magazine

犬種図鑑

2020.03.11

フレンチブルドッグとボストンテリアの見分け方|性格・原産地・弱点とは

愛すべき鼻ペチャ犬の2大勢力、フレンチブルドッグとボストンテリア。 どちらも愛嬌のある顔で、舌をベロベロと出している姿は、見ているだけで自然と笑顔になってしまいます。 お散歩でも会う機会の多いこの2犬種。正直「どっちかな~?」と迷ったことはありませんか?

今回は、知っているようで意外と知らない、フレンチブルドッグとボストンテリアの違いと見分け方について分かりやすくご紹介します。

#フレンチブルドッグ

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

フレンチブルドッグとボストンテリアの相違点

フレンチブルドッグ ボストンテリア

▲フレンチブルドッグ▲

鼻ペチャ犬好きの方以外は、なかなか見分けるのが難しい2犬種ですが、よくよく見ればその違いはたくさんあります。まずは見た目の違いからご紹介します。

脚の長さが全然違う

フレンチブルドッグ ボストンテリア

▲ボストンテリア▲

パッと見て一番わかりやすいのは、脚の長さではないでしょうか。フレンチブルドッグは、ガニ股で脚の長さは若干短め。重心が低く、ガッシリしているというイメージですね。

一方、ボストンテリアは、すらっと脚が長いのが特徴的です。また、顔も小さいので、モデル体型と言えるかもしれません。鼻ペチャで脚の長いモデル体型のコがいたら、それはボストンテリアです。

耳の形が違う

耳の形の違いも分かりやすい特徴の一つと言えます。 フレンチブルドッグの耳は、丸い形の立ち耳で、耳の間隔が離れています。

それに対してボストンテリアの耳は、先が尖っているのが特徴で、フレンチブルドッグよりも耳と耳との距離も近いので、見分けやすいのではないでしょうか。

毛色が違う

フレンチブルドッグ ボストンテリア

▲フレンチブルドッグ▲

ボストンテリアの色は分かりやすく、白&黒のコがほとんどです。 前から見ると、胸の部分が白く、肩から前脚にかけて黒いため、「タキシードを着ているよう」と表現されることもあります。 脚も長くてタキシードを着ているなんて、まるでオシャレな紳士!

一方、フレンチブルドッグの毛色は多種多様です。 フォーンと呼ばれるベージュ色、ブリンドルという虎柄のような複数の色が混ざった模様、その2種類の色に白い斑が分散されているものなど、いろいろなコがいます。

フレンチブルドッグとボストンテリアの性格の違いは?

この2犬種は、原産国も違えば、性格も違います。 フレンチブルドッグはフランス原産で、ボストンテリアはアメリカ原産となります。 それぞれの性格の違いも見ていきましょう。

フレンチブルドッグの性格

フレンチブルドッグ ボストンテリア

フレンチブルドッグはその見た目通り、性格もおちゃめで愛嬌たっぷり。 好奇心旺盛で、他の犬たちとも仲良くできるコが多いので、ドッグランなどではムードメーカーになれるでしょう。

また、おおらかな性格で小さいことは気にしないので、子どもとサッカーなどをして一緒に遊ぶのにも向いています。

ボストンテリアの性格

フレンチブルドッグ ボストンテリア

優しく陽気で賢いボストンテリアは、「アメリカ犬界の紳士」とも呼ばれているそうで、無駄吠えもほとんどなくフレンドリーな性格。

攻撃性はとくにないのですが、テリア由来の繊細な部分があるので、他の犬や子どもに対して嫉妬心を向けてしまうコもいるようです。ですが、賢い犬種なのでしつけもしやすく、活発なので一緒にドッグスポーツなどを楽しむこともできます。

鼻ペチャ比較なら忘れてはいけないパグの存在

フレンチブルドッグ ボストンテリア

鼻ペチャ勢の中で、もう1匹忘れてはいけないコがいました。パグです。 パグの特徴もご紹介しておきましょう。

上の2犬種と明らかに違うのは、耳の形です。 フレンチブルドッグとボストンテリアが立ち耳なのに対し、パグの耳は垂れ耳なので、それだけでも区別ができますね。

またパグは顔のシワも多く、全体的に丸っこいイメージ。あとはシッポもクルンと巻いています。 サイズも他の2犬種より小さいので、小さくて丸っこい垂れ耳のコがいたら、それはパグです。

熱中症には細心の注意を!暑さにめっぽう弱いフレンチブルドッグとボストンテリア

鼻ペチャ犬たちは、体温調節が苦手。特に暑さにはとても弱く、熱中症にかかってしまうリスクが高いことで知られています。 夏場のお出かけや、お留守番には細心の注意をしましょう。

朝日が昇る前や、夜遅く地面が冷えてからお散歩に連れて行くなど、飼い主さんの配慮と覚悟が必要です。

フレンチブルドッグとボストンテリアをしっかり見分けて仲良くなろう!

フレンチブルドッグ ボストンテリア

フレンチブルドッグとボストンテリアの違い、お分かりいただけたでしょうか? お散歩などで会ったら、間違えずに「かわいいフレブルちゃん(ボステリちゃん)ですね!」と声をかけてみましょう。鼻ペチャオーナーさんたちは、他の犬種とよく間違われるので、きちんと識別して伝えればきっと喜んでくれて、会話も弾むはずです。ぜひこの機会に、愛すべき鼻ペチャ犬たちと仲良くなりましょう!

  • 公開日:

    2019.12.19

  • 更新日:

    2020.03.11

この記事をシェアする