magazine

健康管理 / 病気

2020.02.20

獣医師になるには?気になる資格取得方法や仕事内容などを解説

動物専門で診察を行う獣医師は、内科・外科・歯科・眼科・産科などすべての診察を行う動物医療のスペシャリスト。なりたい職業ランキングでも上位をキープしていることもあり、獣医師の仕事はこどもの憧れの職業でもあります。では、一体どうすれば憧れのかっこいい獣医師になることができるのでしょうか?ここでは、意外と知られていない幅広いジャンルの獣医師の仕事内容や、獣医師になるための資格取得方法等をご紹介していきます。

#犬にまつわる仕事/資格

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

獣医師に目指す前に考えてみよう!獣医師の仕事って?

獣医師 になるには

獣医師と聞くと、真っ先に思い浮かぶのが動物病院かもしれません。獣医師は、内科・外科・歯科・眼科・産科などすべての診察を行う動物医療のスペシャリストとして日々活躍をしています。

しかし、実際のところ獣医師の仕事の幅は、それだけではありません。実は「獣医師」の資格を持つ方々は、動物病院をはじめ、農協の畜産の診察・動物園の動物たちの診察、製薬・食品会社・地方自治体の保健所・検疫所など様々な分野で活躍をしています。

まさに動物のエキスパートといった存在ですが、このように、獣医師がカバーする仕事範囲は多岐に渡る一方、年々獣医師の数が不足しているという問題もあり、その必要性が更に問われています。

獣医師になると何ができる?

獣医師 になるには

獣医師と聞いて最初に思い浮かぶのは、動物病院かもしれません。 しかし、実際には国家試験で獣医師免許を取得することで、上述の通り、動物病院以外の場でも活躍をすることができます。

ここでは、獣医師免許を取得した後、どのような仕事に就職できやすいのかをご紹介していきます。

動物病院

獣医師の就職先の50%を占めるのが、動物病院です。動物病院の就職率は最も多く、就職率もほぼ100%と言われています。

農協・動物園

農協が提携している畜産牧場の家畜の診察や管理や動物園の動物たちの健康管理を行う仕事です。

製薬会社・食品会社

薬や食品の研究開発を行う上で必要な実験動物の管理や品質管理をする仕事です。

地方自治体

保健所・食肉衛生検査所などで、食肉の衛生管理や人獣共通の感染症対策などを行う仕事です。地方自治体で勤務する場合、獣医師は地方公務員になります。

検疫所

空港や港などにある検疫所で、輸出入される動物の伝染病や感染症などの検査をする仕事です。

獣医師になるには?資格取得方法から

獣医師 になるには

なりたい職業ランキングでも上位をキープしている獣医師ですが、獣医師は国家資格が必要なため、誰でも簡単になれるというわけではありません。ここでは、獣医師になるための資格取得方法をご紹介していきます。

大学に通い受験資格を得る

獣医師になるには、獣医学部や獣医学科がある大学で6年間学ぶ必要があります。獣医系の大学は、国立で東京大学・北海道大学・東京農工大学・帯広畜産大学・山口大学・鹿児島大学・岩手大学・岐阜大学・鳥取大学・宮崎大学・大阪府立大学の11校、私立では日本大学・麻布大学・北里大学・日本獣医生命大学・酪農学園大学の5校と、全部で16校しかなく、狭き門と言われています。

まずは、これらの学校に入学し受験資格を得ることが必須です。

国家資格に合格する

獣医師になるためには、最終的には獣医師国家試験に合格する必要があります。 大学で、動物に特化した科目を学んだ後、2月の中旬に行われる国家試験に受験し、見事合格することで獣医師の資格を取得することができます。

獣医師になりたい?一歩を踏み出そう!

獣医師 になるには

いかがでしたでしょうか?ここでは、獣医師になるために必要な資格取得方法や仕事内容をご紹介してきました。動物の命を守る仕事は、時に場面にも遭遇することがありますが、とてもやりがいのある仕事です。動物が好きで動物や飼い主さんの役に立ちたいと思う方は、ぜひ「獣医師」という仕事に目を向けてみてくだい。その一歩が、動物の命を救うきっかけになるかもしれません。

  • 公開日:

    2019.12.05

  • 更新日:

    2020.02.20

この記事をシェアする