magazine

健康管理 / 病気

2019.12.27

犬の体温計はどう使う?直腸・耳で測るタイプのおすすめ3選

愛犬の身体をじっと触れば分かるように、犬の体は私たち人間よりも体温が高く、温かいです。しかし実際に犬の平熱はどれくらいなのか?と聞かれると、どれくらいなのかは検討もつきませんよね。愛犬の平熱を知り、そのときの体温を知ることで、愛犬の異変にも気付きやすくなります。今回は、体温計の使い方と合わせて、犬の体温を知ることで分かること・厳選された体温計3選をチェックしておきましょう。

Author :docdog編集部(監修:阿片 俊介/クロス動物医療センター 主任動物看護師)

この記事をシェアする

犬の体温計を使って分かること

犬 体温計

冬に犬を抱きかかえると暖かいですが、暑い夏に抱きかかえると、余計に暑さを感じてしまうことはありませんか?これには、犬の体温が大きく関係しています。

犬の平熱

犬の正常時の体温は、約38~39℃です。 私たち人間の平熱は、約36~37℃なので、犬の方が人間よりも約1~3℃ほど高いということになります。私たち人間の場合だと、37℃を超えたあたりから「微熱が出た」「発熱した」などと表現することがありますが、犬の場合は体温が39.5℃を超えているような場合は、発熱していると考えていいでしょう。

もちろん平熱はあくまで平均値のため、実際には犬の年齢や測定する時間帯等によって、そのコにとっての正常時の体温は異なります。ちなみに、犬は年齢が増すごとに体温が低くなり、小型犬より大型犬の方が体温が低い傾向があります。また、朝の起床時は体温が低く、夕方4~6時頃が体温が高くなるとされています。

犬の体温がいつもより高いとき

犬の体温がいつもより高いときには、細菌感染やウイルスによる感染症・循環器系の病気・鼻腔内や口腔内の病気が考えられますが、その中でも特に多いのが「熱中症」です。熱中症と思われる場合には、上がってしまった体温を下げるために、早急に体を冷やす必要があります。また、運動後や散歩後も体温が上昇することがあります。

このように、高体温になる原因は様々ですが、体温40.5℃以上が数時間以上続く場合には生命の危険もあるため、早急に動物病院を受診する必要があります。

犬の体温がいつもより低い理由

犬の体温がいつもより低いときには「低体温症」という症状が考えられます。低体温症とは、長時間寒い場所にいる・病気による体力低下などが原因で、体温37℃以下の低体温状態になってしまうことです。特に、子犬・シニア犬・持病のある犬などで多く、高温よりも危険な状態とも言われています。

全身が冷たく感じたり、四肢の先が冷たく感じた場合、体温の低下が考えられます。すぐに毛布やペット用ヒーターを使用し体を温め、早急に動物病院を受診しましょう。

犬用の体温計を使って健康チェックをしよう

犬 体温計

犬の体温に異常があると、体が熱くなったり冷たくなったりするだけでなく、全身にも症状が現れることがあります。

例えば、呼吸荒い・落ち着きがない・舌や歯茎が赤い or 青白い・元気がないなどの症状が見られるようになるため、異変を感じたらまずは犬の体(耳・脇の下・お腹)などを触り、発熱の有無を確認しましょう。また、普段からこの辺りを触ることを習慣化すると、愛犬の変化にも気付きやすいでしょう。

動物用体温計で犬の直腸温を測定する方法

犬にも、犬専用の体温計があります。犬の場合、脇の下で計るのではなく、お尻の穴に体温計を入れ、直腸温で体温を測ります。犬の肛門に体温計を2~3cm程水平に差し込み、直腸を傷つけないようにゆっくりと優しく差し込んでいきます。体温を測る際は、専用のカバーを使用し、潤滑油を付けてから肛門に挿入することで、スムーズに体温を測ることができます。

慣れないうちは、体温測定中に愛犬が動いてしまうことも考えられます。その場合、体温計が途中で抜け落ちてしまったり、体温計で直腸を傷つけてしまう危険性があるため、体温がきっちりと測定できるまで、尻尾と体温計を一緒に握るようにして持っておくといいでしょう。また、最初は飼い主さん1人で行わず、動物病院等でお手本を見せてもらうといいでしょう。

耳で測るタイプの犬用体温計

もし、肛門に体温計を挿入することに抵抗がある場合・愛犬が落ち着きがない場合には、耳で計る体温計を使用しても問題ありません。ただし、私たちと同じように耳で測定する体温計は、鼓膜から出る赤外線センサーで感知して図るため、測定箇所によって誤差が出ることもあるため、何度か測るようにしましょう。

犬の体温計は人間用でもOK?

できれば動物用の体温計を使うことが望ましいとされていますが、もし手に入らない場合はデジタル式であれば人間用の体温計で代用することも可能となります。水銀タイプは割れたりすると危ないのでやめましょう。また人間用の体温計を用いる場合は、衛生上の観点から、犬と人で体温計を共用せずに、必ず使い分けるように注意しましょう。

体温計を使わない簡単体温チェック方法

犬が体温計を使うことで興奮してしまう場合は、正確に体温を測定できなくなるため、無理に体温計を使うことはやめましょう。体温計を使えない場合には、耳・わきの下・お腹を触ってみて、いつもより熱くないか?冷たくないか?をチェックするようにしましょう。

犬用のおすすめ体温計3選|耳で測るタイプも!

犬 体温計

自宅で愛犬の体温を測る場合、一体どのような体温計を使用すれば良いのでしょうか。 ここでは、厳選した体温計を3点ご紹介しますので、ぜひ体温計選びの参考にしてみてくださいね。

サーモフレックス (Thermo Flex) サーモフレックス TF8731 (動物用)

多くの動物病院でも使用されている直腸温専用の体温計です。 先端がフレキシブルに曲がり、最速10秒というスピード検温が可能です。また、水洗いが可能なため、清潔を保つことができます。 専用のプローブカバーもあるので、潤滑油を付けることで測定時の違和感も解消されるという点も嬉しいポイントです。

Amazon商品ページはこちら



直腸音専用!ペット温度計Hurinan

独特の形をした体温計ですが、同じく直腸温専用で最速6秒で測定することが可能です。体温計が短いため、挿入する際に入れすぎる心配がありません。初めての方にはおすすめの一品です。

Amazon商品ページはこちら



耳で測るタイプ!ONETWOTHREE 快速ペット体温計

直腸は不安な人におすすめの耳で測定するタイプの体温計です。動物専用のデザインのため、様々な耳のかたちの子に対応します。 また、測定時間は1秒と最速なので、なかなか体温を測定させてくれない犬でもこれなら問題なく出来ると思います。

楽天商品ページはこちら

体温計を使って愛犬の体温を知ろう

犬 体温計

犬の体温を知ることは、愛犬と共に健康的な暮らしを送る上でとても役立つ方法ではありますが、測り方には注意も必要です。 自分と愛犬に合った体温計を使うことで、無理のない範囲で体温を測定し、健康維持をサポートしてあげましょう。

◎監修者プロフィール
阿片 俊介

阿片 俊介/クロス動物医療センター 主任動物看護師

茨城県出身。日本獣医生命科学大学を卒業し、認定動物看護師の資格を取得。 千葉県の動物病院に勤務後、動物用医薬品販売代理店にて動物病院への営業を経験。 犬とのより良い暮らしをサポートできるよう、飼い主の方の気持ちに寄り添いながら、安心して正しい情報をお伝えできるよう心がけています。

  • 公開日:

    2019.12.21

  • 更新日:

    2019.12.27

この記事をシェアする