magazine

犬種図鑑

2020.03.11

話題のミックス犬「ポメしば」。性格や大きさ、被毛の特徴をご紹介

異なる人気犬種を両親に持つミックス犬が、近年話題になっています。少し前と比べると、その種類は実に豊富になりましたが、そんな中から今回は「ポメしば」をピックアップし、性格や体の大きさ、被毛の特徴などをご紹介していきます。

#ポメしば / #ミックス犬

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

ポメしばってどんな犬?

ポメしばは、その愛称からも想像がつく通り、ポメラニアン(純血種)と柴犬(純血種)を掛け合わせたミックス犬です。

見た目は、どちらの犬種の性質をどれくらい受け継ぐかで大きく変わってきます。そのため、柴犬の性質を強く受け継いでいれば、顔立ちが柴犬そっくりなこともありますが、目はポメラニアンに似てマズルは柴犬ぽいなど、パーツごとにそれぞれの特徴が出る場合もあります。

それぞれ異なる容姿をしており、個性が楽しめるのがポメしばのメリットではありますが、純血種と違い、子犬の段階で成犬になったときの容姿が想像つきにくいので、予想していた見た目と違ったといったことも少なくありません。よって、それを理解したうえで飼うかどうかを決めるようにしましょう。

体の大きさ

ポメしばの平均的な体の大きさは、体高25?34cm程度、体重6?8kg程度と言われています。

ポメラニアンの標準体高は18?22cm、標準体重1.8?2.3kg、柴犬の標準体高は36?39cm程度、標準体重10kg前後なので、イメージとしては、柴犬を少し小さくしたくらいの大きさに成長するということです。

ポメしばの性格はどちらの犬種に似るの?

ポメしばの性格は、残念ながら言い切ることはできません。というのも、ポメラニアンと柴犬のどちらの性格の特徴を、どれくらい受け継ぐかが予測できないからです。

ミックス犬は、それぞれの犬種が持つ長所が掛け合わさることで、デメリットとなり得る性格の部分を補えることがありますが、必ずしもそれぞれの犬種の長所である性格を、バランスよく受け継げるわけではありません。

しかし、ポメラニアンと柴犬に共通している、以下のような性格は受け継がれる可能性が高いと言えます。

警戒心が強い

ポメラニアンも柴犬も警戒心が強い性格なので、吠えやすい性質が出る傾向にあります。そのため、子犬の社会化期に、家族以外の人やさまざまな物音に慣れさせておく必要があります。

物覚えがよい

どちらの犬種も物覚えがよく賢い性格です。加えて、ポメラニアンも柴犬も飼い主に従順なので、しつけはしやすいと言えるでしょう。

ポメしばの被毛・抜け毛

ポメしば

ここでは、ポメしばの被毛の特徴や毛色、抜け毛について見ていきます。

被毛の特徴・毛色

ポメラニアンはフサフサとした長い被毛、柴犬は短毛ですが分厚い被毛をしています。よって、やや毛が長くふんわりとした被毛のポメしばが多く見られます。

一般的な毛色はクリーム、ホワイト、レッド、オレンジ、ブラック、ブラック&タン、ブルー、ブラウンなどです。

抜け毛について

ポメしばの被毛は、オーバーコートとアンダーコートが生えているダブルコートなので、春と秋に換毛期があります。春には通気性のよい夏毛へと、秋には密集度の高い冬毛へと生え変わます。この換毛期のときは、たくさん抜け毛が出るので、毎日ブラッシングをして抜け毛を取り除いてあげましょう。

それぞれ違った個性が見られるのがポメしばの魅力

ポメしばは、凛とした柴犬の雰囲気とポメラニアンの可愛さを持ち合わせたミックス犬です。成犬になったときの容姿や性格の特徴など、把握しにくい部分がありますが、それぞれ違う個性が見られるのが魅力でもあります。インスタグラムなどで、さまざまなタイプのポメしばを見ることができるので、ぜひチェックしてみてください。

  • 公開日:

    2019.12.11

  • 更新日:

    2020.03.11

この記事をシェアする