magazine

  1. トップページ
  2. MAGAZINE
  3. お取り寄せしたい犬用おせちをご紹介。愛犬と楽しいお正月を!
食べもの

2019.12.28

お取り寄せしたい犬用おせちをご紹介。愛犬と楽しいお正月を!

お正月は家族揃っておせち料理を楽しむ方も多いかと思いますが、大切な家族の一員である愛犬にも、犬用おせちを用意してあげてはいかがでしょうか。犬用おせちは人間用のものと見劣りしないくらい、華やかで美味しそうなものが多数あります。
そんな中から、お取り寄せしたいおすすめの犬用おせちをご紹介します。また、犬用おせちを手作りする際の注意点も知っておきましょう。

Author :docdog編集部

犬用おせちを手作りする際に気をつけたいこと

犬用おせち

犬用のおせちは手作りすることもでき、ネット上には伊達巻きや肉団子などをはじめとした、さまざまなレシピが紹介されています。しかし、愛犬の健康を害さないために、以下の点に注意して作るようにしましょう。

犬に有害となる食材を使用しない

人間が問題なく食べている食材でも、玉ネギやニラ、ニンニクなど犬が食べると中毒症状を引き起こすものがあります。よって、それらを使用しないよう注意しましょう。加えて、ハムやウィンナーなどの加工品もNGです。犬にとっては塩分も多くカロリーも高すぎるため、健康に支障をきたす恐れがあります。
また、おせちによく使われる食材としてコンニャクやタケノコがありますが、これらは犬にとって有害な食材ではないものの消化しにくいため、使用しないほうが無難です。

専門家のレシピを参考にして作る

ネット上には、犬用おせちのレシピがたくさんありますが、獣医師や犬の管理栄養士などの専門家が紹介しているレシピを参考にして作るようにしましょう。犬が好む味のことだけでなく、栄養バランスも考慮されているので安心です。

無添加で安心・安全なおすすめの犬用おせち

愛犬のためにおせちを用意したいけど、手作りは少しハードルが高い……という場合は、通販でお取り寄せがおすすめです。犬用おせちは、無添加にこだわって作られたものがたくさんあり、安心・安全なものが購入できます。数ある中からおすすめのおせちをご紹介します。

ドッグダイナー椀 完全無添加の犬のおせち料理

ドッグダイナー椀の犬用おせちは、防腐剤や香料などを使用せずに作られています。また、無農薬や減農薬の厳選食材が使われているのも大きな特徴です。
鶏肉と野菜のテリーヌや鹿ステーキなどをはじめとした、7品の詰め合わせになっています。おせちは真空パックされており常温保存ができるので、解凍の手間などがかからないのも嬉しいポイントです。

Amazon商品ページはこちら

Dolce del 帝塚山WANBANA 犬のおせち料理

Dolce del 帝塚山WANBANAの犬のおせち料理は、馬肉団子や2色きんとんをはじめとした7品で、豪華な重箱も付いています。保存料などの添加物が不使用なうえ、アレルゲンになりやすいと言われている卵も含まれていません。
どの料理も犬の消化メカニズムを考慮して作られているため、子犬からシニア犬まで安心して食べられます。

Amazon商品ページはこちら

ドッグダイナー キャラ弁おせち料理

人間用のようなおせち料理ではなく、個性的な犬用おせち料理が欲しい方には、チャーミングなヒヨコの顔のキャラ弁おせちがおすすめです。可愛いうえに美味しいおせちは、愛犬とのお正月にぴったりです。無農薬や減農薬の安心・安全な厳選食材で作られ、砂糖や香料なども使われていません。
種類はヒヨコのキャラ弁と、クマのキャラ弁の2タイプがあります。

Amazon商品ページはこちら

量に気をつけて犬用おせちを与えよう

犬用おせち

愛犬が喜びそうな料理が満載の犬用おせちですが、与える量に気をつけましょう。一度にたくさんあげてしまうと肥満の原因になります。また、普段食べ慣れない食材を食べて、下痢や嘔吐などの症状が見られる可能性もあります。少量ずつ様子を見ながら与えるようにしましょう。

愛犬が喜ぶ犬用おせちを用意してあげよう

犬用おせちは保存料や香料などが無添加のものや、アレルゲンになりやすいと言われている食材が含まれていないものなどが豊富に揃っています。そのため子犬からシニア犬まで安心して食べられます。
また、手作りすることもできますが、犬に有害な食材を使用しないよう注意しましょう。愛犬と楽しいお正月を過ごしてください!

この記事をシェアする

知りたい情報を検索!