magazine

健康管理 / 病気

2020.02.20

大学か専門学校か?動物看護師になるための方法について知りたい

動物への想いが強い方の中には、ペット関連の専門職に就きたいと考える方も多いでしょう。
ペットの健康を守る上で重要な仕事をする「動物看護師」について、どんな仕事をする職種で、資格を取るまでにいくらくらい費用がかかるのかなどについてご紹介します。

#犬にまつわる仕事/資格

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

動物看護師の仕事内容

動物看護師 大学

動物看護師は、動物病院などで獣医師のサポートをするのが主な仕事内容です。具体的には、以下のようにサポート業務が多いです。飼い主さんとコミュニケーションをとる時間も長いので、飼い主目線で話ができることが求められるでしょう。

・診察や注射のサポート
・脈拍や体温のチェック
・検査の手続き
・手術の準備とサポート
・薬の用意と説明(内服薬や塗り薬)
・疾病の注意事項の説明
・器具や装具などの使い方の説明
・器具や装具の洗浄
・入院中の動物のお世話

まだまだある!こんな仕事も動物看護師さんの仕事

実際に診察室で獣医師のサポートをするだけではなく、事務方のお仕事を任されることもあります。動物看護士のサブ業務には、以下のようなものが挙げられます。

・待合室や診察室の掃除
・受付業務(カルテの管理、会計業務/一般会計とペット保険を使った会計など)
・飼い主さんへの食事や栄養管理の指導
・ペットホテルの動物のお世話

動物看護士になるために学ぶべきことは?

動物看護師 大学

実は、動物看護師になるためには、大学・専門学校卒業などの学歴は特に必要ありません。
しかし、多くの動物病院では、統一認定試験を受験し「認定動物看護師」の資格を有する人、という採用条件があるのが一般的になっています。以前は、無資格でも採用されることもありましたが、現在ではこの資格は必須条件であることが多くなりました。

動物看護師に必要なことが学べる学校とは

動物看護師を目指すためには、病気や動物の生態についての「基礎動物看護学」や「応用動物看護学」「臨床動物看護学」という専門の知識が必要です。
動物看護師になるための学校には次のようなものがあります。

・動物看護関連の専門学校
・動物看護に関する学科がある短期大学
・動物看護に関する学科がある大学

これらの教育機関で単位を取得し、専門課程を修了することで、認定動物看護師の資格(統一試験)を受験することができます。ただし、動物看護師統一認定機構が推奨している、コアカリキュラムを学べる専門学校や大学である必要があります。

気になる学費

学校により多少の学費の違いはありますが、目安としては、初年度に入学金を含めて100万~150万円、次年からは100万~120万円程度の学校が多いようです。それにプラスして教材費などが必要になります。

動物看護師統一認定試験の概要

動物看護師 大学

統一認定試験を受けるためには、大学や専門学校で単位を取得し、専門課程を修了する必要があります。
動物看護師統一認定試験の詳細です。

【試験内容】
・一般問題(基礎動物看護学Ⅰ、Ⅱ・応用動物看護学Ⅰ、Ⅱ)
・実地問題(図表や写真からの問題)

【試験実施日】
1年に1回、毎年3月に行われます。

【受験費用】
16,500円(消費税込み)

【合格率】
2019年に行われた動物看護師統一認定試験の結果によると、受験者数が2,333名、合格者は2,017名ですので、合格率は約86%となります。資格試験内容が統一されたことにより、専門学校や大学でも試験対策がしやすくなり、合格率が高くなったと考えられます。

動物看護師として活躍しよう

動物看護師 大学

今回は、動物看護師に興味を持っている方に向けて概要をご紹介しました。ペットを持つ家庭が増えている現在、動物看護師の社会的受容はさらに拡大していくでしょう。
「動物看護師資格を国家資格に!」という声も上がっているようで、近い将来には国家資格になるかもしれません。ご興味がある方は、ぜひ教育機関への進学を考えてみましょう。

  • 公開日:

    2019.12.16

  • 更新日:

    2020.02.20

この記事をシェアする