magazine

食べもの

2020.09.27

犬にNGな野菜一覧|分類別に注意が必要な野菜と合わせてチェック

人間には良薬のような食材でも、犬には毒となってしまう食材はチラホラあります。野菜は冷蔵庫で保管しないことも多く、犬にとっても身近な存在であるため、注意しておかないと取り返しがつかない場合も出てきてしまいます。愛犬の健康を守るために、犬が食べてはいけない野菜はしっかり把握しておきましょう。今回は、犬に与えてはいけないNG野菜を分類別にまとめ、犬にとって注意が必要なポイントを簡単に解説していきます。

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

犬が食べてはいけない野菜|ネギ類

犬 野菜

犬が食べてはいけない野菜として有名なのは玉ねぎをはじめとしたネギ属に分類される食べ物です。玉ねぎ以外にもネギ、にんにく、ニラ、アサツキ、ワケギ、ラッキョウなどが挙げられます。同じ理由でごぼうや春菊、アスパラガス、ピーマンなどの野菜も避けるようにしてください。

危険な成分

玉ねぎなどのネギ類には「アリルプロピルジスルフィド」と呼ばれる成分が含まれており、この成分には血液を溶解する働きがあります。スープに溶け込んだ状態でも注意が必要なほど危険な食べ物です。症状があらわれるかどうかは個体差があるため、少量なら大丈夫なコもいれば少しの量を食べただけで重症となってしまうコもいますので、注意するようにしましょう。

危険な症状

「アリルプロピルジスルフィド」には溶血作用だけでなく中毒の危険性もあります。たまねぎ中毒とも呼ばれる病気で、食欲不振や強い嘔吐・下痢・黄疸・血尿などの症状があらわれます。

意外と知らない!犬が食べてはいけない野菜|アボカド

犬 野菜

アボカドは美容目的で食べる方が増えてきた食材ですが、犬には食べさせてはいけない食材の一つです。これは「ペルジン」と呼ばれる成分により嘔吐や下痢などの消化器症状が引き起こされるためです。最悪の場合、命に関わることもあるため注意が必要となります。アボカドは、生でも加熱しても犬に食べさせてはいけない野菜です。

犬に食べさせる上で注意な野菜|ほうれん草

犬 野菜

ほうれん草には「シュウ酸」が多量に含まれており、この「シュウ酸」という成分が特定の犬にとっては危険な成分となります。同じくシュウ酸を多く含む野菜としてはキャベツやレタスなどがあげらます。

シュウ酸カルシウム結石

野菜に含まれる「シュウ酸」は犬の体内でカルシウムと結合することで、シュウ酸カルシウム結石と呼ばれる結石に進化します。そのため、結石になりやすいコには注意が必要となります。

量に注意する

「シュウ酸」は茹でる等の調理を施すことにより成分量を減らすことが可能です。また対応量は個体差があるため、少量であればそのままでも平気なコもいます。

犬に食べさせる場合、調理法に注意が必要な野菜|きのこ類

犬 野菜

キノコ類は危険な成分が含まれているわけではありませんが、消化性が悪く消化不良を引き起こしやすい食べ物です。生では特に注意が必要なため、愛犬に食べさせる場合には、火を通すようにして消化性をアップさせるようにしましょう。

犬の大量摂取に気を付けたい野菜|人参

犬 野菜

人参は少量であれば問題ありませんが、多量に摂取すると人参に含まれる「βカロチン」を大量に摂取することに繋がります。「βカロチン」は過剰摂取すると肝臓に蓄積してしまうため、摂取量には注意する必要があります。「βカロチン」を多く含む野菜は人参の他にピーマンも挙げられます。

特定の疾患がある犬は注意が必要な野菜|アブラナ科

犬 野菜

アブラナ科の野菜には「グルコシノレート」と呼ばれる成分が含まれており、特定の疾患を持つ犬の場合は注意が必要です。アブラナ科の野菜にはキャベツや大根・カリフラワー・ブロッコリー・かぶ・白菜などが挙げられます。

グルコシノレート

「グルコシノレート」は消化酵素により変化し、甲状腺の働きを阻害します。そのため甲状腺機能低下症や甲状腺腫などの病気の原因になってしまう場合があります。

量に注意する

結石になりやすい子や甲状腺機能に異常がある子以外であれば、少量では問題はありません。栄養価が高い食材が多いため、手作り食で量に気を使うのであれば使用可能です。キャベツであれば葉っぱ一枚程度であれば問題ないでしょう。

愛犬のために危険な野菜なのかを判断できる知識を

犬 野菜

与えること自体が危険な野菜もあれば、量に気をつければ与えられる野菜もあります。あまり神経質になりすぎるのもよくありませんが、手作りご飯を作るのであれば、食べていい野菜かそうでないかをしっかり理解しておくことが大切です。愛犬の食生活をサポートし、健康的なコに育ててあげてくださいね。

  • 公開日:

    2019.12.23

  • 更新日:

    2020.09.27

この記事をシェアする