magazine

グッズ

2019.12.18

犬用ベッドはドーム型がおすすめ?愛犬のお気に入りを見つけよう

犬用のベッドは、ドーム型やボックス型、マット型などいくつかの種類があり、それぞれ異なるメリットを持っています。そんな中から今回は小型犬から人気の高いドーム型のベッドを使うメリットや、おすすめのかわいいドーム型ベッドなどをご紹介します。この機会に愛犬のお気に入りのベッドを見つけましょう!

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

犬がドーム型ベッドを使うメリット

犬 ベッド ドーム

犬用のドーム型ベッドは三方が囲まれ屋根がある、いわゆる「かまくら」のような形をしています。このような形状になっていることから、ドーム型ベッドには以下のようなメリットがあります。

寒さ対策に役立つ

ドーム型の犬用ベッドは、冷たい空気が体に当たるのを防げるほか、内側に熱がこもるので寒さ対策に役立ちます。柔らかく保温性が高いマイクロファイバーや起毛素材で作られたものなどもあり、子犬から老犬まで冷えを防いで快適に休ませてあげられます。

周囲が気になりにくく安心感がある

犬は周囲の気配に敏感に反応しがちですが、三方が囲まれているドーム型ベッドであれば、周りの様子が気になりにくくなるため、安心して休ませてあげられます。ただし怖がりな性格の場合は、慣れるまでに時間がかかることも多いため、様子を見ながら徐々に慣れさせるようにしましょう。

ドーム型の犬用ベッドは洗えるの?

犬 ベッド ドーム

大抵のドーム型の犬用ベッドは、丸洗いが可能です。ベッドは毎日使うものなので、どうしてもニオイや汚れ、抜け毛などが付いてしまいます。定期的に洗って清潔に保ってあげてください。また、洗って脱水をした後は型崩れを防ぐために、しっかりと形を整えてから干すようにしましょう。

厳選!犬用ドーム型ベッド3選

犬 ベッド ドーム

愛犬がリラックスして休めるよう、快適なベッドを選んであげたいですよね。ここでは、おすすめのドーム型ベッドを3つピックアップしてご紹介します。

PAWZ Road ペットベッド ドーム型

PAWZ Roadのドーム型ペットベッドは、内側が保温性の高い起毛素材で作られています。外側は通気性に優れた滑らかな手触りの石紋生地が使われており、内側が蒸れにくくなっているので快適に過ごさせてあげられます。

また、屋根が畳めるため、ボックス型ベッドとして使うことも可能です。カラーはブラウン・ブルー・ベージュ・ローズレッド・グレーの5色、サイズはS・M・Lの3サイズが揃っています。

Amazon商品ページはこちら

STARRING-JP ドッグハウス

STARRING-JPのドッグハウスは、サイズがSからXXXLまであるので、小型犬から大型犬まで使用可能です。心地よく安心して休めるよう、内側は軽くてクッション性に優れたpp綿が使用されています。

こちらも屋根が畳んでボックス型ベッドになるため、年間を通して使えます。また、カバーが簡単に取り外せるので洗濯が楽にできるのも嬉しいポイントです。ストライプ、カモフラ、星形の3種類のおしゃれな柄が揃っています。

Amazon商品ページはこちら



SOROS ペットベッド ドーム型

SOROSのドーム型ペットベッドは入り口が広く、側面の覆われている部分が少なめのデザインなので、愛犬が怖がりな性格で、ドーム型ベッドを気に入ってくれるか心配な方におすすめです。触り心地がよく、保温性に優れたマイクロファイバー生地が使用されています。

内側の中敷きクッションは取り外せるので、夏は冷触感のひんやりマットを敷いて使うことも可能です。ふわふわでクッション性に優れているため、リラックスして過ごせるでしょう。

Amazon商品ページはこちら



愛犬が安心して休めるドーム型ベッドを選ぼう

犬 ベッド ドーム

愛犬が安心して休めるスペースとして、犬用ベッドはもはや必需品といえます。中でもドーム型ベッドは冷気を防ぐことができ、内側に熱がこもるので寒い冬でも快適に過ごさせてあげられます。 年間を通して使いたい場合は、ボックス型にもなる2WAYタイプや、中敷きのクッションが取り外せるものがおすすめです。愛犬がリラックスして過ごせるドーム型ベッドを選んであげてくださいね。

この記事をシェアする

知りたい情報を検索!