magazine

住まい / 生活

2019.12.31

犬用の服は洗濯機で洗ってもいい?毛は取るべき?洗濯の注意点とポイントを解説

お出かけの必須アイテムでもある犬の服ですが、お気に入りの服ほど、いつもキレイにしてあげたいものですよね。 こまめに洗濯しておけば清潔ですし、ドッグカフェなどへ行っても匂いを気にしなくていいものです。そこで今回は、犬用の服の洗い方のポイントや注意点などを解説していきます。きちんと洗えば、愛犬にとっても人間にとってもうれしいものですよね!

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

人間用と犬用の服は分けて洗う必要性がある?

犬 服 洗濯

もし犬用の服と、人間用の服を洗えるなら、一緒に洗えるのであれば、これほど楽なことはありませんよね。 「できれば一緒に洗いたい。」とお考えの方も多いのではないでしょうか。衛生的な観点から大丈夫なのかどうか、まずは検証してみたいと思います。

犬から移る病気もあるので気を付けて

犬用の服と、人間用の服を一緒に洗っても、人間には特に害はありません。 しかし、皮膚病(パスツレラ感染症)や疥癬を患っている犬の服は、人間に感染する可能性がありますので避けるようにした方がいいでしょう。

また、余談ではありますが、猫の場合は糞からトキソプラズマ症を媒介することもありますので、妊婦さんがいるご家庭はその点に注意した方が良いと言われています。

犬の服と一緒に洗うと、あまり喜ばない人もいる

実際のところ、犬の服と一緒に洗うことに対して嫌悪感を抱く方もいますので、家族の了承は得るようにしましょう。 犬は大好きだけれども、それとこれとは別だとおっしゃる方もいらっしゃいます。

またコインランドリーなどでは、そういった配慮もあり、犬などペットの衣服を洗うこと自体が禁止されていることが大半です。

犬用の服の洗濯方法のポイントと注意点

犬 服 洗濯

それでは、具体的な犬の服の洗濯方法について解説していきましょう。 事前に確認すべきことや、やっておかなければならないこともあります。

タグを見て洗えるかどうかを確認しよう

洗濯する前に、犬の服の裏地に付いているタグを確認してください。洗濯機使用がOKだったり、手洗いが大丈夫かどうか表記してあるはずです。

例えば冬用のダウンジャケットなどは家庭では洗えないことが多くありますので、その場合はクリーニングに出すしかありません。先ほどのコインランドリー同様、一般的には受け付けてもらうことができませんが、犬用品専門のクリーニング店もありますので、探してみてください。

洗濯前にきちんと抜け毛は取り除いておく

愛犬から服を脱がせた際、服にたくさん抜け毛がこびりついていることがあります。被毛と接触する裏地には、びっしりと付着していることが多いので、よく確かめてくださいね。

また、服の素材によってたくさん毛が付着することもあります。ニット素材などは特にそうで、繊維の間にまで毛が入り込むので非常に厄介なのです。 洗濯前にまず、この毛を除去する必要があるのですが、そのためには粘着テープのコロコロなどを使うのが便利です。

できればペット用品専用洗剤を使った方が良い

犬の皮脂と、人間の皮脂の成分は違うので、できれば市販のペット用品専用洗剤を使った方が良いでしょう。 必然的に、人間の服とは別々に洗うことになりますが、洗濯後の匂いも抑えられており、犬にも優しいと言えますね。

ちなみに人間用の柔軟剤の使用は避けた方がいいという説もあります。

犬の服を洗濯する際のおすすめアイテム

犬 服 洗濯

犬の服を洗濯するには、あらかじめ泥汚れを取ったり、抜け毛を掃除したり、何かと大変なもの。そこで、犬用の服を洗濯する際に便利なおすすめアイテムをご紹介していきましす。

電源と給排水さえあれば、どこでも使える小型洗濯機

CBジャパン 2槽式小型洗濯機【マイセカンドランドリー】

非常に小型な洗濯機ですので、場所も取りませんし扱いも簡単。 それでいて瞬時反転方式なので、しつこい汚れもしっかり取れます。2槽式ですから、脱水もしっかりできますね。

Amazon商品ページはこちら



服の素材に優しい抜け毛クリーナー

Diester ペット抜け毛取りクリーナー

服の抜け毛を除去する際、粘着のコロコロも良いのですが、生地をけば立たせたりするため素材に優しくありません。 こういったクリーナーであれば、撫でるだけなので簡単ですし、生地を傷める心配もありませんよね。

Amazon商品ページはこちら



犬に優しいマイルドな専用洗剤

ライオン ペットの布製品専用洗たく洗剤

植物由来の除菌成分を配合しており、洗濯物を犬が舐めても安心です。 皮脂や臭い、汚れなどをスッキリと落とし、服だけでなくタオル、マットなども洗えるのでうれしいですね。

Amazon商品ページはこちら

犬にも人にも優しい洗濯方法を心掛けたい

犬 服 洗濯

犬用の服と、人間の服を一緒に洗濯するのは特に問題はありませんが、洗濯用洗剤を分けること等を考慮すれば、できるだけ分けた方がいいと言えます。 そもそも犬と人間とは体の構造も違うため、服の汚れの性質も違いますし、香りの感じ方も違います。そう考えれば犬にも人にも優しい洗濯の仕方とは、おのずと決まってくるのかもしれませんね。

  • 更新日:

    2019.12.31

この記事をシェアする