magazine

犬を迎える

2019.12.17

ミニチュアダックスフンドの赤ちゃんはどう育つ?実際の成長記録を見てみよう

短い足でちょこちょこ歩く姿がかわいらしいミニチュアダックスフンドの、生まれたばかりの赤ちゃんを見たことはありますか?赤ちゃんが母犬から離される時期は、離乳が終わった頃(生後2か月頃)なので、なかなか実際に見たこともない方も多いですよね。今回は、ミニチュアダックスフンドの赤ちゃん・子犬の成長過程について写真付きでご紹介します。

#ミニチュアダックスフンド

Author :KANAKO/トリマー

この記事をシェアする

ミニチュアダックスフンドの赤ちゃんの出産頭数

ミニチュアダックスフンド 赤ちゃん

犬は、犬種や大きさに関わらず、交配から約63日で出産の日を迎えます。犬は安産と言われていますが、小型犬の場合は、難産となることもありますので、レントゲン検査で頭数や赤ちゃんの頭が骨盤を通れる大きさかどうかを獣医さんに確認してもらいます。

平均して1~5頭を出産!

一度に生まれてくる頭数は、小型犬で平均1~5頭くらい、大型犬になると10頭以上生まれることもあるそうです。我が家のミニチュアダックスフンド2頭も出産したことがあり、自然分娩で4頭と2頭のかわいい赤ちゃんが無事に生まれました。

こんなギネス記録も!

出産頭数の世界記録にはナポリタン・マスティフが1回の出産で24頭の赤ちゃんを生んだというギネス記録があるそうです。兄弟がたくさんいてうらやましいですよね。

ちなみに、ミニチュアダックスフンドの赤ちゃんは、生まれたときから胴長短足の体型をしています。まだ成犬のように歩いたり、吠えたりはできません。母犬が赤ちゃんにつきっきりで、授乳や排泄のお世話をしてあげることで、元気にすくすくと成長していきます。

ミニチュアダックスフンドの赤ちゃんの成長と体重

ミニチュアダックスフンド 赤ちゃん

我が家でミニチュアダックスフンドの赤ちゃんが生まれたときの記録を参考に、その成長スピードを体重変化と合わせてご紹介します。

生まれてから生後2週間

生まれてから生後2週間くらいまでのミニチュアダックスフンドの赤ちゃんは、まだ目も開いておらず、耳はちょこんと小さく付いています。耳の穴は生まれたときは塞がっていましたが、生後1週間くらいから徐々に開きはじめます。この頃の母犬は、昼夜問わず、授乳や排泄のお世話をしていて、まさに頑張るお母さんです。

体重の変化は下記の通りです。
●生まれたて→生後1週間→生後2週間
・B&T♀の場合:103g→184g→316g
・R♀の場合:165g→320g→515g

生後3~5週間

生後3週間ほどでうっすら目が開いてきますが、まだはっきりとは見えていません。少しずつ動けるようになり、よちよちと歩くことができるようなります。生後4週間を過ぎたころから歯が生えはじめるので、いよいよ離乳食に挑戦です。

●生後3週間→生後4週間→生後5週間
・B&T♀の場合:440g→586g→725g
・R♀の場合:656g→814g→920g

生後6~8週間

生後6週間くらいになると、離乳食にも慣れてきて、母乳を飲む回数も減ってきます。歩いたり、姉妹でじゃれて噛んでみたりと活発になる時期です。生後8週間くらいで母犬からもらった免疫力が徐々になくなる時期でもあるので、2~3回のワクチン接種をして免疫をつけます。

●生後6週間→生後7週間→生後8週間
・B&T♀の場合:886g→1018g→1150g
・R♀の場合:1096g→1256g→1400g

生後9週~

この頃の赤ちゃんは、見るもの全てに興味津々で、走り回ったり、ジャンプができるようになります。上手に排泄することもできるようになるので、トイレトレーニングなどのしつけをはじめる時期になります。

●生後9週間→生後10週間
・B&T♀の場合:1290g→1441g
・R♀の場合:1620g→1823g

ミニチュアダックスフンドの食事|赤ちゃんと成犬との違い

ミニチュアダックスフンド 赤ちゃん

ミニチュアダックスフンドの赤ちゃんと成犬の食事の違いを比較してみましょう。

赤ちゃん・子犬の食事

赤ちゃんは生まれたときは、母犬の母乳を2~3時間おきに飲んで育ちます。生後4週間くらいから離乳食がはじまり、子犬用フードを食べるようになります。子犬用フードは、体を大きくさせるために高カロリーで栄養価の高く、健康的な骨と筋肉を作るためのカルシウムやリン・ミネラル・タンパク質などの栄養バランスを考えられています。消化器官が発達していない赤ちゃんは一度にたくさんの量を食べられないため、1日に必要なカロリー分を3~4回に分け、成長段階に合わせてふやかしたり、潰したりして与えます。

成犬の食事

成犬用のフードは、成長期にしっかりと作られた体を維持するために、高タンパク・低カロリーに作られています。基本的には1日2回の食事回数になりますが、肥満や胃腸の弱い犬の場合、食事回数を増やして与えることもあります。成犬用フードには、健康維持用、体重管理用、アレルギー用など体型や体質に合わせたフードがあります。最近では、ダックスフンド専用の背骨や関節に配慮し、グルコサミンやコンドロイチンが配合されているものもありますよね。

ミニチュアダックスフンドのかわいい赤ちゃん

ミニチュアダックスフンド 赤ちゃん

ミニチュアダックスフンドの赤ちゃんは、日々めまぐるしく成長し、成犬へとなっていきます。赤ちゃんの時期は短いですが、健やかに成長するためにとても大切な時期です。赤ちゃんの成長過程を知ることで、成犬になってもより愛おしい存在になりますね。

◎ライタープロフィール
KANAKO トリマー

KANAKO/トリマー

ミニチュアダックスフンド8頭と暮らし、犬にまみれた幸せいっぱいの生活を送っています。
普段は犬の服をハンドメイドで作ったり、トリマーとしての経験を活かしカットを楽しんだりしています。

この記事をシェアする

知りたい情報を検索!