magazine

食べもの

2019.12.09

犬に豆乳ってあげてもいいの?注意点をしっかり理解しよう

豆乳は人の健康のために良いとよく聞きますが、果たして犬の体にも良いのでしょうか?豆乳をよく飲む人は、犬にもあげてみたいと考えたことがあるかもしれません。ここでは、犬に豆乳をあげるメリットと注意点や、おすすめの与え方を紹介していきます。さらに、犬の豆乳アレルギーの症状についても言及していきます。

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

犬に豆乳をあげても大丈夫?メリットと注意点

犬 豆乳

犬に豆乳をあげてもいいの?それに対する端的な答えとしては「はい。犬に豆乳をあげてもかまいません。」となります。しかし、犬に豆乳をあげるのにはメリットがある反面、注意点もいくつかあります。ここでは犬に豆乳をあげるメリットや注意点を解説していきます。

犬に豆乳をあげるメリットは?

犬に豆乳をあげる最大のメリットはタンパク質を得られるということです。タンパク質は犬の健康維持に必要で、欠かすことのできない栄養素の1つです。

犬に豆乳をあげるもう一つのメリットが、牛乳がアレルギー等の何らかの理由で飲めない犬も、同じような風味を楽しんだり、同じような用途で調理することが出来るという点です。犬のために手作りクッキーやそのほかの料理を作るとき、豆乳を牛乳の代わりに使用することができます。

犬に豆乳をあげる際の注意点

ヘルシーな印象のある豆乳ですが、実はカロリーが高いため、愛犬へのあげすぎには注意しましょう。豆乳のあげすぎは肥満の原因になり、肥満がさらなる健康上の問題を引き起こすリスクがあります。

また、豆乳の原材料である大豆は、犬のアレルゲンの一つなので、アレルギーの症状がないかをよく注意する必要があります。大豆アレルギーは犬のアレルギーの中でも非常に多いので、食物アレルギーが今まで発症していなかった犬の場合でもよく注意するようにしてください。

犬に豆乳をあげるための調理法

犬 豆乳

犬に豆乳をそのまま飲ませてあげるのもいいですが、他にもたくさんの方法があります。少しの工夫で、犬がさらに豆乳を楽しむことができるかもしれません。ここでは豆乳のおすすめの食べさせ方・飲ませ方を紹介していきます。

犬用の豆乳寒天

犬用の豆乳寒天を作って、犬にあげることでユニークな食感を楽しむことができます。豆乳寒天はそのままあげることができるだけではなく、フードのトッピングにしてあげることもできます。

犬用の豆乳クッキー

犬用の豆乳クッキーは保存も簡単で手軽なおやつです。ご褒美としてだけではなく、訓練やしつけ用のおやつとして使用することもでき、さまざまな場面で活躍するに間違いありません。

犬用の豆乳アイス

犬用の豆乳アイスを作るのは少し手間がかかるかもしれませんが、メリットがたくさんあります。特に暑い夏の間は、冷たい豆乳アイスを犬にあげることで熱中症対策ができ、犬の健康を維持するのにも役に立ちます。

犬に豆乳アレルギーってあるの?

犬 豆乳

豆乳の原材料は大豆です。豆乳アレルギーの犬はほかの食物アレルギーと比べても比較的多いのが特徴です。そのため、豆乳やその他の豆乳を含んだ食べ物を犬にあげる場合は、アレルギーの症状を見せていないかをよく注意して観察する必要があります。ここでは、大豆アレルギーの症状や対処法を紹介していきます。

大豆アレルギーの症状とは?

豆乳アレルギーの犬が豆乳を摂取すると以下の症状が発症します。

・体を反復的に舐め、毛が抜ける
・下痢
・嘔吐
・耳の炎症による耳のかゆみや不快感
・異常な皮脂
・皮膚炎や痒み

犬が大豆アレルギーだったらどうするの?

犬が大豆アレルギーの症状を発症したら、大豆をあげるのを直ちにやめるようにしてください。そして、動物病院へなるべく早く連れて行ってあげるようにして下さい。食物アレルギーの症状と共通の症状を持つ病気があるので、食物アレルギーが原因であるのを明確にしておくことが大切です。

また、突然アレルギー症状を発症する場合もありますので、愛犬に豆乳を与える場合には、少量ずつ与えるようにしましょう。

豆乳レシピで愛犬の食事に彩りを!

犬 豆乳

豆乳は犬にとっても安全な食べ物であるだけではなく、豊富なタンパク質など、メリットもいくつかあります。しかし、それと同時に食物アレルギーなどのリスクもあるので、与える場合には注意点を守りましょう。たまには豆乳を使って愛犬の食事にちょっぴり変化を付けてみるのもいいかもしれませんね。

  • 更新日:

    2019.12.09

この記事をシェアする