともあります。雪遊びをさせるときには、寒さ対策や犬用のシューズの着用をおすすめします。

雪玉対策

犬の被毛に付着した雪は、犬の身体から出る蒸気などにより固まり雪玉になります。そこへ更に雪が付着していくことで、雪玉は大きくなって重みも増していきます。雪玉は一度できるとなかなか取れず、無理に取ると被毛が抜けたり痛い思いをします。特に長毛種は雪玉が付きやすいので、全身を覆うスノーウェアを着用すると良いでしょう。

嫌がる場合は無理をしない

飼い主さんが犬と雪遊びしたくても、犬によっては雪遊びを好まないことがあります。無理に連れ出すことで反って雪の日の外出を嫌がるようになる可能性もあるので、犬の様子を観察し、怖がっていれば無理に遊ばせないようにしましょう。

犬の雪遊びで役立つおすすめアイテム

犬 雪遊び

犬と雪遊びを楽しむための、おすすめアイテムについてご紹介します。

OTOKU 犬用レインコート

全身をすっぽり包み込むタイプのレインコートで、雪玉対策にもぴったりのおすすめアイテムです。背中開きなので着脱しやすく、服の表面には撥水加工、縫い目には防水加工が施されています。特徴的なデザインでファッション性が高く、遠くで遊んでいてもすぐに見つけることができます。

Amazon商品ページはこちら

docdog(ドックドッグ)いぬくつ/レッグガード

docdog(ドックドッグ)いぬくつは、2019年秋に新発売となった本格派ドッグブーツです。滑り止め機能のあるラバー底は頑丈で、長い丈に二重巻きのベルクロを巻きつけることで、脱げにくくなっています。雪遊びで気になる足周りの雪玉は、docdog(ドックドッグ)レッグガードを一緒に履けば防ぐことができます。靴のベルクロを通すことができるストラップ付なので、深い雪で遊んでいる時でも靴がどこかで脱げてなくなった!ということがないのも嬉しいポイントです。

『ドックドッグ いぬくつ』のAmazon商品ページはこちら

『ドックドッグ レッグガード』のAmazon商品ページはこちら

docdog(ドックドッグ) 肉球クリーム

雪遊び後の肉球ケアにおすすめのアイテムです。国際的なオーガニック認定機関「エコサート」の認証済みで、舐めても安心です。保湿効果か高いので、雪遊びの後のお手入れや日常的なケアにもおすすめです。

Amazon商品ページはこちら

犬と雪遊びをしたら、十分にアフターケアを

犬 雪遊び

雪遊びを楽しんだあとは、しっかりと身体のお手入れをしましょう。犬の身体が冷えないようタオルで水分を拭き取り、ドライヤーで乾かします。肉球は乾燥を防ぐために保湿クリームを塗ってあげても良いでしょう。限られた時期にしかできない雪遊び、ぜひ愛犬と一緒に楽しんで下さい!

  • 更新日:

    2019.12.30

この記事をシェアする