magazine

グッズ

2019.12.15

犬の耳のケアはおうちでできる?耳掃除のおすすめグッズを紹介

犬の体臭が気になったらシャンプーを、爪が伸びてくると爪切りをしますが、耳はどのくらいの頻度でケアしていますか?ついつい忘れがちになってしまう耳のケアは、耳のトラブルを予防するためにはとても大切なことです。動物病院やトリミングサロンでケアしてもらうのもいいですが、おうちでケアしてあげたいですよね。今回は、耳のケアについて詳しくご紹介します。

Author :KANAKO/トリマー

この記事をシェアする

犬の耳のケアは必要?

犬 耳のケア

犬の耳のケアは必要です。耳のケアをしないと、耳のトラブルを引き起こしてしまう可能性があるのです。
犬の耳の構造は人とは違い、外耳道がL字型になっています。そのため、通気性が悪くなりやすく、細菌などが繁殖してしまいがちです。犬種によって耳の病気かかりやすい犬もいますので、特に注意してあげたいですね。

犬がかかりやすい耳の病気

犬がかかりやすい病気の1つに、外耳炎があります。外耳道に細菌が繁殖することで炎症を起こし、かゆみや黒い汚れが多くなったり、臭いが強くなるなどの症状があります。外耳炎になると耳がかゆいため、掻きむしり、傷をつけてしまうことで治療に時間がかかってしまう場合もあります。頻繁に耳の近くを掻いているようであれば、早めに動物病院へ連れて行ってあげましょう。

耳の病気にかかりやすい犬種

耳の病気は、ゴールデンレトリバーやミニチュアダックスフンドなどの垂れ耳の犬種や、トイプードルやマルチーズなど耳の中に毛が生える長毛犬種、皮膚の弱い子がかかりやすいと言われています。耳のケアをこまめにしないと、どの犬種でも耳の病気にかかってしまう可能性はあります。しっかりとケアをして予防してあげることが必要です。

犬の耳のケアをするときのポイント

犬 耳のケア

犬の耳のケアには、犬専用のイヤークリーナを使います。イヤークリーナーの中でも、耳の奥の汚れを浮き上がらせるリキッドタイプのものがおすすめです。ここでは、おうちでもできる耳のケア方法をご紹介します。

耳のケアのやり方

耳に数滴イヤークリーナーを入れます。耳の後ろ側からマッサージをするとクチュクチュと音がし、汚れを浮き上がらせます。犬は耳の中に違和感を感じて、ブルブルと頭を振るので、それによって汚れが外に出てきます。最後はふき取って終わりです。ふき取るときに、綿棒を使う場合は、汚れを押しこまないよう、手前のしわの部分だけに使いましょう。

耳のケアのタイミング

耳のケアは、1週間に1度はケアしてあげるのをお勧めします。汚れがひどいときは、もう少し短い期間でケアしてあげてもいいですね。耳の病気の治療中は、耳のケアをしてもいいか、かかりつけの獣医師と相談しながらやるようにしましょう。

無理せず、少しずつ慣らしていく

おうちでの耳のケアは、飼い主さんも慣れていないので、無理にやろうとせず、少しずつ慣らしていくようにしましょう。イヤークリーナーの中にも、ふき取るだけのシートタイプもありますので、初めて耳のケアをする犬にもおすすめです。無理をしてやってしまうと、耳を触られるのを嫌がるようになってしまいますので、初めのうちは時間をかけず、少しでもやらせてくれたらご褒美をあげてみてもいいですね。

犬の耳のケア用品の選び方

犬 耳のケア

犬の耳のケアは犬専用のイヤークリーナーを使います。シートタイプや液体タイプ、パウダータイプなどさまざまあります。ここでは、おうちで耳のケアするのにおすすめなケア用品をご紹介します。

耳掃除に慣れていない犬にはシートタイプ

おうちでの耳掃除に慣れていない犬にはウェットティッシュのようなシートタイプをおすすめします。指にシートを巻き、耳の中を軽く拭いてあげるだけでお手軽にケアすることができます。子犬やシニア犬などできるだけ短時間で終わらせたい犬にもおすすめです。

Dr.McGrath's(ドクターマクグラス) ナチュラル・イアーワイプス / 20枚セット PTDM00101

りんご酢やアロエなどの植物由来のエキスが含まれたシートタイプ。1枚ずつの小分けになっているので、毎回清潔に使うことができます。

Amazon商品ページはこちら

スーパーキャット (Super Cat) らくらく耳そうじシート プレミアム 30枚入り

シトラスのさわやかな香りのイヤーシートです。特殊加工のシートが汚れを取り除きやすくしてくれます。

Amazon商品ページはこちら

汚れや臭いが気になる犬にはイヤークリーナー

普段の耳のケアでも使えるイヤークリーナーは、耳の汚れを浮かせ取り除きやすくしてくれます。耳の奥の汚れは取れにくいので、汚れが多い時には液体のイヤークリーナーを使いましょう。

シュアリンプゥ (SureLimpu) シュアリンプウ イヤークリーナー 100ml

納豆菌の仲間のBB菌が配合されたイヤークリーナー。このBB菌が耳の汚れを分解し清潔にしてくれます。納豆菌ですが、納豆の臭いはしませんのでご安心を。

Amazon商品ページはこちら

ビルバック(Virbac)エピオティックペプチド125ml

動物病院でも扱っているイヤークリーナーです。高い洗浄力でしっかりと汚れを取るのぞき、皮膚の弱い犬にも使える低刺激性。

Amazon商品ページはこちら

キンペックスインターナショナルアロエ&カモミールイヤークリーナー250ml

アロエベラやカモールの天然ハーブを使用しており、耳の臭いや耳の汚れを浮かせ、取り除きやすくします。自然のものを使っているので安心ですね。

Amazon商品ページはこちら

耳の中がジメジメしていたり、耳の中に毛がはえている犬にはパウダータイプ

耳の中がジメジメしている犬にはパウダータイプで乾燥させてあげましょう。また、長毛犬種など耳の中に毛がはえている犬は、パウダーがすべり止めの代わりとなり、耳の中の毛を抜きやすくなります。トリミングサロンではカンシで耳の奥の毛まで抜いてくれますが、おうちでケアする場合は指で抜けるところだけにしましょう。

文永堂薬品 Good Rich グッドリッチ イヤーパウダー 20g

細かいパウダーがじめじめした耳の中を乾燥させ、分泌物を取り除きやすくします。安心の国産メーカーのイヤーパウダーです。

Amazon商品ページはこちら

ギムボーンイヤーパウダーM

キメ細かい超微粒子のパウダーで、耳の中のをしっかり乾燥させてくれます。耳の毛を抜くときにもおすすめです。

Amazon商品ページはこちら

犬の耳のケアはおうちでこまめに

犬 耳のケア

耳のケアをすることで、大事な愛犬の耳の病気を予防することができます。おうちで難しいときはプロにお願いすることもできますが、大切な家族の一員でもある犬の健康のために、こまめにおうちでケアしてあげましょう。

日本動物医療センターJAMC

◎ライタープロフィール
KANAKO トリマー

KANAKO/トリマー

ミニチュアダックスフンド8頭と暮らし、犬にまみれた幸せいっぱいの生活を送っています。
普段は犬の服をハンドメイドで作ったり、トリマーとしての経験を活かしカットを楽しんだりしています。

この記事をシェアする

知りたい情報を検索!