magazine

犬の生態 / 気持ち

2019.12.19

飼い主を見上げる愛犬がかわいすぎる!私たちを見上げる理由って?

愛犬と一緒に暮らしていると、ふとしたときに目が合うことってありますよね。こちらをうるうるした瞳で見上げているのを見ると、もうかわいくて抱きしめずにはいられません。飼い主にとっては幸せを感じる瞬間ですが、愛犬はどんな気持ちで私たちを見上げているのでしょうか?今回は、愛犬が飼い主さんを見上げる理由についてご紹介します。

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

愛犬が飼い主を見上げる理由はさまざま

飼い主を見上げる 犬

愛犬が飼い主さんを見上げる理由は1つではありません。その時々のシチュエーションによっても意味合いが変わってきます。ですが、共通している気持ちとしては、愛犬が「私たち飼い主に何か伝えたい」と思っているということ。愛犬が一体何を伝えようとしているのか、よく観察してみましょう。

愛犬が飼い主を見上げるのは「大好き!」のサイン

飼い主を見上げる 犬

これは、私たち飼い主にとって一番うれしい理由ですね。 愛犬が飼い主を見上げているときに、口角があがり、耳の間が広くリラックスした状態なら、それは愛情を示してくれているサインです。こちらも負けずに愛犬への愛をお返ししましょう。

見つめあうことでお互いに幸せホルモンも分泌されるので、さらなるハッピーの相乗効果がうまれます。

飼い主を見上げるしぐさはリーダーの指示待ちのことも

飼い主を見上げる 犬

飼い主さんと愛犬との信頼関係がしっかりと築けている場合には、愛犬は常に飼い主さんに注目するようになります。リーダーだと認識している飼い主さんを見上げて、「次は何をすればいいですか?」と次の指示を待っているという状態です。

この状態の時に飼い主さんも愛犬を見て指示を出すのが「アイコンタクト」です。 忠犬っぽくて、これも飼い主としてはテンションがあがりますよね。 これは愛犬と飼い主さんの理想的な関係と言えます。

飼い主を見上げて愛犬が「要求」している可能性も

飼い主を見上げる 犬

愛犬が飼い主さんを見上げる理由で多いのが、この「要求」です。 何を要求しているのかは、そのシチュエーションによりけりですが、「もっとなでて~」や「おもちゃで遊んで~」、「ごはんまだ~?」など愛犬が今して欲しいことをおねだりする時にも飼い主さんを見上げるしぐさをします。

見上げるしぐさがかわいいので、ついつい愛犬の要求を聞いてしまいがちですが、ちょっと待ってください! その行為、愛犬をワガママなコにさせてしまう可能性大です。

主従関係が逆転してしまうことも

こちらを見上げて、「キューンキューン」と甘えた声を出している場合には、要求をしているサインです。 そのサインにこたえてしまうと、愛犬は「要求すれば叶えてもらえるんだ」と覚えてしまいます。

要求されてそれを叶えるということは、愛犬と飼い主さんとの主従関係が逆転してしまうことを意味します。 それは、この先ずっと一緒に生活していく上で、決して好ましい事ではありません。

愛犬の「要求」にすぐにはこたえない

愛犬に要求されてもすぐにはこたえず、まずこちらから愛犬に何らかの指示を出しましょう。 「お手」でも「オスワリ」でもなんでも大丈夫ですが、いつも同じ指示を出すのではなく、その都度変えるのがより効果的です。 それができて初めて、愛犬がして欲しがっていることを叶えてあげます。

そうすることで、「こちらの指示に従ったご褒美として、いい事があった」という流れが作れます。 愛犬の要求を聞いてあげる際には、愛犬の言いなりになるのではなく、飼い主さんが主導権を握るということが大切です。

飼い主を見上げる愛犬をよく観察して気持ちをくみとろう!

飼い主を見上げる 犬

愛犬が私たちを見上げている時には、何かを伝えたい合図です。よく観察してみましょう。 しっぽは振っていますか?耳はどんな状態?口は開いてる?「ごめんね、よく分からないわ。」と一言で片づけず、まずは私たち飼い主が、愛犬の気持ちを分かろうとする努力をすることが大切です。 愛犬の気持ちを上手にくみとって、今よりもっとお互いを分かり合える関係になりましょう!

  • 更新日:

    2019.12.19

この記事をシェアする