magazine

連載 / ブログ

2019.12.06

連載|シニアの愛チワワ|vol.3

君がそこにいる幸せ。もうすぐクリスマス

もうすぐ楽しいクリスマスです。皆様は今年のクリスマスをどのように過ごされますか?
季節のイベントの中でも、クリスマスは大人になっても楽しみな行事です。
さて、去年のクリスマスの出来事でした。愛犬に手作りクリスマスディナーをあげたとき、愛犬がなぜか困惑してしまった珍事件をご紹介します。

#シニアの愛チワワ

Author :只野 アキ/ドッグライター

この記事をシェアする

わくわくクリスマス

それは去年のクリスマスの出来事でした、今年のクリスマスディナーは何にしようか?と考えた末、愛犬が大好きな鶏のささみを使って、犬用ハンバーグを手作りしようと決めました。

食にとてもうるさい愛犬は、おいしい食べものの匂いがしたときだけ、キッチンを覗きに来ます。ささみハンバーグを焼くと、いい匂いが部屋に広がり始めました。

ふと、どこからか熱い視線を感じそちらを見ると、愛犬がキッチンを覗きに来ていました。しかも満面の笑みでこちらを見ています。

これは大成功のクリスマスディナーになるのでは?と、わくわくしながら愛犬が喜んで食べてくれる姿を想像し、調子に乗って海苔で愛犬の名前をささみハンバーグの上に書いて、クリスマスディナーの「特製名前入りささみハンバーグ」ができあがりました。

クリスマスディナー

毎回手作りのクリスマスディナーを作り、愛犬にプレゼントをしているのですが、今までのクリスマスを振り返ると、いつもちょっとした事件が起きます。

例えば、ステーキを焼いて野菜を細かく切って添えた「特製ステーキディナー」。
愛犬にとってゆでた素の野菜は「食べ物ではない」らしくきれいに野菜だけ残して「ねえ、食べ物じゃないものが入っているよ」と、不思議そうな顔をしていました。

他には、クリスマスでもドライフードは食べたほうがいいと思い、ドライフードに焼いたラム肉のトッピングをした「ラム肉、ドライフードを添えて」。
これは、ラム肉だけを食べてドライフードを残し、フードボールをひっくり返していました。「ねえ、お肉だけが食べたいのだけど」と荒ぶる愛犬。

そのような感じで毎回ちょっとした失敗を重ね、今回こそと挑んだ「特製名前入りささみハンバーグ」なのです。

あれ?様子がおかしい

お楽しみのクリスマスディナー「特製名前入りささみハンバーグ」を食べる時間がきました。

毎日の食事と違って愛犬も楽しそうで、「特製名前入りささみハンバーグ」を作ってよかったと思いました。いつも食事をあげる場所にめずらしく待機している愛犬。これは間違いなく大成功の予感。
さあクリスマスディナー「特製名前入りハンバーグ」をどうぞと愛犬にあげると、勢いよく食べようとする愛犬。

食べようとする、食べようと?「ふがふが、ふが?」困惑した顔でこちらを見る愛犬。「ねえ、ハンバーグが食べられないのだけど」と。

よく見ると、ハンバーグがフードボールの中でふたのようになっており、どうやっても食べられない状態になっていました。
今回もやってしまいました。すぐに細かく刻むときれいに全部食べてくれました。愛犬よ、いつもごめんなさい。

今年のクリスマスは

今年こそ珍事が起きないように、どんなクリスマスディナーを作ろうかと、楽しみながら考えています。
愛犬が若くて元気なころは当たり前のようにクリスマスなどのイベントを、毎年一緒に過ごせると思っていましたが、今は当たり前でなくなってしまいました。

去年のクリスマスの日に、来年も一緒にクリスマスを迎えようねと愛犬と約束をしたことを覚えています。今日こうやって元気でいてくれる愛犬に感謝をし、ひとつひとつのイベントを楽しんでいこうと思っています。
もうすぐクリスマスです。皆様もすてきなクリスマスを愛犬とお過ごしください。

この連載をもっと読む
◎ライタープロフィール
只野 アキ ドッグライター

只野 アキ/ドッグライター

犬の素晴らしさを皆様にお伝えし、犬を手放さない社会の実現を目指すドッグライターです。
家庭犬ドッグトレーナーとして、トレーニングやイベント運営を経験。愛犬の病気をきっかけにトレーナー業は休止し、現在はドッグライターとして活躍中。
趣味は犬とたわむれること。愛犬との生活が豊かになる情報や、皆様のこころがほんのりと温かくなるような記事をお届けします。

この記事をシェアする

知りたい情報を検索!