magazine

お手入れ

2019.12.22

寒い時期の愛犬のシャンプーのコツは?水の温度やシャンプー頻度を解説

気温が下がってくると、人でもお風呂上がりは湯ざめをしやすくなりますよね。犬も冬の寒い時期にシャンプーをするときには、気をつけてあげたいポイントあります。年齢や犬種によってもいつもと同じようにシャンプーすることができない場合もあります。今回は冬の寒い時期に、愛犬に負担をかけずにシャンプーをする方法・コツをご紹介します。

Author :KANAKO/トリマー

この記事をシェアする

冬でも犬にシャンプーは必要?

冬 犬 シャンプー

シャンプーは、臭いを取るだけではなく、愛犬の皮膚や被毛の汚れを落とすために必要です。定期的にシャンプーをすることで皮膚病を予防するにも繋がりますので、寒い時期・冬であっても定期的なシャンプータイムは必要になります。

冬の寒い時期には回数は少なめに

夏は体温が上がり、代謝も活発になり、肉球などに汗をかくことで蒸れ、雑菌が繁殖しやすい環境となり、2~3週間に1回くらいのシャンプーが理想となりますが、冬は水温と室温の温度差が、愛犬の負担になるのを出来るだけ避けるため1か月に1回程度に間隔をあけてもいいでしょう。皮膚病などで定期的にシャンプーが必要な場合は、室温と水温の温度差ができるだけ少ないよう工夫してあげましょう。

シャワーの適温

犬のシャンプーをするときのシャワーの温度は、35~37度くらいのぬるま湯で洗いますが、冬の寒い時期には38度くらいまでのぬるま湯で洗ってあげましょう。寒いからと言って、熱くなりすぎないよう、犬の様子を見ながら調節してあげましょう。

子犬や高齢犬のシャンプーは特に注意を

寒い時期にはできるだけ時間をかけないようにと思いがちですが、すすぎ残しがあっては皮膚病の原因となってしまいますので、根元までしっかりと洗い流す必要があります。子犬や高齢犬は温度差で体調を崩しやすくなります。時短アイテムや洗い流さないシャンプーを使い清潔を保ちましょう。

犬のシャンプー|寒い冬場の注意点

冬 犬 シャンプー

生活環境や年齢などによってもシャンプーのやり方は違いますが、冬にシャンプーをするときには、どのようなことに注意が必要でしょうか。

温度変化に注意

気温が下がってくると、朝晩の気温と日中の気温の温度差が大きくなり、体調を崩してしまいやすくなります。シャンプーをする前にも、部屋の温度とシャンプーする場所の温度差ができるだけ少ないようにしてあげましょう。

外で洗うのはやめましょう

外飼い犬や大型犬は、外でシャンプーをしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。冬の寒い時期に外でシャンプーをするのはおすすめできません。濡れた体からどんどん体温が奪われてしまい、体調を崩す原因となります。お家の中でのシャンプーが難しいときは、しっかりとブラッシングをし、シートタイプのシャンプータオルやホットタオルなどで、汚れをふき取ります。どうしてもシャンプーをしてあげたいときは、トリミングサロンを利用してみるのもいいですね。

シャンプーの後はしっかりと乾かす

ドライヤーが苦手な犬も多いですが、半乾きの状態では、雑菌が繁殖してしまい、皮膚病の原因となってしまいます。シャンプーの後には、ドライヤーで根元までしっかりと乾かしてあげましょう。

冬場の犬シャンプー|おすすめグッズ

冬 犬 シャンプー

寒い冬のシャンプーによる愛犬への負担が気になる!という方におすすめなお手入れグッズをご紹介します。こまめにきれいにしてあげたいときの参考にしてみてください。

水を使わないシャンプー

低刺激だけどしっかりと汚れをおとす、拭き取りタイプの犬用シャンプーです。速乾性もあるので、子犬や高齢犬など時間をかけたくない犬にもおすすめです。全身使う場合は、泡タイプよりもスプレータイプが楽チンです。

Amazon商品ページはこちら

シートタイプ

厚さもあるしっかりとしたシートタイプのシャンプータオルです。乾燥する季節におすすめな保湿成分が配合されています。

Amazon商品ページはこちら

しっかりと水分をふき取るタオル

吸水力抜群のマイクロファイバーのタオルは、余分な水分をしっかりと拭き取り、ドライヤーの時短になります。

Amazon商品ページはこちら

ドライヤーが苦手な犬におすすめ

ドライヤーが苦手な犬には、キャリータイプのドライルームがおすすめです。ドライヤーの温風でキャリー内が温められ、被毛を乾かします。使わないときにはコンパクトに折りたためます。

Amazon商品ページはこちら



愛犬の冬のシャンプーは時短グッズで手短に

冬 犬 シャンプー

冬の寒い時期の犬のシャンプーについてご紹介しました。冬でも愛犬の身体を清潔に保つためには、シャンプーなどのケアが必要です。普段のシャンプーの回数より少なめで、洗い流さなくてもいいグッズ等を併用することで、愛犬にストレスを与えず、きれいにすることができます。愛犬の体調や気温に合わせて使い分けてみてくださいね。

  • 更新日:

    2019.12.22

この記事をシェアする